現在地
ホーム > お知らせ > 大手ネット証券初! 米国投資情報『バロンズ拾い読み』がネットで読めます!

大手ネット証券初! 米国投資情報『バロンズ拾い読み』がネットで読めます!

大手ネット証券初!週刊『バロンズ拾い読み』

2013年4月2日(火)から、投資情報サービス『バロンズ拾い読み』を、大手ネット証券で初めて無料でご提供いたします。
『バロンズ拾い読み』は、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌『バロンズ』の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し、日本語で抜粋・要約したレポートで主に機関投資家向けに提供されているレポートです。

世界最大規模の海外メディアの視点による分析記事が充実しています。米国市場だけでなく、日本国内市場の投資判断にも役立つ情報が満載です。

米国では、自己の資産運用に自分自身で情報を集め分析するのが当たり前です。そんな彼らの多くが、週末にはコーヒー片手に愛読しているのが、分厚い『ニューヨーク・タイムズ』と『バロンズ』。弊社に口座を開設なさっているお客様であれば、どなたでも無料でご覧になれます。

『バロンズ拾い読み』のサービス概要

ニュース提供元 Dow Jones & Company, Inc.
情報更新頻度 毎週火曜日17時頃更新
利用料 無料
利用できる方 弊社に口座をお持ちの方
情報閲覧方法
方法 1
弊社ウェブページにログイン後、「海外株式」→「米国株式」にあるバナーをクリックしてください。
方法 2
マーケットスピードにログイン後、「投資情報」→「米国株式」の左メニュー「ダウジョーンズ」をクリックしてください。

『バロンズ拾い読み」で主に提供する情報

  • 新興国市場投資情報
  • ETF情報
  • 米国株式市場
  • 中国銘柄

その他バロンズで人気のコラムなど、外国株投資だけでなく日本株投資にも活用できる最新情報を提供いたします。

『バロンズ』誌とは、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌の1つです。『バロンズ』の発行部数は30万部(同じくダウ・ジョーンズ社発行の経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルは229万部)、金融業界人と投資家の必読誌と言われています。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、約定代金の0.45%(税込0.486%)/1回がかかります(ただし、最低手数料5米ドル(税込5.4米ドル)/1回、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)/1回)。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000231米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?