知識確認テスト

バイナリーオプションのお取引をはじめる前に、取引画面で「確認テスト」の受験が必要となります。
なお、受験の結果は当社の所定点数に満たない場合、翌日以降再受験してください。

  • 仕組み
  • 方法
  • 概要
  • リスク
  • 計算
Qオプションとは、一定の期間内または特定の期日において、あらかじめ定めた価格によって原資産を買い取る(又は売り渡す)ことができる権利のことを指す。
A

オプションとは、一定の期間内(又は特定の期日)に、あらかじめ定めた価格によって原資産を買い取る(又は売り渡す)ことができる権利を言います。オプション取引では、原資産を買う権利「コール」または売る権利「プット」を売買することができます。一定の期間内または特定の期日のことを「権利行使日」といい、あらかじめ定められた価格を「権利行使価格」といいます。
Q通貨オプションとは、通貨を原資産とし、一方の通貨を売って、他方の通貨を買う権利である。たとえば、円とユーロをペアとする場合、円を売ってユーロを買うものを、円プット/ユーロコールオプション、略してユーロコールオプションと呼ぶ。
A

通貨オプションとは、通貨を原資産とし、一方の通貨を売って、他方の通貨を買う権利を指します。たとえば、円とドルをペアとする場合、円を売ってドルを買うものを、円プット/ドルコールオプション、略してドルコールオプションと呼び、ドルを売って円を買うものを、円コール/ドルプットオプション、略してドルプットオプションと呼びます。
Qオプションには、権利行使によって実際に原資産を受け渡すものと、原資産の時価と権利行使価格の差額を受け取るものがある。このうち、原資産の時価と権利行使価格が一定の条件を満たした場合に、あらかじめ定めた一定の金銭を支払うものをバイナリーオプション取引という。
A

バイナリーオプション取引とは、権利行使価格に対して原資産価格が上回るか下回るかを予想し、一定の条件を満たした場合に一定額の金銭(ペイアウト)を受け取り、反対に条件を満たさない場合はオプション購入金額が損失となる取引のことをいいます。
Q通貨オプションは、ユーロドルなど円以外の通貨ペアを原資産とする差金決済型のオプションをいい、オプション料や権利行使時の決済が円により行われるものは、対象とする通貨ペアによる決済額を算出し、円転のための計算をして金額を確定する仕組みとなっている。
A

通貨オプションとは、円以外の通貨ペアを原資産とする差金決済型のオプションであって、オプション料や権利行使時の決済が円により行われるものは、対象とする通貨ペアによる決済額を算出し、円転のための計算をして金額を確定する仕組みとなっています。ユーロドルなど外貨建てのオプションの場合、損益等は円換算され口座に反映されることとなります。
Q権利行使期日(判定時刻)において原資産価格が権利行使価格に達した場合、あらかじめ定めた一定額(ペイアウト)を受け取ることのできる権利のことをバイナリーオプションという。
A

バイナリーオプションは、権利行使期日の原資産価格が権利行使価格に達した場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利であり、対象となる原資産を売買する権利ではありません。
Q一般的に、バイナリーオプションとは、オプションの満期を権利行使時刻として定め、権利行使時刻に自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われるオプションのみを意味します。
A×

バイナリーオプションには、原資産価格が満期時にあらかじめ設定された価格帯の範囲に収まった場合に権利行使されるもの(レンジバイナリーオプション)や、取引期間中に1度でも権利行使価格に達した場合に権利行使されるもの(ワンタッチバイナリーオプション)など様々な種類があります。
Qバイナリーオプションには、一般的なバイナリーオプションのほか、レンジバイナリーオプション、ワンタッチバイナリーオプション、ノータッチバイナリーオプションなど複数の種類がある。
A

バイナリーオプションには、一般的なバイナリーオプションのほか、原資産価格が満期時にあらかじめ設定された価格帯の範囲に収まった場合に権利行使されるもの(レンジバイナリーオプション)や、取引期間中に1度でも権利行使価格に達した場合に権利行使されるもの(ワンタッチバイナリーオプション)など複数の種類があります。
Q通貨バイナリーオプションは、通貨を対象としたバイナリーオプション取引である。たとえば、ユーロ円のバイナリー「コール」オプションは、ユーロを基準とし権利行使価格に対して判定価格がユーロ高円安(ユーロ買い円売り)となればペイアウトとなる。
A

