現在地
ホーム > 特集 > ”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”発表 > 2年連続入賞ファンド、VWO徹底解剖

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009」2年連続入賞ファンド、VWO徹底解剖

バンガード

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009」2年連続入賞ファンド、VWO徹底解剖

1本で新興国23ヶ国、700銘柄以上の株式に投資! 新興国全体の成長の波に乗る

ベンチマークは新興国23ヶ国、700以上の銘柄で構成されるMSCI® エマージング・マーケット・インデックス。
バンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)の構成銘柄数は816銘柄!(2009年12月31日現在)
インデックス構成銘柄とほぼ同じ銘柄・比率で構成され、極力現地市場に直接投資することで、高いトラッキング精度を実現しています。

何故VWOはベンチマークを上回る銘柄数で構成されているの?

バンガードのファンドは出来る限りDR※1(預託証券)ではなく、現地の株式市場に直接投資します。DRと現物株の両方を保有している場合があり、その為構成銘柄数がベンチマークより多くなっています。

  • ※1 DRとは、外国企業が自国で発行している株式の代わりに発行する預託証券のこと。

現地市場に直接投資をするメリットとは?

ベンチマークにより忠実な運用が出来ることです。DRと現地株の値動きは異なります。また、一般的に言ってDRより現地株の方が流動性が高い傾向があります。
他社同種ETFが構成比率上位のブラジル、インドにもほぼDRで投資しているのに比べ、VWOの国別DR比率はブラジルで30%、インドで6%と極力現地株式市場に投資をしています。(2009年9月30日現在)
その結果、VWOのトラッキング・エラー(ベンチマークに対する乖離率)は低く抑えられ、高いトラッキング精度を誇ります。

国別分散比率

2009年12月31日現在

1 中国 17.8 12 チリ 1.5
2 ブラジル 17.0 13 トルコ 1.5
3 韓国 12.8 14 タイ 1.4
4 台湾 11.3 15 ポーランド 1.3
5 インド 7.6 16 ハンガリー 0.6
6 南アフリカ 6.9 17 フィリピン 0.5
7 ロシア 6.5 18 ペルー 0.5
8 メキシコ 4.4 19 チェコ共和国 0.4
9 イスラエル 2.8 20 コロンビア 0.3
10 マレーシア 2.7 21 エジプト 0.2
11 インドネシア 1.9 22 その他 0.5

注)上記の比率は、小数点以下を調整しているため、合計で100%にならない場合があります。

低コスト!

VWOのエクスペンスレシオ※20.27%
同じ米国籍新興国市場株ETFの平均値の0.61%に比べ、1/2以下の低コストを実現!(2009年12月31日現在)

  • ※2 エクスペンスレシオとは・・・ファンドの平均資産に対する運用その他の経費率

手数料の比較

なぜバンガードのETFは低コスト?

バンガードのETFは全米マーケットシェアNo.1※3を誇る巨大な既存のインデックスファンドと合同運用されることで、効率的でコスト効率にも優れた運用手法を実現しています。 バンガードETFの構造はは米国でビジネス特許を取得しています。 (U.S. Pat. No. 6,879,964 B2; 7,337,138. )

  • ※3 出所:Strategic Insight 2009年9月30日時点

高い人気!

2009年の米国籍ETF純資金流入ランキング2位!
(出所:モーニングスター)
注目を集める新興国市場ETFの中でも特に人気の銘柄です。

  • 巨大な既存のインデックスファンドを活用する構造
  • 低コスト
  • 高いトラッキング精度

が人気の理由です。

2009年のETF純資金流入ランキング(評価基準日:12月末)

米国籍、米ドル建てETF TOP5(936ファンド中)
名称 ETF管理会社名 純資金流入(推計)(米ドル建て)
SPDR Gol Shares Trust State Street Global Advisors 11,125百万米ドル
Vanguard Emerging Markets Stock Index ETF Vanguard 9,003百万米ドル
iShares Barclays TIPS Bond Fund iShares 8,424百万米ドル
United States Natural Gas Fund. LP Victoria Bay Asset Management 5,313百万米ドル
iShares MSCI Emerging Markets Index Fund iShares 4,441百万米ドル

出所:モーニングスター

  ティッカーコード 名称 ベンチマーク 信託報酬 マーケット情報
注文 VWO バンガード・エマージング・マーケットETF MSCI エマージング・マーケット・インデックス 0.27%
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

バンガード・グループについて

バンガード

インデックスファンドを世界で初めて個人投資家向けに販売したのがバンガード・グループ。
バンガードは米国におけるインデックスファンドシェアNo.1、世界最大級の投信会社です。
バンガードETFはインデックスファンドをリードするバンガードの専門知識を活かした低コストの上場投資信託です。

  • 出所:Strategic Insight 2009年9月30日現在

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?