現在地
ホーム > 先物・オプション > 日経225オプション > 入門講座 > はじめてのオプション取引

はじめてのオプション取引

  • 日経225オプション

はじめてのオプション取引

日経225オプション取引とは?

日経225先物は、株価指数そのものの売買 日経225オプションは、あらかじめ決めた株価指数で取引する権利の売買

つまり、日経225オプションとは、
①あらかじめ決めた満期日(限月)までに、②あらかじめ決めた価格(権利行使価格)で、③「買う権利(コール)」、または「売る権利(プット)」を、④○○○円というオプション価格で売買すること。(○○○円が株価と同じように変動します)

(例)日経225オプション ①2015年6月限 ②権利行使価格 20,000円 ③コール ④300円

「2015年6月の満期日までに、20.000円で買う『権利』(オプション)を500円という価格で売買する」しくみです。
この「500円」が株価のように変動します。ちなみに満期日のことをSQ日と言い、その満期での価格を「SQ価格」といいます。

オプション投資の基本型は4つ!

「コール」は「買う権利」共に"か行"で始まると覚えてください。「プット」は「売る権利」共に母音が"U"で始まると覚えてください。
語源は"CALL"「(権利)を要求する」、"PUT"「(義務)を課す」という意味ですが、上記の"か行"、"U"の母音という覚え方がよいのではないでしょうか。

オプション投資の決済の方法は2つ!

もう一つのオプション取引の特徴は、決済に期限(満期日)があることです。
そのため、決済には2つの方法があります。

  • 満期日になると、有利な方法が自動的に選択されますので、お客様が行使や放棄を決める必要はありません。
  • 満期日は、通常限月がその月の第2金曜日、Weekly限月はその週の金曜日となります。

1 満期日までに、オプション価格(プレミアム)を決済(反対売買)する。

まずは転売とは何か、最もシンプルでわかりやすいコール(買う権利)の買いで説明しましょう。
個別銘柄の取引と同じで、満期日までは自由に取引ができます。

例で説明したオプションの銘柄名は
「日経225オプション2015年6月限 権利行使価額20,000円のコール」と表記されます。

オプションは満期日が来るまでの間、自由に売買ができる!

では、「権利行使価格 20,000円」で買う権利(コール)を買うオプションをチケットに例えて説明しましょう。
その買う権利の価格、つまりオプション価格が500円だったとします。

1 満期日に、権利行使または権利放棄する(売り方は権利割当または権利消滅)

満期日にはSQ価格で自動決済(権利行使または権利放棄)される!

オプション取引の買いは損失限定&利益無限大ですが、実際の損益を先物の買いと比べてみましょう。

オプションの買いが先物の買いと異なり、損失が限定され利益は先物同様に無限大になることが下記のグラフでわかります。

(例)日経225が20,000円の時に先物(ラージ)を1枚買い日経225コールオプションを権利行使価格20,000円でオプション価格200円で1枚買った場合の損益図比較

株価 19000 19200 19400 19600 19800 20000 20200 20400 20600 20800 21000
先物損益 -100万 -80万 -60万 -40万 -20万 0 20万 40万 60万 80万 100万
オプション損益 -20万 -20万 -20万 -20万 -20万 -20万 0 20万 40万 60万 80万

オプション入門についてご理解いただけましたか?次は、基礎編として4つの投資戦略についてご紹介いたします。

先物・オプション取引のリスクと費用について

株価指数先物・株価指数オプション取引にかかるリスク
株価指数先物・オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。株価指数オプション取引はオプションを行使できる期間には制限があります。また、株価指数オプションの市場価格は、現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。
価格の変動率は現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。
株価指数オプション取引における買方特有のリスク
株価指数オプションは期限商品であり、買方が期日までに権利行使または転売をおこなわない場合には権利は消滅し、買方は投資資金の全額を失うことになります。
株価指数オプション取引における売方特有のリスク
売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、売方は、株価指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れまたは預託しなければなりません。その後、相場の変動により証拠金の額に不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。所定の時限までに不足額を差し入れない場合等には、建玉の一部または全部を決済・処分させていただく場合もあります。この場合、その決済で生じた実現損失について責任を負う必要があります。
売方は、権利行使の割当てを受けた際には必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算指数(SQ値)の差額を支払う必要があります。
株価指数先物取引にかかる費用
株価指数先物取引の委託手数料は、278円(税込:300.24円)/1枚がかかります。日経225ミニ取引、東証マザーズ指数先物取引の委託手数料は、38円(税込:41.04円)/1枚がかかります。
株価指数オプション取引にかかる費用
株価指数オプション取引の委託手数料は、売買代金の0.18%(税込0.1944%)がかかります。
※ただし、最低手数料180円(税込194.4円)がかかります。
委託証拠金等について
株価指数先物・オプション取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)によって計算され、「(SPAN証拠金額×当社が定める証拠金掛目)-ネット・オプション価値総額+先物両建て証拠金」となります。
  • 先物両建て証拠金=(建玉枚数-ネットデルタの絶対値)×0.5×株価指数先物取引1枚あたりのSPAN証拠金×当社が定める証拠金掛目
  • 先物両建て証拠金は、価格の変動に損益が連動しない建玉(両建玉)を保有している場合であっても、上記算出式に基づく証拠金額が必要です。
  • 日経225ミニ取引は、日経225先物取引の1/10の証拠金でお取引が可能です。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?