通貨バイナリーオプションは、通貨ペアを対象とし、通貨ペアの交換レートを権利行使価格として、権利行使時点の両通貨のレートが権利行使価格を上回るか、下回るかにより、権利行使によるペイアウトの有無を判定し、決済するオプションです。たとえば、ドル円のコールバイナリーオプションは、ドルを基準とし、権利行使価格に対して判定価格がドル高=円安となればペイアウトとなり、判定価格がドル安=円高となればペイアウトは発生しません。
Q通貨バイナリーオプションのうち、例えばユーロ円を原資産とし、円安(ユーロ円の上昇)になればペイアウトを受け取る権利は、ユーロ円のバイナリー「コール」オプションと呼ぶ。
A

通貨バイナリーオプションには、原資産を買う権利「コール」と売る権利「プット」があります。ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Q通貨バイナリーオプションのうち、例えばユーロ円を原資産とし、円高(ユーロ円の下落)になればペイアウトを受け取る権利は、ユーロ円のバイナリー「コール」オプションと呼ぶ。
A×

通貨バイナリーオプションには、原資産を買う権利「コール」と売る権利「プット」があります。ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Q権利行使価格1ポンド135円、ペイアウト1,000円のポンド円のバイナリー「コール」オプション(ポンド高ならペイアウトを受取る権利)を500円で買付けし、判定価格が1ポンド130円となった場合、ペイアウトを受取ることができる。
A×

ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Q権利行使価格1ポンド135円、ペイアウト1,000円のポンド円のバイナリー「プット」オプション(ポンド安ならペイアウトを受取る権利)を500円で買付けし、判定価格が1ポンド130円となった場合、ペイアウトを受取れる
A

ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Q権利行使価格1ポンド135円、ペイアウト1,000円のポンド円のバイナリー「コール」オプション(ポンド高ならペイアウトを受取る権利)を500円で買付けし、判定価格が1ポンド140円となった場合、ペイアウトを受取れる
A

ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Q権利行使価格1ポンド135円、ペイアウト1,000円のポンド円のバイナリー「プット」オプション(ポンド安ならペイアウトを受取る権利)を500円で買付けし、判定価格が1ポンド140円となった場合、ペイアウトを受取れる
A×

ペイアウトは権利行使価格よりも原資産の判定価格が「上回った」場合はコールの買い手、「下回った」場合はプットの買い手に受け取る権利があります。
Qペイアウト1,000円のバイナリー「コール」オプションを600円で買い、判定の結果、権利行使条件が満たされた場合には、ペイアウトとして1,000円を受け取ります。結果として、買い手の利益は支払った600円のオプション料(購入代金)を差し引いた400円である。
A

オプションの買い手の損益は、「ペイアウト金額 ― オプション購入金額」との計算式で算出されます。上記ですと、「1,000円ー600円=400円」となり、400円の利益となります。
Qペイアウト1,000円のバイナリー「コール」オプションを600円で売付し、判定の結果、権利行使条件が満たされた場合には、売り手は買い手に対するペイアウトとして1,000円を支払います。結果として、売り手の損失は、買い手から受け取った600円を差し引いた400円である。
A

オプションの売り手の損益は、「 オプション購入金額ーペイアウト金額」との計算式で算出されます。上記ですと、「600円ー1,000円=▲400円」となり、400円の損失となります。
Q購入したユーロ円の価格下落を回避(ヘッジ)するため、ユーロ円のプットオプションを購入した。
A

原資産がユーロ円など対円通貨ペアの場合、プットオプションを取得することで、円高になればペイアウトを受け取れるため、オプションの取引手法としては、正しい取引となります。
Q将来購入する予定のドル円の値上がりを補うため、ドル円のコールオプションを取得した。
A

原資産がドル円など対円通貨ペアの場合、コールオプションを取得することで、円安になればペイアウトを受け取れるため、オプションの取引手法としては、正しい取引となります。
Q原資産価格が大きく変動することを予測し、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて売付れば、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得られる。
A×

原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションを併せて「取得」すると、原資産価格がいずれの方向でも大きく変動した場合に収益機会が得られることになります。
Q原資産価格の変動幅が小さいと予測し、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて売付れば、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得られる。
A

原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションを併せて取得すると、原資産価格がいずれの方向でも大きく変動した場合に収益機会が得られることになります。
Qオプションの売りポジションをカバ-するような原資産を保有し、オプションを売ることを、カバ-ド・オプションという。
A

保有する原資産にオプションの売りを組み合わせることにより、ヘッジをかけながら収益を狙う投資戦略をカバード・オプションといいます。
Q判定時刻に、権利行使価格よりも原資産価格が「下落」していると予測し、バイナリーコールオプションを買い付けた。
A×

