現在地
ホーム > お知らせ > 【国内株式】【貸株サービス】優先株も株主優待自動取得サービスの対象になります

【国内株式】【貸株サービス】優先株も株主優待自動取得サービスの対象になります

2016年4月末基準日から優先株も貸株サービスの株主優待自動取得の対象になります。

これまで、貸株サービスの株主優待自動取得は、優先株を対象外としておりましたが、2016年4月末基準日から対象になります。 株主優待自動取得に設定している優先株に株主優待がある場合、権利獲得日に合わせて貸出しが自動的に解除され、株主優待を取得することができます。

当社取扱い優先株

  • 伊藤園第一種優先株式(25935)
    (4月7日時点)

普通株と優先株の違い

普通株とは、通常、投資家の間で売買される株式です。単に株式といえば普通株のことをさします。経営に参加したり、配当を受け取ったりする権利があります。

優先株とは種類株式の一種で、普通株に比べて配当金を優先的に受ける、あるいは会社が 解散したときに残った財産を優先的に受け取れる等、投資家にとって権利内容が優先的に なっている株式のことをいいます。一方、会社の経営に参加する権利(議決権)に ついては制限されるのが一般的です。

株主優待自動取得のご注意事項

  • 「株主優待自動取得サービス」は、貸出した銘柄の株主優待を受取るために、権利確定日前後の期間や、発行会社が設定した基準日において、一時的に貸出しを自動的に解除することで、株主優待の取得が可能となるサービスです。株主優待の権利取得後は、再度自動的に貸出されます。なお、貸出し解除期間中は貸株金利が付与されません。
  • 株主優待の権利取得は、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。 「株主優待自動取得設定サービス」は、お客様が株主優待を受けられるよう貸出しを一時解除するものであり、付随条件のある株主優待を必ず取得できる保証はございません。付随条件のある株式の株主優待取得ご希望の場合には、必ずお客様ご自身で各銘柄の株主優待内容をご確認のうえ、貸出しや返却のご指示を行ってください。
  • 発行会社によっては、決算日以外でも臨時株主総会などで株主を確定し、株主名簿として登録した場合、その株主データを長期保有の株主条件として含む場合がございます。
  • 貸株を利用して自動返却された場合、同一の株主番号であるという保証はございません。
  • 長期保有による株主優待をご希望のお客様に関しましては、上記注意事項を十分ご理解の上、貸株をご利用になるかどうかをご判断ください。

株主優待情報のご注意事項

  • 株主優待内容は東洋経済新報社から提供されるデータを原則として毎月更新いたします。
  • 更新日から次回更新日の内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動および、株主優待情報で権利確定日が明示されていない銘柄(随時、不定期、優先株等)については、「株主優待自動取得サービス」の対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 配当、優待は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?