外貨建てMMFの取引までのステップ

  • 外貨建てMMF

STEP1入金

  • すでに必要な預かり金およびMRFおよび外貨がある方はステップ2

外貨建てMMFの購入代金を入金していただく場合は、円を入金して購入する方法と、外貨を直接入金して購入する方法の2つの方法があります。

円貨入金 外貨入金(お持ちの外貨を直接入金)
弊社取引ページから手続きする「リアルタイム入金」(振込手数料無料)、お近くのATM、銀行等から入金する「通常振込入金」からお選びいただけます。
  • 「リアルタイム入金」振込手数料が無料!
    リアルタイム入金とは、提携金融機関を利用してご入金いただくと、即時にお客様の残高に反映されるサービスです。
すでに他の金融機関でお持ちの外貨を、外貨のままお振込いただくサービスです。
  • お客様のご連絡をもとに入金確認をおこないますので、必ずご連絡をお願いいたします。振込手数料 お客様負担(振込手数料は、銀行ごとに異なります。)

STEP2注文

以下のログインボタンからログインしていただくか、他のページからログインした場合は、ログイン後『投信』⇒『注文』⇒外貨建てMMF『買い注文』の外貨建てMMF「買い注文」画面からお取引が可能です。

外貨建てMMF注文ページへログイン

はじめてお取引なさる方・注文操作をチェックしたい方はデモをチェック!

注意事項

2000年以前に口座開設手続きをなさっているお客様は、別途「外国証券取引口座」及び「外貨建てMMF累積投資口座」の開設手続きが必要な場合があります。

目論見書の閲覧(電子交付)について

  • 投資信託の買付につきましては、目論見書を事前にご請求または電子交付による閲覧をしていただく必要があります。

目論見書の請求方法

電子交付サービス「投資信託目論見書・運用報告書」に同意いただいているお客様

弊社ウェブページログイン後「投信」→「注文」→「買い注文」画面から目論見書を電子交付によって閲覧してください。
閲覧後すぐに注文を出していただくことができます。

電子交付サービス「投資信託目論見書・運用報告書」に同意されていないお客様

弊社ウェブページログイン後、「投信」→「注文」→「買い注文」画面から目論見書をご請求ください。郵送にてお送りいたします。
なお、お買付けは目論見書請求日の3営業日後から可能となります。

まだ楽天証券に口座をお持ちでない方は、まずは「総合取引口座」を開設!

投資信託のリスクと費用について

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
(日興USドルMMF、日興豪ドルMMF、日興NZドルMMF、日興カナダドルMMF)に関するリスク
ファンドは、主に外貨建の公社債や短期金融商品など値動きのある証券に投資します。組入債券などは、金利の変動や債券発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等で値動きするため、ファンドの純資産価額も変動します。また、ファンドの受益証券は、純資産価額が外貨建で算出されるため、円貨でお受取りの際には為替相場の影響も受けます。したがって投資元本を割り込むことがあります。ファンドは元金が保証されている商品ではありません。これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。ファンドの純資産価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「金利変動リスク」「信用リスク」「為替リスク」などがあります。
  • 詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。
ゴールドマン・サックス・MMF-ゴールドマン・サックス・米ドル・MMFに関するリスク
  • ゴールドマン・サックス・MMF-ゴールドマン・サックス・米ドル・MMF(以下、本ファンドといいます。)の受益証券の価額は、本ファンドに組入れられている有価証券の値動き等による影響を受けますが、これら運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。
  • 本ファンドおよびマスターファンドは、外貨建て債券(短期金融商品等)への投資を行います。債券(短期金融商品等)の価格は、金利の変動や組入債券の発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により上下するため、場合によっては1口当り純資産価格が元本を下回ることがあります。また、1口当り純資産価格が外貨建てで表示されますので、当該通貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替相場の変動により、円換算ベースでは損失を被ることがあります。
  • 上記は過去の実績であり、将来の成果を保証するものではありません。
  • 本ファンドの取得のお申込みを取扱う場合には販売会社から「投資信託説明書(交付目論見書)」をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、必ずお受取りの上、詳細は「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。
  • お申込みに際しては、販売会社から「外国証券取引口座約款」をお渡ししますので、よくお読みください。
ホライズン・トラスト-南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンドに関するリスク
当ファンドは、主に債券を投資対象としますので、組入債券の価格の下落や、組入債券の発行会社の倒産や財務状況の悪化、金利の変動等の影響により、受益証券一口当たり純資産価格が下落し、損失を被ることがあります。
当ファンドの純資産価額は外貨建てで算出されるため、また、組入債券は外貨建てですので、為替の変動により損失を被ることがあります。したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、受益証券一口当たり純資産価格の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。
マルチ・ストラテジーズ・ファンド - トルコリラ・マネー・マーケット・ファンドに関するリスク
投資者は、受益証券の価格は上昇する場合もあれば下落する場合もあることを認識しておく必要があります。サブ・ファンドへの投資は相応のリスクを伴います。投資運用会社および/またはその委託先は、サブ・ファンドの投資目的および投資方針の制約の範囲内で損失の可能性を最小限にするよう企画された戦略を実行する予定ですが、かかる戦略が実行されるという保証、または実行された場合でも成功する保証はありません。投資判断や市況にかかわらず、サブ・ファンドの費用構造によって受益証券1口当たり純資産価格は下落する可能性を常に有しています。受益証券の流通市場が存在する可能性が小さく、そのため受益者は、保有する受益証券を買戻しの方法でしか処分することができません。投資者は、自身のサブ・ファンドへの投資額の大部分またはすべてを失う可能性があります。したがって、各投資者は、サブ・ファンドへの投資に伴うリスクを負担することができるか否かを慎重に検討する必要があります。
純資産総額は、サブ・ファンドの投資対象の価格の変動および為替の変動の影響を受けます。サブ・ファンドの投資対象から生じるすべての損益は、投資者に帰属するものとします。受益者の投資額の元本は保証されていません。
以下のリスク要因に関する記載は、サブ・ファンドへの投資に伴うリスクについて完全に説明したものではありません。サブ・ファンドへ投資するリスクは以下を含みます。
  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設