バイナリーコールオプションは、判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも「上昇」している場合に、ペイアウトが受け取れるオプションのため、原資産価格の「下落」が予想される場合にバイナリーコールオプションを買い付ける取引は正しい取引手法とは言えません。
Q判定時刻に、権利行使価格よりも原資産価格が「上昇」していると予測し、バイナリープットオプションを売付けた。
A

バイナリープットオプションは、判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも「下落」している場合に、ペイアウトが受け取れるオプションのため、原資産価格の「上昇」が予想される場合にバイナリープットオプションを売りつける取引は正しい取引手法と言えます。
Q判定時刻に、権利行使価格よりも原資産価格が「下落」していると予測し、バイナリープットオプションを買い付けた。
A

バイナリープットオプションは、判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも「下落」している場合に、ペイアウトが受け取れるオプションのため、原資産価格の「下落」が予想される場合にバイナリープットオプションを買い付ける取引は正しい取引手法と言えます。
Q判定時刻に、権利行使価格よりも原資産価格が「下落」していると予測し、バイナリーコールオプションを売付けた。
A

バイナリーコールオプションは、判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも「上昇」している場合に、ペイアウトが受け取れるオプションのため、原資産価格の「下落」が予想される場合にバイナリーコールオプションを売り付ける取引は正しい取引手法と言えます。
Qコールオプションを買った場合の損益分岐点は、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を「加算」した価格である。
A

コールオプションを買った場合、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料(プレミアム)を加算した価格のときに権利行使ができれば、オプション料を含めた差し引き損益がゼロになりますので、その価格が損益分岐点となります。
Qプットオプションを買った場合の損益分岐点は、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を「加算」した価格である。
A×

プットオプションを買った場合、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料(プレミアム)を減算した価格で権利行使ができれば、オプション料を含めた差し引き損益がゼロになりますので、その価格が損益分岐点となります。
Qヘッジとしてバイナリーオプションを利用する場合、ペイアウトは固定されているのでヘッジ対象資産の損失の一部を補うものとして行う必要がある。
A

バイナリーオプションでは、原資産の想定元本額が明示されていないため、ヘッジ対象資産の元本額に合わせてヘッジすることはできません。
Q権利行使価格の高い「バイナリープットオプション」と権利行使価格の低い「バイナリーコールオプション」の2つを購入すれば、判定価格が定められた価格帯の中であった場合にペイアウトとなる「レンジバイナリーオプション」と似た投資を行うことができ、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られる。
A

2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリープットオプションと権利行使価格の低いバイナリーコールオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の中であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができます。
Q権利行使価格の高い「バイナリープットオプション」と権利行使価格の低い「バイナリーコールオプション」の2つを購入すれば、判定価格が定められた価格帯の外であった場合にペイアウトとなる「レンジバイナリーオプション」に似た投資を行うことができ、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた「価格帯の外」となった場合に収益が得られる。
A×

2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと権利行使価格の低いバイナリープットオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた価格帯の外となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の外であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができます。
Qバイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上であり、原則として取引可能時間内の取引は自由にできる。
A

2013年8月1日施行の個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則により、個人向け店頭通貨バイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上とすること、また、原則として取引期間中は自由に取引ができることとなっています。
Q買付したバイナリーオプションは、判定時刻より前に決済することはできず、全て判定により決済される。
A×

2013年8月1日施行の個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則により、買付または売付したバイナリーオプションは反対売買(又は解約)により、判定時刻より前に決済できるようにすることと規定されています。
Q通貨関連バイナリーオプションの「ショートポジション」はロスカット規制の対象となる金融商品であり、他の通貨関連オプションのショートポジションと同様に、ロスカットされることがある。
A

通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、他の通貨関連オプションのショートポジションと同様に、ロスカット規制の対象となる金融商品であり、ロスカットされることがあります。
Q通貨関連バイナリーオプションで「ショートポジション」を取引する場合は、あらかじめ必要証拠金を業者に預託し、取引成立後に証拠金が不足した場合には追加証拠金を業者に預託する必要がある。
A

通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、あらかじめ必要証拠金を業者に預託して取引を行い、取引成立後に証拠金が不足した場合には追加証拠金を業者に預託する必要があります。
Q顧客の一定期間における取引額や損失額などが、バイナリーオプション提供業者が定めた取引限度額を超えた場合には、顧客との取引を一定期間中断あるいは中止する場合がある。
A

2013年8月1日施行の個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則により、各取扱業者は顧客との取引に限度額を定め、顧客の一定期間の取引額や損失額、顧客が保有する建玉が基準を超えた場合には、顧客との取引の中断あるいは中止を含めた対応を検討し、投資者保護に失することがないように業務を管理しなければならないとされています。
Qオプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあり、ヨーロピアンタイプは権利行使期間の満期時だけに権利行使できるものをいう。
A

オプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあります。ヨーロピアンタイプとは権利行使期限においてのみ権利行使が可能なオプションのことで、アメリカンタイプとは権利行使期間中いつでも権利行使が可能なオプションのことを指します。
Q「コールオプション」において「インザマネー」とは、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をいう。
A×

コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーといいます。逆に、プットオプションでは原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態を指します。
Q「コールオプション」において「アウトオブザマネー」とは、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をいう。
A×

コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーといいます。逆に、プットオプションでは原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態を指します。
Q「アットザマネー」とは、コールオプションプットオプションともに原資産と権利行使の価格が同一の状態をいう。
A

コールオプション、プットオプション共に、原資産の価格が権利行使価格と同じ状態をアットザマネーといいます。アットザマネーでは権利行使を行った場合の損益がゼロとなります。
Q「プットオプション」において、「アウトオブザマネー」とは原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をいう。
A

コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーといいます。逆に、プットオプションでは原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態を指します。
Q「プットオプション」において、「インザマネー」とは原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をいう。
A

コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーといいます。逆に、プットオプションでは原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態を指します。
Q権利行使により原資産を購入または売却する価格を権利行使価格といい、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトの発生の有無を判断する基準価格である。
A

権利行使価格とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であり、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトの発生の有無を判断する基準価格となります。
Q権利行使時点の原資産価格を判定価格といい、権利行使価格と比較し、ペイアウトの有無を判断するための価格をいう。
A

判定価格とは、権利行使時点の原資産価格であり、権利行使価格と比較し、ペイアウトの有無を判断するための価格のことを指します。
Qバイナリーオプションにおいて、あらかじめ定められた権利行使条件を満たし、権利行使が行われた結果、オプションの売り手が買い手にあらかじめ定めた金銭を支払うことを「ペイアウト」といい、支払われる額をペイアウト額という。
A

ペイアウトとは、バイナリーオプションにおいて、あらかじめ定められた権利行使条件を満たし、権利行使が行われた結果、オプションの売り手が買い手にあらかじめ定めた金銭を支払うことをいいます。また、その際、売り手から買い手に支払われる金額のことをペイアウト額といいます。
Q店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動きアットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合、途中で権利行使価格を追加することがある。ただし、権利行使価格が追加された場合でも取引価格が権利行使価格の追加の影響を受けることはなく、それまで利用した権利行使価格で引き続き取引を行うことができる。
A

店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合には、途中で権利行使価格を追加することがあります。ただし、権利行使価格が追加された場合であっても、それまで利用した権利行使価格は引き続き取引を行い、またその取引価格が、権利行使価格の追加の影響を受けることはありません。
Qバイナリーオプション取引においては、判定価格が重要であり、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引を取り扱う場合は、自社が決定する判定価格についてミスや作為的な操作が行われていないか自ら点検するほか、第三者の提供するレートデータを用いる場合でも、データに誤りがないか点検することを求められている。
A

バイナリーオプション取引では、判定価格が重要です。個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引を取り扱う場合には、自社が決定する判定価格について、ミスや作為的な操作が行われていないか自ら点検するほか、第三者の提供するレートデータを用いる場合でも、データに誤りがないか点検しています。
Q一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者および登録金融機関が個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引を取り扱う場合、業者は顧客との間で行われた全取引の損益結果をまとめ自社のホームページにてその情報を公開する必要がある。顧客が取引開始前あるいは取引を行っている間いつでも、その情報を確認し冷静な判断のもとに取引できるようバイナリーオプション提供業者は努めなければいけない。
A

店頭通貨バイナリーオプション取引については、顧客との間で行われた全取引の損益結果をまとめ、自社のホームページにおいて情報を公開し、顧客が取引開始前、あるいは取引を行っている間いつでも、その情報を確認し、冷静な判断の下にお取引いただけるための、様々な環境整備に努めています。
Q個人投資者の通貨関連店頭オプション取引の利益は全て非課税である。
A×

個人投資者の場合、FX取引と同じく、通貨関連店頭オプション取引の利益も課税対象となります。
Q個人投資者の通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができる。
A

日本国内で取引を行った個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FX取引や有価証券関連店頭オプション取引の損益と通算することができます。
Q特別の取り決めがない限り、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフはできない。
A

特別の取り決めがなされる場合を除き、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフを行うことはできません。
Qオプションの買い手は、権利行使をしなくても、オプションの売り手にオプション料を支払うことが必要である。
A

オプションの買い手は、権利行使をしなくても、オプションの売り手にオプション料を支払わなければなりません。なお、権利を放棄した場合には、オプションの売り手との間での原資産の売買は成立しません。
Qオプションの買い手は、権利を放棄できる。放棄した場合には、オプションの売り手との間での原資産の売買は成立しない。
A

オプションの買い手は、権利行使をしなくても、オプションの売り手にオプション料を支払わなければなりません。なお、権利を放棄した場合には、オプションの売り手との間での原資産の売買は成立しません。
Qオプションの売り手は、買い手が権利行使した場合に限り、買い手からオプション料を受け取ることが可能である。
A×

オプションの売り手は、買い手が権利行使を放棄した場合でも、買い手からオプション料を受け取ることができます。ただし、買い手が権利を行使した場合には、必ずその決済に応じなければなりません。
Qオプションの売り手は、買い手が権利を行使した場合には、その決済に応じる必要がある。
A

オプションの売り手は、買い手が権利行使を放棄した場合でも、買い手からオプション料を受け取ることができます。ただし、買い手が権利を行使した場合には、必ずその決済に応じなければなりません。
Qオプションのレバレッジ効果により、買い手はオプション料の数倍の利益が得られる可能性があるが損失はオプション料に限られ、逆に売り手は利益がオプション料に限られるが損失はオプション料の数倍となる可能性がある。
A

オプションのレバレッジ効果により、買い手はオプション料に比べ数倍の利益が得られる可能性がありますが損失はオプション料に限られます。一方、売り手は利益がオプション料に限られますが、損失はオプション料の数倍となる可能性があります。
Qプレーンオプションの買い手は、必ず権利行使するので、原資産価格が無限大となる場合、損失額も利益額も無限大となる。
A×

プレーンオプションとは、プット(売り)やコール(買い)の取引を行う基本的なオプションのことを指します。プレーンオプションの買い手は、自分にとって不利なときには権利を放棄することができるため、最大損失額はオプション料に限られます。一方で、利益額は原資産価格と権利行使価格の差からオプション料を引いた額となるため、原資産価格が無限大となれば、利益も無限大となります。
Qプレーンオプションの売り手は、自分に不利なときには、オプション料を受け取らず、買い手による権利行使を拒否することができるので、売り手は損失することがない。
A×

プレーンオプションの売り手は、利益額はオプション料に限定される一方で、原資産価格と権利行使価格の差が損失となるため、原資産価格が無限大となれば、その損失額も無限大となります。
Q権利行使期限が到来すると、権利行使が行われないオプションは消滅するため、所有するオプションは価値がなくなる。
A

権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅するため価値がなくなりますが、売り手が受け取ったオプション料はそのまま売り手のものとなります。
Q権利行使期限が到来すると、権利行使が行われないオプションは消滅し、売り手が受け取ったオプション料は買い手に戻される。
A×

権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅するため価値がなくなりますが、売り手が受け取ったオプション料はそのまま売り手のものとなります。
Q一般的なバイナリーオプションの損益について、買い手の最大損失額はオプション料(購入代金)となり、売り手の最大損失額はペイアウト額からオプション料(購入代金)を差し引いた額となる。
A

バイナリーオプションの買い手の最大損失額はオプション料であり、売り手の最大損失額はペイアウト額からオプション料を差し引いた額となります。
Q一般的なオプション投資の考え方として、権利行使により利益が得られる確率を踏まえれば、オプション価格が安いものが必ず有利とはいえない。
A

オプション価格が高いものはインザマネーになる確率が高いため、一概にオプション価格が安いものが有利とはいえません。
Qバイナリーオプションは、売り手の損失が限定されており、プレーンオプションと比較すると、ローリスクハイリターンな取引といえる。
A×

バイナリーオプションおよびプレーンオプションにおいて、売り手の利益額はオプション料に限定される一方、原資産価格と権利行使価格の差が損失となるので、原資産価格が無限大とすれば、その損失額も無限大となります。
Qバイナリーオプションは損失が限定的であるが、投資者自身の資産などを踏まえ、過度の投機的な取引とならないよう、節度ある取引を心がける必要がある。
A

取引期間・取引期限の間隔・投資者自身の資産などを踏まえ、過度の投機的な取引とならぬよう、節度ある取引を心がける必要があります。
Q一般的なバイナリーオプション取引の性質として、ペイアウトを受け取る確率が50%、もし投資額に対するペイアウトの倍率が2倍を下回ったら、期待収益率は1倍を下回り、予測回収額は投資額を下回る。
A

