【iOS12対応】iSPEEDのバージョンアップと動作環境変更について

2018年9月4日

iSPEED

先日公開されたiOS12上で、最新版のiSPEED(株/先物OP/CX)が問題なく動作することが確認できております。
iSPEED FXに関しては、一部動作において通信エラーの発生を確認しましたので、iOS12に対応したバージョン(3.0.6)をリリースいたしました。

また、iOS12対応に伴い、動作推奨環境を変更します。

対象アプリ

  • iSPEED 株 for iPhone
  • iSPEED 株 for iPad
  • iSPEED 先物OP
  • iSPEED CX
  • iSPEED FX
  • iSPEED FXのみiOS12に対応したバージョン(3.0.6)をリリースいたしました。

動作推奨環境の変更

【変更前】 iOS11 iOS10 iOS9

MARKETSPEED for Mac

【変更後】 iOS12 iOS11 iOS10

  • iOS9が動作推奨外となります。また下記の機種についてはサポート対象外となります。

今回のアップデートでサポートが終了する機種

iPhone 4S、iPad 2、iPad 第3世代、iPad mini第1世代、iPod Touch 5

対応端末の変更

下記の表で二重丸(◎)で示した条件で、Touch IDまたはFace IDを利用した生体認証によるロック解除機能をご利用いただけます。

  • エクスプレス注文は高頻度で情報の自動更新を行うため、iPhone6以降、かつiOS8.0以上が推奨環境です。
  • 日経テレコンは端末やOS、ブラウザの制約上、一部機能や画面表示が正しく表示されない場合があります。

注意事項

お客様の設定・環境により、取引時間中にアップデートされる場合がございます。端末の自動アップデート機能がオンの場合は、以下の方法でオフにして頂くと、回避することができます。

自動アップデートをオフにする方法

(iPhone/iPadの場合)
設定>iTunesとApp Store>”自動ダウンロード”の”アップデート”をオフ

(Androidの場合)
Playストア>画面左上のメニューアイコン>設定>アプリの自動更新>自動更新は一切しない

  • 上記設定では他のアプリの自動アップデートもされなくなりますので、元に戻すことで自動アップデートが可能になります。

サポートが終了した機種・OSでのご利用

旧バージョンアプリをご利用いただいている場合、アプリを一度削除すると再ダウンロードはできません。