好評につき完売しました

楽天モバイル債(新発債)

楽天モバイル債のポイント
~楽天モバイル債が選ばれる理由はコレだ!~

1.安定した利息収入

利率が確定しているため、年に2回決まった金額の利息を受け取ることができます。

例:ご購入金額100万円、償還まで保有した場合

2.銀行預金よりも高い金利水準

償還までの期間が同じ3年の商品で比較を行いました。

利回りは償還まで保有した場合のものです。
債券投資が、定期等の預貯金と同一の商品性を持つものではないことを予めご確認ください。

*1

  • 国の発行する債券です。固定3年は、原則、毎月発行しております。
  • 発行後1年経過すれば、中途換金可能です。
    第2期利子支払日(発行から1年経過)以後であれば、いつでも中途換金可能です。
    (直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685の中途換金調整額が差し引かれます。)

*2

  • 大手銀行定期預金の利率は各金融期間によって異なります。また、その他条件も各金融機関によって異なる場合があります。
  • 金利は税引前の年利率を表示しております。
  • 預金保険の対象として、同保険の範囲内で保護されます。(預金のみ対象)

関連セミナーのご案内

募集要項(販売条件)

正式名称 楽天グループ株式会社第21回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
愛称 楽天モバイル債
期間 3年
格付け※ A(JCR)
当社販売期間 2022年5月30日(月)0:00~2022年6月10日(金)14:30
利率(年率) 0.72%(税引前)0.573732%(税引後)
利払日 毎年6月13日および12月13日(年2回)【初回利払日:2022年12月13日】
発行日(受渡日) 2022年6月13日(月)
償還日 2025年6月13日(金)
発行価格 額面100円につき100円
買付単位 50万円以上、50万円単位
  • 格付けは予告なく変更される場合があります。
  • 購入申し込み時点であらかじめ買付代金相当額のご入金が必要です。

楽天証券に口座をお持ちの個人のお客様のみご購入いただけます。
楽天証券に口座をお持ちでないお客様は、口座開設のお申込みをおこなっていただき、口座を開設後にお申込みください。

 ご注意事項

  • 楽天モバイル債とは愛称であり、本債券の発行体は楽天グループ株式会社です。
  • 本債券をご購入いただく場合には、購入対価のみお支払いいただきます。
  • 本債券は個人のお客様のみご購入をいただけます。
  • 本債券の買付単位は50万円以上50万円単位となります。
  • 当該債券の利回りは償還まで保有した場合のものであり、償還前に売却する場合は時価での売却となるため、利回りが保証されるものではありません。
  • 本債券の価格は市場金利の変動等により上下します。そのため、償還前に売却する場合には、損失が生じることがあります。
  • ご購入にあたっては取扱金融商品取引業者よりお渡しする契約締結前交付書面および目論見書をよくお読みいただき、購入をご検討ください。
  • 販売額には限りがありますので、売り切れの際はご容赦ください。
  • 債券投資は、金利の変動等による債券価格の下落や発行体の信用状況の悪化およびそれらに関する外部評価の変化などにより損失を被ることがあります。
  • 債券投資が、定期等の預貯金と同一の商品性を持つものではないことを予めご確認ください。
  • 本債券には、社債間限定同順位特約が付いております。
    無担保社債には、元利金や償還金を支払うための担保は元々設定されていません。「社債間限定同順位特約」とは、発行者が、当該社債の所有者の元利金や償還金を受取る権利を保護するために、当該社債以外の社債に対して担保を自由に設定しない約束をし、担保を設定する場合には、当該社債にも同等の担保を設定することを指します。(同じ発行体が発行した複数の無担保社債間において、不利が生じないように付ける特約のこと)
  • 本キャンペーンは、楽天モバイル株式会社が提供する通信サービスへのお申し込みに対するキャンペーンであり、本ページに掲載されている金融商品とは無関係に行われるものです。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

国内債券の取引にかかるリスク

国内債券の取引にかかるリスク

債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。

国内債券の取引にかかる費用

国内債券を、楽天証券との相対取引によって購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。