現在地
ホーム > お知らせ > 【重要】楽天CFDサービス終了のお知らせ

【重要】楽天CFDサービス終了のお知らせ

更新日:2013年2月4日

楽天CFDサービス終了のお知らせ

「楽天CFD」サービスは、2013年2月2日(土)をもって終了いたしました。

なお、サービス終了時(2013年2月2日)まで建玉を保有していた場合は、以下の対応を行っております。

参照原資産が米国指数の銘柄

(米国30、米国30(日本円)、米国500、米国テック100、米国スモール2000、米国30先物、米国500先物、米国テック100先物および米国スモール2000先物)
2013年2月1日(金)の各銘柄ごとの現地取引時間における終値(アスク・ビッド)で、2013年2月4日(月)午前7時頃(日本時間予定)に、反対売買により全ての建玉を強制決済。

上記以外の銘柄

2013年2月1日(金)の各銘柄ごとの現地取引時間における終値(アスク・ビッド)で、各銘柄の取引終了後、反対売買による強制決済。

  • 決済後の資金および証拠金は、総合取引口座の預り金に振り替えます。(2013年2月7日(木)~2013年2月12日(火)予定)
    なお、1月30日(水)の時点で楽天CFDに建玉がなく、楽天CFD証拠金に残高があるお客様のご資金は、弊社の任意により、順次、楽天CFD証拠金から総合取引口座預り金に振替をいたしますので、ご了解ください。
  • サービス終了後は、2013年3月8日(金)まで取引画面上にてお取引内容をご確認いただけますが、2013年3月9日(土)以降、取引画面へのログインができなくなりますので、ご注意ください。
    各銘柄の取引終了時刻については、楽天CFD取扱銘柄のページにある「マーケットインフォメーションシート」によりご確認ください。

今後のスケジュール

  • 最終売買日までに建玉の反対売買をお願いいたします。
10月27日(土)メンテナンス以降 新規のCFD口座の開設を停止いたします。同日以降、新規に楽天CFDの口座を開設することはできません。
12月1日(土)メンテナンス以降 CFD口座での新規建てを一括で停止いたします。以降の取引は、決済取引のみとなります。
1月30日(水)以降 楽天CFD証拠金残高があり、建玉がないお客様から順次、楽天CFD証拠金から証券総合口座預り金への振替を行います。
2月1日(金)~2月2日(土)
午前7時
各銘柄の取引現地時間の2013年2月1日(金)の取引終了をもって、CFDの取引サービスを終了いたします。
2月2日(土)サービス終了後
~2月4日(月)午前7時頃
各銘柄の取引現地時間の2013年2月1日(金)における終値(アスク・ビッド)により、反対売買による強制決済を行います。
2月6日(水) 証券総合口座と楽天CFD口座間の資金振替を停止いたします。
2月7日(木)~2月12日(火) 楽天CFD口座内の証拠金を、証券総合口座へ振替えます。
3月9日(土) 楽天CFDへのログイン画面を削除いたします。
3月9日(土)以降に
書面を確認する場合は
楽天CFDの「取引報告書」「取引残高報告書」「保証金受領書」は、ログイン後、電子交付閲覧画面からご確認いただけるようになります。
  • スケジュールについては、予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

なお、今後上記のお知らせ内容・スケジュールに変更が生じた場合は、当社ウェブページにて随時お知らせいたします。

(重要)新規建て取引停止について

2012年12月1日(土)をもって新規建て取引を停止いたします。

楽天CFDでは、新規建て取引停止後も、新規建て取引を含む全ての注文をご発注いただけますが、約定処理時点で、その注文数量の一部でも新規建て取引となる場合は、当該注文の全数量がキャンセルされます。

以下のようなケースにおいては、これまでキャンセルされなかった注文が、新規建て取引停止後はキャンセルされることとなりますので、十分にご注意ください。

【ケース1】 新規建て注文を行なっている場合

<例>11月20日に「米国30」を30単位、指値13,250で買い指値注文を発注。
前提条件:「米国30」の売り建玉を全く保有していない。

現在(2012年12月1日(土)取引停止前)

