現在地
ホーム > マーケット情報 > フィスコ為替ニュース

フィスコ為替ニュース

ドル・円は弱含み、クロス円が下押し/ドル・円東京市場概況

2021/06/18

[ドル・円東京市場概況]
*17:08JST ドル・円は弱含み、クロス円が下押し
 18日の東京外為市場でドル・円は弱含み。米長期金利の持ち直しでドル売りは後退
し、午前中に110円33銭まで値を上げた。日本株の下げ渋りで、円買いも抑制された。
ただ、ユーロ・円などクロス円の続落に追随し、ドルは午後の取引で109円98銭まで値
を下げた。

・ユーロ・円は131円43銭から130円81銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1925ドルから1.1885ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円110円00-10銭、ユーロ・円131円00-10銭
・日経平均株価:始値29,136.74円、高値29,136.74円、安値28,957.98円、終値28,964.
08円(前日比54.25円安)

【金融政策】
・日銀:
 —新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム(賛成8:棄権1)
 期限を2022年3月末まで半年間延長
 —長短金利操作(賛成7:反対1:棄権1)
短期金利:日本銀行当座預金のうち政策金利残高に—0.1%のマイナス金利を適用。
長期金利:10 年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう、上限を設けず必要な金
額の長期国債の買入れを行う。
 -資産買入れ方針(賛成8:棄権1)
ETFおよびJ-REITについて、それぞれ年間約12兆円、年間約1800億円に相当する残高増
加ペースを上限に必要に応じて買入れを行う。
CPほか社債などについては、2021 年9月末までの間、合計で約20兆円の残高を上限
に、買入れを行う。

【要人発言】
・日銀(声明)
「国内景気、感染症で引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」
・黒田日銀総裁
「必要があればちゅうちょなく追加緩和措置」
「政策金利、現在の長短金利水準または下回る推移を想定」
「生鮮除く消費者物価指数の前年比、目先0%付近で推移すると予想」

【経済指標】
・日・5月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.1%(予想:0.0%、4月:-0.
1%)
・英・5月小売売上高(自動車燃料含む):前月比-1.4%(予想:+1.5%、4月:+9.2%)
・ユーロ圏・4月経常収支:+228億ユーロ(3月:+178億ユーロ)
《TY》





【株式会社フィスコ】

※上記のニュースは、フィスコ社により提供されております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても楽天証券およびフィスコ社は一切の責任を負いません。上記のニュースに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でなさるようお願いいたします。


個人確定拠出年金iDeCo

お知らせ
現在、システムメンテナンスのため、総合口座へのログインを停止しています。
サービス再開予定
2021/7/25(日) 9:00
※最大13:30になる場合があります
楽天FXについて
楽天FXのメンテナンス等についてはこちら
メンテナンススケジュール

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]

[PR]

ご質問は
ありませんか?