現在地
ホーム > 特集 > ”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”発表

”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”発表

弊社取扱の海外ETF バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が
”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”
第1位を受賞いたしました

“投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”とは?

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託を独自に研究している彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、投資家にとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」と、2007年にスタートしたイベントで、今年で第3回を迎えます。

今回、第1位を受賞した「バンガード・トータル・ワールド・ストック・ETF(VT)」をはじめ、弊社取扱銘柄の7銘柄が、10位までにランクインしています。

プロの視点で語る、投信ブロガーに選ばれる商品の特性と魅力

今回、受賞式の行われた「インデックス投資ナイト」に出演なさった ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子氏と第1位を受賞した「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」の運用会社の日本法人 バンガード・インベストメンツ・ジャパンの代表取締役 加藤 隆氏を迎え、受賞式当日の模様と第1位を受賞した「バンガード・トータル・ワールド・ストック・ETF(VT)」の魅力について語っていただきました。

インデックス投資ナイトはどんな様子でしたか

新井
今年1月10日、東京・お台場で「第二回インデックス投資ナイト」が実施されました。竹川さんは昨年に続き、今年もパネリストとして参加されましたね。
竹川
はい。今年も大盛況でした。定員は120人でしたが、昨年末にはチケットが完売していたそうです。インデックス投資家の皆さんは・・・

"投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year" 創設者「rennyの備忘録」ブロガーrenny氏からのメッセージ

投信ブロガーが選ぶ!
Fund of the Year2009
運営委員長
rennyの備忘録」ブロガー
renny氏

はじめまして、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2009」の運営委員長のrennyです。
このアワードは、個人投資家の目線で一年を代表するファンドを選ぼう!ということでスタート、今回で3回目です。
最大の特徴は、"Who"そして"How"にあります。
"Who":自分で調べて、比べて、考えて、投資・資産運用を実践している個人投資家の意見を集めるべく、投資信託・ETFについて情報発信を行っている「投信ブロガー」の皆様にご投票をお願いしています。
"How":選定方法を明らかにし、投票結果を開示しています。

今回投信ブロガーから最も多くの支持を集めたファンドにぜひご注目ください。

プロフィール

投信ブログ:rennyの備忘録のauthor。
197x年生まれ。京都生まれ阪神地区育ち東京在住在勤の会社員。
投資信託への長期分散投資で資産形成が目標。

第1位を受賞した「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」に投票した投信ブロガーのコメント

  • 低コストで世界中にこれだけで投資可能で、リバランスの手間もかからない究極の1本。
  • コスト面はもちろんですが、インデックス投資家のリーサルウェポンとも呼ばれる「新興国を含む全世界の株式にこれ一本というシンプルな商品設計」を評価。
  • これ1本で株式アセットはおしまいになれるポテンシャルを秘めている。  など

”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2009”ランキング一覧

1位 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) 6 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
2位 eMAXIS 新興国株式インデックス 7 外国株式指数ファンド
3位 STAM グローバル株式インデックス・オープン 8 ニッセイ日経225インデックスファンド
4 STAM 新興国株式インデックス・オープン 9 ひふみ投信
5 eMAXIS 先進国株式インデックス 10 バンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?