現在地
ホーム > 特集 > 2020年東京オリンピック関連銘柄特集 > オリンピックの運営費比較

オリンピックの運営費比較 ~2020年東京オリンピックにかかる運営費は?~

2014年ソチ冬季オリンピック。運営費は史上最高額の約5兆円が投入されました。なかでも交通インフラの整備が最も高く、約3兆円が投入されました。
直近のオリンピックの費用を比較してみても、ソチオリンピックの運営費が最も高いことがわかります。もし、ソチオリンピックの運営費をスペースシャトル打ち上げに全て当てたとするとなんと50台もスペースシャトルの打ち上げができるのです・・・!
オリンピック開催によってどのくらいの利益が出たかを見てみると、一番の成功は中国北京オリンピックであることがわかります。
なんと104億ドル、日本円にして約14.6兆円の利益となりました。
2020年東京オリンピックでは、大会運営費の見積りは約3000億円と言われています。新国立競技場の建設費は1785億円にもなると見積もられています。
2020年東京オリンピックではどのくらいの利益が生み出されるでしょうか?

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?