現在地
ホーム > マーケット情報 > フィスコ為替ニュース

フィスコ為替ニュース

ドル・円は反発、米上院の予算案可決を好感/ドル・円東京市場概況

2018/02/09

[ドル・円東京市場概況]
*17:23JST ドル・円は反発、米上院の予算案可決を好感
 今日の東京市場で、ドル・円は反発。108円50銭まで下落した後、109円19銭まで
上昇した。NYダウが前日再び1000ドル超下落したことを受けて、日経平均株価連れ
安の思惑からドル売り・円買いが先行。その後、米国の暫定予算が失効し、政府機
関の一部で閉鎖が始まったが、米上院が新たな予算案を可決したと伝えられ、ドル
買いが優勢になった。

 ユーロ・円は133円04銭まで下落後、134円14銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.2240
ドルから1.2287ドルまでじり高に推移した。

・17時時点:ドル・円109円10-20銭、ユーロ・円134円00-10銭
・日経平均:始値21507.74円、高値21510.30円、安値21119.01円、終値21382.62円
(前日比508.24円安)

【経済指標】
・日・1月マネーストックM3:前年比+2.9%(予想:+3.1%、12月:+3.1%)
・日・12月第3次産業活動指数:前月比-0.2%(予想:+0.2%、11月:+1.1%)
・中・1月消費者物価指数:前年比+1.5%(予想:+1.5%、12月:+1.8%)
・中・1月生産者物価指数:前年比+4.3%(予想:+4.3%、12月:+4.9%)

【要人発言】
・報道
「米国の暫定予算失効で政府機関が一部閉鎖」
「米上院、予算案を可決。下院に送付」

・豪準備銀行の四半期金融政策報告
「2019年半ばまでの失業率予想を0.25%ポイント引き下げ 5.25%に」
「完全雇用と2-3%のインフレ目標の中央への到達には時間かかる」

・ジョージ米カンザスシティー連銀総裁
「労働市場ひっ迫でインフレ率押し上げの可能性」
「今年の利上げ回数は3回が妥当」

・ブロードベンド英中銀副総裁
「1年で数回の0.25%利上げ、経済に大きなショックになると思わない」
《KK》





【株式会社フィスコ】

※上記のニュースは、フィスコ社により提供されております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても楽天証券およびフィスコ社は一切の責任を負いません。上記のニュースに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でなさるようお願いいたします。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

【IR広告】23期連続増収を達成。プライベートブランド商品開発でさらなる成長へ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに