現在地
ホーム > 楽天FX > 楽天FX操作ガイド > モバイル取引ガイド(操作方法) > FXの決済注文

FXの決済注文

  • FX

メインメニューより「[4]注文」-「・決済注文」を選択し「■決済注文」画面を表示してください。

照会画面内、建玉照会へ遷移します。建玉を保有している場合。照会画面内に建玉情報が記載されます。
決済したい通貨ペアをクリックしてください。

建玉詳細画面にて、建玉情報が確認できます。
注文パターンより「ストリーミング」、「リーブオーダー」、「OCO」のいずれかの決済方法を選択してください。

  • 異なる通貨ペアは同時に指定できません。
  • すでにその建玉についての決済注文が有効になっている場合は、決済数量が入力できません。一度、あらかじめ出されている決済注文を取り消したのち、再度注文してください。
  • 新規建玉を決済する際には、かならず決済注文より発注してください。新規注文で買建ておよび売建てを行いますと両建てとなります(同一通貨ペアにおける新規の買建玉と売建玉が同時に口座にある状態)。

追記 決済ストリーミング、リーブオーダーOCO

「ストリーミング注文」
リアルタイムで提示されているレートをお客様ご自身で確認し、その瞬間でのレートで取引をおこなう注文です。
リアルタイムで提示されるレートは、時間とともに随時更新されます。
但し、通信環境やレートの変動により、提示されているレートよりも高い(安い)価格で売買が成立することがあります。 
  
  • 実勢レートがお客様にとって不利な方向に変動した場合は、お客様が設定されたスリッページの設定範囲内であれば実勢レートで約定します。 
    お客様にとって有利な方向に変動した場合は、スリッページの設定範囲にかかわらず実勢レートで約定します。
    スリッページの設定範囲を超えた場合は、お客様の注文は失効(リジェクト)となります。
   
「リーブオーダー注文」
   
指値、逆指値の注文を出すときに使用します。
   
  • 指値
    売買注文を出すレートを指定する注文です。指定するレートは注文発注時のレートよりも有利な条件になります。買い注文時は発注時のレートより低く、売り注文時は発注時のレートよりも高いレートの指定になります。
  •   
  • 逆指値
    売買注文を出すレートを指定する注文です。指定するレートは注文発注時のレートよりも不利な条件になります。買い注文時は発注時のレートよりも高く、売り注文時は発注時のレートよりも低いレートの指定になります。
 
「OCO注文」
2つの指値(逆指値)を同時に出し、どちらかが成立したらもう片方を自動的に取消になる注文を出すときに使用します。
AかB、どちらかが成立したらもう片方はキャンセルになります。

外国為替証拠金取引(FX)のリスクと費用等について

外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引(FX)は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引(FX)は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引(FX)の取引手数料は、取引なさる口座によって異なります。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
証拠金について
〔楽天FX口座〕
レバレッジコースに応じて取引金額の4%~100%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。(法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)
〔楽天MT4口座〕
想定元本の4%以上の証拠金が必要となります。(法人のお客様の場合は、想定元本の約1%以上となります。)

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?

FX取引の規制が変わります