【「ペイアウトを受け取る確率」×「投資額に対するペイアウトの倍率」=「期待収益率」】です。 ペイアウトを受け取る確率が50%、投資額に対するペイアウトの倍率が2倍を下回る場合では期待収益率が1倍を下回るため、予測回収額は投資額を下回ることになります。
QバイナリーオプションとFX取引を同一の資金で投資した場合、バイナリーオプションは損失額に上限があるためリスクが低く、リターンが大きいので有利といえる。
A×

投資者に不利な方向に動いた場合には、バイナリーオプションが投資額を全額失うのに比べ、FXは投資額の一部が残る場合があるので、一概にバイナリーオプションが有利とはいえません。
Q店頭バイナリーオプションの金融商品としての内容は、取扱金融商品取引業者により異なる場合がある。
A

店頭バイナリーオプションの金融商品としての内容は、取扱金融商品取引業者によって異なります。そのため、たとえ同一条件の店頭バイナリーオプションであっても、その価格は取扱金融商品取引業者により異なる場合があります。
Q同一条件の店頭バイナリーオプションの価格は、取扱金融商品取引業者により価格が異なる可能性がある。
A

店頭バイナリーオプションの金融商品としての内容は、取扱金融商品取引業者によって異なります。そのため、たとえ同一条件の店頭バイナリーオプションであっても、その価格は取扱金融商品取引業者により異なる場合があります。
Q店頭通貨オプションの価格は、外国為替市場のように常にオプションの価格を提示している市場を参照できる。
A×

店頭通貨オプションの価格は、複数の要素に基づく計算値であり、基本的には相対取引で価格は決定されます。外国為替市場のように常にオプションの価格を提示している市場を参照することはできません。
Q買値と売値の価格の差(スプレッド)は変化するが、一般的にオプションの残存期間がスプレッドに影響を与えない。
A×

一般的にバイナリーオプションでは、スプレッドはオプション期限が近付くと、広がる傾向があります。
Q店頭バイナリーオプション取引の場合、金融商品取引業者等が破たんすると、オプションの条件がインザマネーになっていたとしても権利行使ができない可能性がある。
A

店頭バイナリーオプション取引の場合、金融商品取引業者等が破たんすると、オプションの条件がインザマネーになっていたとしても権利行使が行えない可能性があります。
Qオプションの価格の構成要素として、原資産の価格の他、原資産の価格変動率、権利行使期限までの時間、金利等が主に挙げられる。
A

オプションの価格を構成する要素には、原資産の価格、原資産の価格変動率、権利行使期限までの時間、ボラティリティ、金利などがあり、これらの変化の影響を受けることで価格が変動します。
Qコールオプション、プットオプションともに、原資産の金利が高くなると、オプションの価格は下がる。
A×

オプションの理論価格計算には金利が用いられます。コールオプションの価格は原資産の金利が高くなると上がりますが、プットオプションの価格は、原資産の金利が高くなると下がります。
Q権利行使期限においてのみ権利行使が可能なヨーロピアンタイプと、権利行使期間中いつでも権利行使が可能なアメリカンタイプのオプションにおいて、権利行使価格・権利行使期間がいずれも同一の場合、一般的にアメリカンタイプの方がオプション価格は高い。
A

権利行使期限においてのみ権利行使が可能なヨーロピアンタイプと、権利行使期間中いつでも権利行使が可能なアメリカンタイプのオプションにおいて、権利行使価格・権利行使期間がいずれも同一の場合では、権利行使のタイミングを自由に選択できるアメリカンタイプの方が一般的にオプション価格は高くなります。
Q一般的にコールオプションの場合では、原資産価格が下落すると、オプションの価格は高くなる。
A×

一般的に原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると本源的価値も高くなるため、オプションの価格は高くなります。一方で、原資産を売る権利(プットオプション)の場合は、原資産価格が下落すると本源的価値も低くなるため、オプションの価格は低くなります。
Q一般的にプットオプションの場合では、原資産価格が下落すると、オプションの価格は高くなる。
A

一般的に原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると本源的価値も高くなるため、オプションの価格は高くなります。一方で、原資産を売る権利(プットオプション)の場合は、原資産価格が下落すると本源的価値も低くなるため、オプションの価格は低くなります。
Q一般的にアウトオブザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなる。
A

一般的にアウトオブザマネーのオプションでは原資産価格が権利行使価格から離れるほど、権利行使される確率が低くなるため、オプション価格も低くなります。一方で、インザマネーのオプションでは原資産価格が権利行使価格から離れるほど、権利行使される確率が高くなるため、オプション価格は高くなります。
Q一般的にインザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなる。
A×