新規建て取引停止後(2012年12月1日(土))

  • 単価が指値に到達した時点で、30単位全てがキャンセルになります。
  • 新規建て取引停止時において、すでに執行されている注文は直ちにキャンセルにはなりません。新規建て取引停止後も、約定した場合に新規建てとなる注文を発注することはできますが、指値に到達した時点でキャンセルとなります。

【ケース2】 指値に到達した時点で、注文数量が実際に保有している建玉の数量を上回る場合

<例>「米国30」の買い建玉30単位保有。全建玉を決済するため、『「米国30」を30単位 指値13,350』で売り指値注文を発注。
その後、単価が13,340に到達した時点で、新たに『「米国30」を10単位 成行注文』で発注し、約定が成立。

現在(2012年12月1日(土)取引停止前)

新規建て取引停止後(2012年12月1日(土))

  • 発注した数量よりも建玉の数量が少ない場合、その差は新規建て約定となるため、指値に到達した時点で注文数量全てがキャンセルとなります。

【ケース3】 保有建玉に対して、指値と逆指値を同時発注する場合(逆指値付通常注文)

<例>「米国30」の買い建玉30単位保有。建玉を決済するため、現在価格13,250の時に以下の条件で注文を発注。
【指値注文】「米国30」 指値13,300 20単位 売り注文
【逆指値注文】「米国30」 逆指値13,200 30単位 売り注文

現在(2012年12月1日(土)取引停止前)

新規建て取引停止後(2012年12月1日(土))

  • 発注した数量よりも建玉の数量が少ない場合、その差は新規建て約定となるため、指値に到達した時点で注文数量全てがキャンセルとなります。

上記3ケース以外であっても、「新規注文」および「建玉数量を超える数量の決済注文」は、約定処理時点で、その全数量がキャンセルされ、約定しません。また、成行注文、指値注文または逆指値注文の区別に関係なく、約定処理時点で、保有建玉と注文に係る売買の別及び数量の関係により、キャンセルされるか否かが判定されます。

お客様におかれましては、お持ちの建玉数量と発注された決済注文の数量を十分にご確認いただき、決済注文の数量が建玉数量を上回ることがないように十分にご注意ください。

CFD取引のリスクと費用について

CFDの取引にかかるリスク
CFDは、対象となる株価指数、ETFの価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により取引価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。また、CFDは少額の委託証拠金でその委託証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
その損失額は、差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。
株価指数先物を参照原資産とするCFDにはそれぞれ限月が定められており、最終決済期限があります。
CFDの取引にかかる費用等
各種別ごとのCFD取引にかかる手数料は、以下のとおりです。米国ETF CFDの場合、1約定につき、1,250CFDまでは、26.25米ドル(税込)です。1約定につき、1,250CFD超の場合は、1CFDごとに2.1セント(税込)追加となります。
株価指数CFD、株価指数先物CFDは無料です。取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格の差(スプレッド)がかかります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。また、取引手数料以外に金利調整額等の受払いが発生する場合があり、それらの額はCFDのベース通貨や個別の銘柄等により異なります。
CFDの取引の委託証拠金等について
CFD取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は銘柄によって異なり、約定代金を基準にして計算されます。株価指数CFD、株価指数先物CFD、米国ETF CFDは約定代金の10%(委託証拠金の10倍までの取引が可能)以上の委託証拠金が必要です。
また、委託証拠金率(必要証拠金額を100%として算出)が一定率以下となった場合、ロスカットルールにより全ポジションが強制決済されます。市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。
使用可能証拠金が1万円未満の場合、新規注文または保有ポジションを超える数量の反対売買となる注文はできません。
なお、保有ポジションと同数量までの反対売買の注文またはロスカットは、使用可能証拠金が1万円未満の場合も、実行可能です。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?