MT4口座(FX)の取引ツール「MT4」のお問合せに関するお願い

当社が提供しているMT4口座(FX取引)は、メタクォーツ社が開発した取引ツールMT4を利用して取引を行います。
MT4は世界中で利用されており、EA(自動売買プログラム)による売買が可能な一方で、高度なPCスキルを要求される場合がございます。
特に、インターネット上等で配布されている外部のEAやテクニカル分析のプログラムの利用においては弊社カスタマーサービスでサポートを行う事はできません。
お問合せに際し、以下の問い合わせ内容をご確認願います。

サポートできる範囲について

 サポートできるご質問

  • ダウンロードインストールに関する内容
  • ID・PWなどログインに関する内容
  • 基本メニューの使用方法に関する内容
  • 注文の手順や照会画面の確認に関する内容
  • エラーメッセージに関する内容
  • 約定内容に関する内容
  • 当社発行の書面に関する内容

 サポートできないご質問

  • MT4デモ口座の利用に関する内容
  • EA(自動売買プログラム)の動作に関する内容
  • インディケーターの動作に関する内容
  • プログラム記述の方法に関する内容
  • 外部EA等のダウンロード先に関する内容

楽天MT4のアプリケーションについて

Meta Trader 4(MT4)ダウンロード

楽天MT4でお取引を開始するためには、MT4専用の取引プラットフォームをお使いのPCに別途インストールしていただく必要があります。

推奨環境

対応OS Windows7 Windows8 Windows8.1 Windows10

動作環境や推奨環境は表示させるチャート数や、EA数等に依存します。
1つのEAを運用するのに以下の動作環境が必要になりますので、ご参考ください。
CPU:1.2GHz以上
メモリ:32bitの場合1.5GB、64bitの場合2.5GB
HDD:300MB以上

Meta Trader 4コンプリートガイド

MetaTrader4のインストール方法をはじめ、多彩なチャート機能や発注方法、自動売買の最適化など、より実践的な操作方法がわかります。

スマートフォン向けMT4アプリ(Meta Trader4 モバイル版)について

MetaTrader4(モバイル版)はPC版と同様にMetaQuotes社が提供するアプリケーションとなります。よって楽天証券が提供するアプリケーションではございません。お客様はMetaQuotes社が提供する汎用アプリケーションを利用し、弊社の取引サーバーへ接続していただくことになります。
インストール、ログイン、発注や注文確認の方法についてサポートは行いますが、その他アプリ不具合等が生じる場合、当社ではサポートいたしかねます。また、一部の機種においては利用出来ない可能性がありますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

MetaTrader4(モバイル版)のインストール方法や使用方法を紹介しています

MT4口座開設・デモ口座申込について

楽天MT4の口座開設手順

楽天MT4口座の開設手続きは、楽天FX-WEB取引画面にログイン後の画面で簡単に行えます。

楽天MT4のデモ口座開設手順

楽天MT4では、デモ口座を用意しており、MT4取引を擬似体験していただくことができます。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

外国為替証拠金取引(FX)のリスクと費用等について

外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかるリスク

外国為替証拠金取引(FX)は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引(FX)は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。

外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかる費用等

外国為替証拠金取引(FX)の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。

証拠金について

〔楽天FX口座〕
レバレッジコースに応じて取引金額の4%~100%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。
(法人のお客様の場合は、取引金額に当社が定める証拠金率(*)を乗じた金額以上の証拠金が必要となります。)
〔楽天MT4口座〕
想定元本の4%以上の証拠金が必要となります。(法人のお客様の場合は、想定元本に当社が定める証拠金率(*)を乗じた金額以上の証拠金が必要となります。)

*当社は、金融先物取引業協会が算出した「為替リスク想定比率」以上となる証拠金率を通貨ペアごとに定めております。「為替リスク想定比率」とは、金融庁長官が定める方法(定量的計算モデル)を使い算出されるものです。