一般的にアウトオブザマネーのオプションでは原資産価格が権利行使価格から離れるほど、権利行使される確率が低くなるため、オプション価格も低くなります。一方で、インザマネーのオプションでは原資産価格が権利行使価格から離れるほど、権利行使される確率が高くなるため、オプション価格は高くなります。
Q一般的にボラティリティが上昇すると、コール・プットともにオプション価格は上昇する。
A

ボラティリティとは原資産の価格変動率のことを指します。ボラティリティが上昇すれば権利行使される確率も高くなるため、コールオプション・プットオプションのいずれもオプションの価格は高くなります。
Q一般的に原資産の予測される価格変動率が高いほど、オプションの価格は高くなる。
A

一般的に原資産の予測される原資産の価格変動率(ボラティリティ)が高いほど、権利行使される確率も高くなるため、オプションの価格は高くなります。
Q一般的に権利行使期限までの残り時間が短くなるほど、オプションの価格は高くなる。
A×

一般的に権利行使期限までの残り時間が短くなるほど、権利行使される確率も低くなるため、オプションの価格は低くなります。
Qオプションの価格は本源的価値と時間的価値を足した値である。
A

オプション価格は本源的価値に時間的価値を加えた値です。例えば、原資産価格200円、権利行使価格150円、オプション価格95円のときのコールオプションの本源的価値と時間的価値として、それぞれ本源的価値=50円、時間的価値=45円となります。
Q原資産価格200円、権利行使価格150円、オプション価格95円のときのコールオプションの本源的価値は50円、時間的価値は45円である。
A

オプション価格は本源的価値に時間的価値を加えた値です。例えば、原資産価格200円、権利行使価格150円、オプション価格95円のときのコールオプションの本源的価値と時間的価値として、それぞれ本源的価値=50円、時間的価値=45円となります。
Qオプション価格を構成する時間的価値は、オプションの残存期間から逆算した、権利行使期限における期待値であり、本源的価値がゼロであっても時間的価値はプラスとなる。
A

時間的価値とは、オプションの残存期間から逆算した、権利行使期限時点における利益見込みの期待値です。オプションの時間的価値は権利行使期限までの残り時間が長くなるほど増加していくため、オプションの価格も高くなります。一方で、権利行使期限までの残り時間が短くなるほど時間的価値が低下していくため、オプションの価格も低くなります。
Qオプション価格を構成する時間的価値は、オプションの権利行使期限が近づくほど増加する。
A×

時間的価値とは、オプションの残存期間から逆算した、権利行使期限時点における利益見込みの期待値です。オプションの時間的価値は権利行使期限までの残り時間が長くなるほど増加していくため、オプションの価格も高くなります。一方で、権利行使期限までの残り時間が短くなるほど時間的価値が低下していくため、オプションの価格も低くなります。
Qバイナリーオプションの価格がペイアウト額を上回ることは基本的にない。
A

一般的にバイナリーオプションの価格がペイアウト額を上回ることはありません。
Qインザマネーのバイナリーオプションの価格がペイアウト額を上回ることは基本的にない。
A

一般的にバイナリーオプションの価格がペイアウト額を上回ることはありません。
Qバイナリーオプションの場合、プレーンオプション(単純なプットやコールの取引を行う基本的なオプション)とは異なり、インザマネーのときには、残存期間が長くなるほど、オプション価格は低くなる。
A

プレーンオプション(単純なプットやコールの取引を行う基本的なオプション)とは異なり、バイナリーオプションの場合は一般的に、インザマネーのときには残存期間が長くなるほど原資産の価格変動により権利行使ができない可能性も高くなるため、オプション価格は低くなります。
Q権利行使価格が同じプレーンオプション(単純なプットやコールの取引を行う基本的なオプション)とバイナリーオプションの価格について、一般的にはバイナリーオプションの価格は、ペイアウト額が固定されるので、プレーンオプションの価格と比べて低くなる。
A×

権利行使価格が同じプレーンオプション(単純なプットやコールの取引を行う基本的なオプション)とバイナリーオプションの価格について、一般的にバイナリーオプションの価格はペイアウト額が固定されるため、プレーンオプションの価格と比べて高くなります。
Qアウトオブザマネーの場合、基本的にペイアウトを受け取る確率はインザマネーの場合よりも低いため、オプションの価格も低い。
A

