現在地
ホーム > カバードワラント > eワラントビギナーズガイド > eワラントとは?

eワラントビギナーズガイド(はじめてのeワラント):eワラントとは?

  • カバードワラント

eワラントビギナーズガイド

eワラントとは?

少額・値動きが大きい・損失限定

eワラントは国内外の株式から株価指数、為替、商品(コモディティ)など、様々な投資対象に少額で投資できる商品です。値動きは大きくハイリスク・ハイリターン型の商品ですが、保証金などを預託する必要はなく、最大損失は投資資金までに限定されています。

投資初心者でも、安心して始められます

お小遣いから始められる投資

eワラントは3,000円程度の少額から始められる投資商品です。eワラントにはテコの効果が効いているので、少額投資でも大きな利益を狙うことができます。ただし、eワラントは最悪の場合、投資資金を全額失ってしまう可能性があります。

投資金額以上の損失はありません

ただ、自分の投資した資金以上の損失は絶対にありません。例えば3,000円分のコールを購入した場合、得られる利益に制限はありませんが、最大損失は3,000円となります。

投資経験者でもうれしいeワラント

eワラントは投資対象も多い

国内外の個別株、為替、国内外の株価指数、商品(コモディティ)や複数の株をひとまとめにしたバスケットなど多岐にわたります。

eワラントで投資の可能性を広げましょう

例えば日本株が不調なときでも商品(コモディティ)や、新興国株などが好調だったりします。今まで日本株にしか投資をしてこなかった方も、FXだけにしか投資をしてこなかった方も、外国株や商品(コモディティ)など新しい投資対象に3,000円程度から挑戦できるeワラントは投資の幅を広げるのにぴったりです。

取引手数料は無料

eワラントの取引手数料は無料です。ただし、お客様の買付価格と売却価格には、価格差(売買スプレッド)があります。

コールってなに?

安く買って高く売る

eワラント投資は「価格が安いときに購入」し、「値上がりしたら売る」ことで利益を狙います。eワラント投資で利益を得るためには将来eワラントの価格が上がるか下がるかを考えることが必要になります。

コールとは一緒に上昇するタイプ

eワラントには、コールという種類の商品があります。初心者がよく投資する日経平均を対象としたeワラントを例にとると、一般にコールは日経平均が上昇したらeワラントの価格も一緒に上昇するタイプの銘柄です。一方、日経平均が下落したらコールeワラントの価格も一緒に下落します。

カバードワラントのリスクと費用について

カバードワラントの取引にかかるリスク
カバードワラントの価格は、原資産の価格およびその変動率、カバードワラントの残存期間、金利変動など、さまざまな要因により変動し、これにより損失が生じるおそれがあります。原資産の価格が一定のままであったとしても、カバードワラントの価格が変動するときもあります。カバードワラントの価格変動リスクは、一般的には原資産よりも高いため、損失を被る可能性も高くなります。カバードワラントにはこのほか、信用リスク、流動性リスク、税務に関するリスク、為替変動リスク等があります。
また、カバードワラントは期限付きの有価証券であり、存続期間を過ぎるとその価値がなくなります。カバードワラントを買い付けた後は、転売するか、満期まで保有することになります。満期日においては、コール型ワラントの場合、原資産の価格が権利行使価格を上回っている場合(プット型ワラントは下回っている場合)は満期決済金額(受取り)が出ますが、原資産の価格が行使価格と同価格か、下回っている場合(プット型ワラントは上回っている場合)はカバードワラントの価値はゼロとなります。ただし、最大の損失額は、カバードワラントの買付に要した金額に限定されます。
カバードワラント取引の費用
カバードワラントの取引手数料は無料ですが、お客様の買付価格と売却価格には価格差(スプレッド)があります。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?