新NISAを始めるには

楽天証券でつみたてNISA口座をお持ちの方

はじめて

NISA口座開設の申し込み

のりかえ

金融機関変更の申し込み

つみたてNISAを利用している方がスムーズに新NISAへ移行するための完全ガイドです。
バージョンアップした新NISAで資産形成を続けましょう!
なお、現在楽天証券でNISA口座をお持ちのお客様は手続きなしで自動的に新NISAの口座が開設され、シームレスの取引が継続できます。

目次

折りたたむ

新NISAとは?現行NISAからの主な3つの変更ポイント

2024年からの新NISA制度は、投資上限金額や非課税期間などが大きく拡充されます。

(変更1)NISAが一本化 つみたて投資枠成長投資枠 投資枠は併用可能

(変更2)投資額の拡充 年間投資枠 最大360万円 非課税保有限度額(生涯投資枠):1,800万円

(変更3)非課税保有期間 無期限 口座開設期間:いつでも可能    2023年中に開設すれば、手続きなしで自動継続

NISAが一本化 現行のNISA 2024年1月以降の新NISA

要チェック!

新NISAの非課税保有限度額(1,800万円)は「枠の再利用が可能」です。
新NISAで購入した商品を売却すると、その商品の購入時の金額分の枠は翌年復活します(簿価残高方式での管理)。
新NISA非課税枠の再利用の詳細はこちら

新NISAの制度詳細

2024年以降の新NISA

新NISAへの制度移行のポイント

新NISAは現行NISAとは「別の口座」です

現行のつみたてNISA・一般NISAの残高は、2024年からの新NISAの非課税保有限度額(1,800万円)には含まれません。

楽天証券 総合口座

現行NISAの口座があれば新NISAの口座は自動で開設されます

楽天証券で現行のNISA(つみたてNISA・一般NISA)を利用しているお客様は、追加のお手続きなしで新NISA口座が開設されます。
また、現行NISA(つみたてNISA・一般NISA)の積立設定は、新NISAにも引き継がれます(新NISAで対象外の銘柄は除く)。

2023年現行NISA [つみたてNISA 一般NISA]→自動開設 2024年新NISA

現在つみたてNISAで保有している銘柄はどうなる?

現在つみたてNISAで保有している銘柄は、現行のつみたてNISAのまま新NISAとは別に管理されます。

現行のつみたてNISAで購入した商品は購入年から20年間非課税期間が継続します。例えば2023年に購入した株式や投資信託は2042年まで非課税で運用できます。
非課税期間が終了すると課税口座に払い出されます。その場合の取得単価は、非課税期間最終日の基準価額になります。

非課税期間(最長20年)非課税期間中に売却しない場合は課税口座に払い戻し

新NISAの対象商品

つみたて投資枠

積立投資のみ

対象商品は、つみたてNISAと同じ

銘柄選びに迷ったら「らくらく投資」!

9つの質問に答えるだけで
始められる

成長投資枠

積立投資・スポット購入どちらも利用可能

対象商品は、一般NISAと類似
(新NISAでは投資信託の一部が対象外)

楽天証券なら少額から株式に投資できる!

国内株式も米国株式も
少額で買える

  • 1 新規公開株式(IPO)/公募増資・売出(PO)、立会外分売、かぶミニ®(単元未満株)、かぶツミ®も対象。整理・監理ポスト指定銘柄は対象外。
  • 2 米国株式、米株積立、中国株式、アセアン株式、海外ETFが対象
  • 3 毎月分配型やヘッジ目的以外でデリバティブが組み込まれた投資信託、信託期間20年に満たない銘柄、外貨建てMMFは対象外

新NISAも楽天証券がおトク

楽天証券のNISAなら、投信積立時も、残高が貯まったときも、ダブルでポイントが貯まります。
さらに貯まったポイントは楽天市場でのショッピングのほか、投資の購入代金に充当できるので、投資額がどんどん増えていきます。

【新NISA対応】新制度つみたて投資枠の積立限度額の月10万円に対応 / 新制度つみたて投資枠に手続きなしで適用予定
楽天カードクレジット決済で積立額の0.5%~1%をポイント進呈(進呈率は積立銘柄やご利用のカードの種類によって変わります。)
楽天キャッシュ決済で積立額の0.5%をポイント還元(対象銘柄にかかわらず楽天カードからのチャージで)
【楽天ポイントで投資ができる!ポイント投資】もらった楽天ポイント(通常ポイント)は 1ポイント=1円で、株式や投資信託などの購入代金に充てられます。
さらにSPUで楽天市場のポイントが最大+1倍
残高ポイントプログラム/対象商品の残高に応じて、ポイントをプレゼント!
資産形成ポイント/基準残高を達成するとポイントをプレゼント!(残高ポイントプログラムの対象ファンドを除く)

つみたてNISAでの保有銘柄・2023年の取引について

現行つみたてNISAの年内(2023年)の取引はいつまで?

NISAの非課税投資枠はすべて「受渡日」基準で管理されています。
2023年のNISA口座の非課税投資枠が利用できる取引は、受渡日が年内に到来する買付注文が対象です。注文日や約定日が2023年でも、受渡日が年をまたぐ場合は、2024年の新NISAの非課税投資枠が適用されます。

年末間際のお取引は注意が必要です。

投資信託の「購入・売却履歴」例

NISA枠は「受渡日」が基準です

投資信託の注文から約定、受渡までの流れ(イメージ)

注文日→約定日→受渡日

iSPEEDやMARKET SPEEDなどのアプリはバージョンアップが必要

MARKET SPEED IIはアプリの起動時に自動でバージョンアップがおこなわれます。
その他のアプリケーションは手動でのバージョンアップが必要です。
新バージョンのリリース時期は決まり次第、各種お知らせなどでご案内いたします。

はじめて

NISA口座開設の申し込み

のりかえ

金融機関変更の申し込み

NISAに関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる