現在地
ホーム > お知らせ > 大手ネット証券初! 米国投資情報『バロンズ拾い読み』がネットで読めます!

大手ネット証券初! 米国投資情報『バロンズ拾い読み』がネットで読めます!

大手ネット証券初!週刊『バロンズ拾い読み』

2013年4月2日(火)から、投資情報サービス『バロンズ拾い読み』を、大手ネット証券で初めて無料でご提供いたします。
『バロンズ拾い読み』は、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌『バロンズ』の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し、日本語で抜粋・要約したレポートで主に機関投資家向けに提供されているレポートです。

世界最大規模の海外メディアの視点による分析記事が充実しています。米国市場だけでなく、日本国内市場の投資判断にも役立つ情報が満載です。

米国では、自己の資産運用に自分自身で情報を集め分析するのが当たり前です。そんな彼らの多くが、週末にはコーヒー片手に愛読しているのが、分厚い『ニューヨーク・タイムズ』と『バロンズ』。弊社に口座を開設なさっているお客様であれば、どなたでも無料でご覧になれます。

『バロンズ拾い読み』のサービス概要

ニュース提供元 Dow Jones & Company, Inc.
情報更新頻度 毎週火曜日17時頃更新
利用料 無料
利用できる方 弊社に口座をお持ちの方
情報閲覧方法
方法 1
弊社ウェブページにログイン後、「海外株式」→「米国株式」にあるバナーをクリックしてください。
方法 2
マーケットスピードにログイン後、「投資情報」→「米国株式」の左メニュー「ダウジョーンズ」をクリックしてください。

『バロンズ拾い読み」で主に提供する情報

  • 新興国市場投資情報
  • ETF情報
  • 米国株式市場
  • 中国銘柄

その他バロンズで人気のコラムなど、外国株投資だけでなく日本株投資にも活用できる最新情報を提供いたします。

『バロンズ』誌とは、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌の1つです。『バロンズ』の発行部数は30万部(同じくダウ・ジョーンズ社発行の経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルは229万部)、金融業界人と投資家の必読誌と言われています。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

上場有価証券等のうち、レバレッジ型、インバース型のETF及びETN(※)のお取引にあたっては、以下の点にご留意ください。

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

※「上場有価証券等」には、特定の指標(以下、「原指数」といいます。)の日々の上昇率・下落率に連動し1日に一度価額が算出される上場投資信託(以下「ETF」といいます。)及び指数連動証券(以下、「ETN」といいます。)が含まれ、ETF及びETNの中には、原指数の日々の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じて算出された数値を対象指数とするものがあります。このうち、倍率が+(プラス)1を超えるものを「レバレッジ型」といい、-(マイナス)のもの(マイナス1倍以内のものを含みます)を「インバース型」といいます。

米国株式の信用取引にかかるリスク

米国株式信用取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。米国株式信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。また、米国株式信用取引は外貨建てで行う取引であることから、米国株式信用取引による損益は外貨で発生します。そのため、お客様の指示により外貨を円貨に交換する際の為替相場の状況によって為替差損が生じるおそれがあります。

外国株式等の取引にかかる費用

〔現物取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.495%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:22米ドル(税込)
中国株式 約定代金の0.55%(税込)・最低手数料:550円(税込)・上限手数料:5,500円(税込)
アセアン株式 約定代金の1.10%(税込)・最低手数料:550円(税込)・手数料上限なし
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,200円(税込)が追加されます。

〔米国株式信用取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引手数料
約定代金の0.33%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:16.5米ドル(税込)
※当社が別途指定する銘柄の新規買建または買返済時の取引手数料は無料です。
※売却時(信用取引の場合、新規売建/売返済時)は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。

  • 米国株式信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 米国株式信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は当社が指定する30万円相当額、新規建て時に最低必要な委託保証金率は50%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が30%です。委託保証金の保証金率が30%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。

個人確定拠出年金iDeCo

お知らせ
現在、システムメンテナンスのため、総合口座へのログインを停止しています。
サービス再開予定
2022/6/26(日) 8:30
※最大13:00になる場合があります
楽天FXについて
楽天FXのメンテナンス等についてはこちら
メンテナンススケジュール

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?

ご質問は
ありませんか?