現在地
ホーム > お知らせ > 【特定口座】小数点株価を考慮した実現損益の表示に対応

【特定口座】小数点株価を考慮した実現損益の表示に対応

2014年7月22日(火)から、『TOPIX100』構成銘柄の呼値のルールが変更されます。
対象銘柄の株価が5,000円以下になった場合、取引価格の刻み幅(呼値)が小数点第1位まで変更され、単位が細かくなります(小数点株価)。

楽天証券では株価表示の小数点化対応に伴い、「実現損益」画面に「切替機能」を搭載し、算出方法が異なる「税法上の損益」と「実際の損益」をご確認できるようになります。

特定口座の現物取引のみ対応いたします。

  • 信用取引では個別建玉の決済のため、従来より実際の損益が表示されております。そのため従来通り変更はございません。

「税法上の損益」と「実際の損益」の違い

税法上のルールでは、保有株式の平均取得価額(1株あたりの購入額)を算出する際、小数点以下を切り上げて計算します(「税法上の計算」を参照。)その株式を売却した場合、平均取得価額と売却価額の差額をもとに損益を算出いたします。
実際のお客様の損益は小数点を加味した金額で精算されます。一方、「税法上の損益」は切り上げ計算のため、精算金額とは異なる損益が表示されます。

税法上の損益

税法上のルールにより、購入時の平均取得価額は1円未満を切上げ(売却後)

購入時の平均取得価額は、100.3786円を切り上げ。
101円

実現損益画面に表示される損益は、
1,008,214円-(101円×1万株)=
△1,786円

実現損益の画面上は損をしてしまったように表示されます。
 

特定口座の譲渡益税を算出する際に使用します。
年間取引報告書は、上記の方法で計算された数値が記載されます。

実際の損益(小数点を考慮した計算)

小数点を考慮し、切上げを行わずに計算

切上げを行わないため、平均取得価額は
100.3786円

実現損益に表示される損益は、
1,008,214円-(100.3786円×10,000株)=
4,428円

※表示できる桁数は小数点第2位までですが、計算には小数点第4位まで用いられます。

お客様が実際にお受け取りになる金額です。

切上げしない平均取得価額の表示方法

WEBでの表示方法



マーケットスピードでの表示方法


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?