現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 米国株式 > 手数料

米国株式の手数料

  • 米国株式

  • 米国株式を取扱う主要ネット証券【口座数上位3社:SBI証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)】で比較。(2019年7月22日現在、楽天証券調べ)
1取引当たりの手数料
約定代金の0.45%(税込0.486%)
最低手数料 0米ドル
最高手数料 20米ドル(税込21.6米ドル)

1回の取引につき、約定代金の0.45%(税込0.486%)がかかります(最低手数料0米ドル、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル))。
インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。

  • 最低手数料が無料になるお取引は、約定代金が2.22米ドル以下のお取引のみとなります。約定代金が2.23米ドル以上のお取引には、「約定金額×0.45%」(最大20米ドル)の手数料が適用されますのでご注意ください。
  • 売却時に現地通貨建ての約定代金から現地諸費用を差し引いた金額が売買手数料を下回る場合は、現地通貨建ての約定代金から現地諸費用を差し引いた金額を手数料といたします。
  • 米国ETF・ADR委託手数料は米国株式と同じです。
    ETFの売買単位は口数を株数とお読み替えください。

ご注意

  • 売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が別途かかります。
    SEC Feeは2019年4月12日現在、ドルベース約定代金×0.0000207米ドル(米セント未満切り上げ)。
  • 取引チャネル(マーケットスピード、ウェブ、カスタマーサービスセンター)による手数料の違いはありません。
  • 米国株式の1注文当たり発注可能金額の上限は9,899,999.99USドルまでとなります。1注文当たり発注可能株数は250,000株までとなりますのでご了承くださいませ。
  • 10,000株を超える注文の場合において、1回の注文が、上場市場における該当銘柄の過去30日間の一日当たりの平均出来高の30%を上回る場合、受付けられません。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。

米国株式等の取引にかかる費用

米国株式等の委託手数料は、約定代金の0.45%(税込0.486%)/1回がかかります(ただし、最低手数料0.00米ドル/1回、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)/1回)。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000207米ドル(米セント未満切り上げ)。

中国株式等の取引にかかる費用

中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

アセアン株式等の取引にかかる費用

アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?