アウトオブザマネーの場合、基本的にペイアウトを受け取る確率はインザマネーの場合よりも低いため、オプションの価格も低くなります。一方で、インザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が高いため、アウトオブザマネーよりもオプションの価格が高くなります。
Qインザマネーの場合、基本的にペイアウトを受け取る確率はアウトオブザマネーの場合よりも高いため、バイナリーオプションよりもオプションの価格も高い。
A

アウトオブザマネーの場合、基本的にペイアウトを受け取る確率はインザマネーの場合よりも低いため、オプションの価格も低くなります。一方で、インザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が高いため、アウトオブザマネーよりもオプションの価格が高くなります。
Q権利行使期限が近づくほど、インザマネーのバイナリーオプションの価格は、ペイアウトの金額に近づく。
A

権利行使期限が近づくほど、時間的価値がなくなるため、インザマネーのバイナリーオプションの価格はペイアウトの金額に近づきます。一方でアウトオブザマネーのバイナリーオプションの価格はゼロに近づきます。
Q権利行使期限が近づくほど、アウトオブザマネーのバイナリーオプションの価格はペイアウトの金額に近づく。
A×

権利行使期限が近づくほど、時間的価値がなくなるため、インザマネーのバイナリーオプションの価格はペイアウトの金額に近づきます。一方でアウトオブザマネーのバイナリーオプションの価格はゼロに近づきます。
Qバイナリーオプションの価格は、原資産価格の変化の影響を受けるとともに、権利行使期限までの残り時間によっても影響を受ける。
A

バイナリーオプションの価格は、原資産価格の変化の影響を受けるとともに、権利行使期限までの残り時間によっても影響を受けることとなります。
Qインプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティのことを指す。
A

オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルとインプライドの2種類のボラティリティがあります。インプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティです。一方、ヒストリカルボラティリティとは、原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティです。
Qヒストリカルボラティリティとは、原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティのことを指す。
A

オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルとインプライドの2種類のボラティリティがあります。インプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティです。一方、ヒストリカルボラティリティとは、原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティです。
Qデルタとは、原資産価格の変化に対するオプション価値の変動割合を指す。
A

デルタとは、原資産価格の変化に対してオプションの価値がどの程度変動するかを示しています。デルタが高い場合は原資産価格の変動によりオプションの価格が大きく変動する可能性が高いことになります。
Qオプションの価格を形成する要素には原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利があるが、権利行使価格以外の要素は常に変動し、これに伴ってオプションの価格も変化する。したがってオプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション価格の変化の関係を理解する必要がある。
A

オプションの価格を形成する要素として原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利などがあります。権利行使価格以外の要素は常に変動し、これに伴ってオプションの価格も変化していきます。したがってオプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション価格の変化の関係を理解する必要があります。
Qオプションの価格を形成する要素には原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利があるが、権利行使期限までの期間が短いオプションの場合は、権利行使期限まで一定であるので、オプション取引のリスクを管理するときには、特に考慮する必要はない。
A×

オプションの価格を形成する要素として原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利などがあります。権利行使価格以外の要素は常に変動し、これに伴ってオプションの価格も変化していきます。したがってオプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション価格の変化の関係を理解する必要があります。
Qオプション価格を算出する際の理論式として、ブラック・ショールズ・モデルが広く用いられている。
A

オプション価格を算出する際の理論式として、ブラック・ショールズ・モデルが広く用いられています。バイナリーオプションも同様に、理論価格算出にもブラック・ショールズ・モデルを応用した計算モデルが広く用いられています。
Qバイナリーオプションの理論価格算出には、ブラック・ショールズ・モデルを応用した計算モデルが広く用いられている。
A

オプション価格を算出する際の理論式として、ブラック・ショールズ・モデルが広く用いられています。バイナリーオプションも同様に、理論価格算出にもブラック・ショールズ・モデルを応用した計算モデルが広く用いられています。

FX専用口座+バイナリーオプション口座

最速ルートで口座開設!

文字サイズ

FX口座をお持ちでない方

店頭通貨バイナリーオプション取引のリスクと費用等について

店頭通貨バイナリーオプション取引にかかるリスク

当社の取扱う店頭通貨バイナリーオプションは満期時(判定時刻)に権利が自動行使されるヨーロピアンタイプのオプション取引です。取引対象である通貨の価格変動が予測通りとなった場合には利益が得られることもある反面、予想が外れ権利が消滅した場合、支払ったオプションの購入金額を全額失うこととなります。また、オプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)があり売却時に損失を被る可能性があります。

店頭通貨バイナリーオプション取引にかかる費用等

店頭通貨バイナリーオプション取引の取引手数料は無料です。

オプションの購入価格について

1枚あたりの最大購入価格は999円です。