現在地
ホーム > お知らせ > 米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

このたび、楽天証券は、2010年12月14日(火)15時から、ザ・バンガードグループが提供する米国ETF 1銘柄の取扱いを開始いたします。
弊社では、お客様の多様な投資ニーズに対応すべく、海外ETFを中心に商品の拡充を図ってまいりました。このたび、米国を代表する500銘柄により構成される「S&P500インデックス」への連動を目指すETF「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」の取扱いを開始いたします。「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」は信託報酬が0.06%と、他のETFと比較して低コストの運用を実現しています。

今回の取扱銘柄追加により、弊社の海外ETFの取扱い銘柄数は、合計124銘柄(米国ETF 76銘柄、中国ETF 48銘柄)となり、引き続き、ネット証券№1の取扱数となります。(2010年12月14日時点)

取扱開始日

12月15日(水)国内約定分より取扱開始予定
(注文受付は12月14日(火)15時から開始予定)

コード 分類 銘柄名
銘柄名(英字)
信託報酬
VOO 米国・その他 バンガード・S&P 500 ETF
Vanguard® S&P 500 ETF
0.06%

バンガード・S&P500 ETF(無料動画配信中)

バンガード・S&P500 ETF

講師
バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
営業企画部アシスタント・マネージャー
金野 真弓 氏

難易度★☆☆☆☆ 初級者向け

バンガード・S&P500ETFの商品概要を、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの金野氏に解説していただきました。米国を代表する500銘柄を構成銘柄とし、保有コストが安いことなど、バンガード・S&P500 ETFの魅力を動画にてご確認いただくことができます。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。

外国株式等の取引にかかる費用

1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.45%(0.495%)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:20米ドル(22米ドル)
中国株式 約定代金の0.5%(0.55%)・最低手数料:500円(550円)・上限手数料:5,000円(5,500円)
アセアン株式 約定代金の1.00%(1.10%)・最低手数料:500円(550円)・手数料上限なし
※()内は税込金額
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,000円(税込2,200円)が追加されます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?