お取引 操作ガイド

投信積立(積立購入)

1投資信託を積立設定する

積立購入する投資信託が決まったら積立設定をしましょう。投信積立は100円から設定でき、引落方法はポイント還元のある楽天カードクレジット決済、楽天キャッシュ(電子マネー)も選べます。
初回の積立設定が完了すると、定期的に自動で積立購入されます。

楽天カードクレジット決済・楽天キャッシュでの投信積立でポイント還元

投信積立は、楽天カードを利用した楽天カードクレジット決済・楽天キャッシュ(電子マネー)がおトクです。楽天カードをお持ちでない方は、楽天カードを用意しましょう。

楽天カードをつくる

楽天キャッシュ(電子マネー)での投信積立の詳細を見る

楽天カードクレジット決済での投信積立の詳細を見る

楽天ポイントを利用するには

ポイントの利用設定をすると、積立購入時に楽天ポイントが利用できます。ポイントの利用設定は積立設定の画面からも可能です。

  • ポイント利用設定はファンドごとの設定ではなく、引落方法に「楽天キャッシュ」、「楽天カードクレジット決済」、「証券口座」を指定している積立注文に対して、月初から順にポイントが利用されます。

ポイント投資すればSPUで楽天市場のお買い物ポイントが最大+1倍

楽天証券のポイント投資(投資信託・米国株式)はSPU(スーパーポイントアップ)の対象です。SPUを利用する場合、楽天ポイントコースとマネーブリッジの設定をしましょう。設定状況は「ポイント設定・SPU」で確認できます。

「SPU」の詳細を見る

2入金する
  • 投信積立の引落方法で「証券口座」を選んだ場合

引落方法で証券口座を選んだ場合、入金締切日(積立指定日の前営業日)までに積立購入に必要な金額を証券口座に入金しましょう。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

3積立設定を変更・解除する

積立指定日や金額を変更したい場合は、積立設定を変更できます。変更ができない項目を変更したい場合、積立設定を一度解除し、新たに積立設定をおこなってください。
また、積立購入を停止したい場合は積立設定を解除しましょう。

ご注意:引落方法、分配金コースは変更できません。また、つみたて投資枠の場合は口座区分を変更できません。

投資信託のスポット購入

1入金する

あらかじめ、購入に必要な金額を証券口座に入金しましょう。

ご注意:投資信託のスポット購入では、楽天カードや楽天キャッシュなどの電子決済は利用できません。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

2投資信託をスポット購入する

投資信託のスポット購入は、100円から、お好みのタイミングで注文できます。
スポット購入では、つみたて投資枠の利用はできませんが、対象の投資信託なら成長投資枠を利用できます。また、注文時に楽天ポイントが利用可能です。

ポイント投資すればSPUで楽天市場のお買い物ポイントが最大+1倍

楽天証券のポイント投資(投資信託・米国株式)はSPU(スーパーポイントアップ)の対象です。SPUを利用する場合、楽天ポイントコースとマネーブリッジの設定をしましょう。設定状況は「ポイント設定・SPU」で確認できます。

「SPU」の詳細を見る

3注文の確認・取消をする

投資信託の「購入・売却履歴」で注文状況の確認・取消ができます。

  • 投資信託の注文締切時間(営業日の15時)まで注文取消が可能です。一部の投資信託は注文締切時間が異なりますので、各ファンド詳細画面にてご確認ください。

投資信託の運用状況の確認

運用状況を確認する

購入方法にかかわらず、約定日(取引の成立日)の翌日から「保有商品一覧」で、購入した投資信託の評価額や評価損益(率)を確認できます。

  • 「約定日」は、投資信託の購入や売却の取引が成立する日です。約定にかかる日数は投資信託によって異なり、投資信託の投資先が国内の場合は注文日と約定日が同日であることが多く、投資先が海外の場合は翌営業日以降が約定日となります。

分配金・トータルリターンを確認するには

受け取った分配金は「配当・分配金」で確認できます。
トータルリターン」では、初回購入から追加購入・一部売却・分配金の受取りをすべて反映した合計損益(評価額)を確認できます。

トータルリターンの詳細を見る

投資信託の売却

1投資信託を売却する

保有している投資信託を売却したい場合は「保有商品一覧」から売却注文を出しましょう。

2注文の確認・取消をする

投資信託の「購入・売却履歴」で注文状況の確認・注文の取消しができます。

  • 投資信託の注文締切時間(営業日の15時)まで注文取消が可能です。一部の投資信託は注文締切時間が異なりますので、各ファンド詳細画面にてご確認ください。

投資信託の定期売却

投資信託を定期売却設定する

保有している投資信託に定期売却の設定をすれば、毎月自動的に指定日に売却代金を受取ることができます。設定方法は金額指定、定率指定、期間指定の3パターンあります。

定期売却サービスの詳細を見る

現物取引・かぶミニ®(1株単位〜)

1入金する

あらかじめ、購入に必要な金額を証券口座に入金します。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

2買い注文する

購入する株式が決まったら買い注文をしましょう。国内株式の個別銘柄は、通常の現物取引では100株単位での購入となりますが、かぶミニ®の対象銘柄であれば1株から購入できます。どちらも成長投資枠を利用できます。

スマホアプリ「iSPEED」や、現物取引ならPC用トレーディングツール「マーケットスピード II」でも取引できます。

楽天ポイントを利用するには

事前にポイントの利用設定をすると、注文時に楽天ポイントが利用できます。現物取引・かぶミニ®の注文画面からはポイント利用設定ができないため、事前に設定しましょう。

  • ポイント利用設定は銘柄ごとの設定ではなく、国内株式注文に対して月初から順にポイント利用されます。
3注文の確認・取消をする

国内株式(現物取引・かぶミニ®)の注文は、注文状況の確認・訂正・取消ができます。
注文が約定(成立)した後は、訂正・取消できませんのでご注意ください。

かぶツミ®(積立購入)

1かぶツミ®を積立設定する

積立購入する銘柄が決まったら、積立設定をしましょう。成長投資枠を利用できます。
初回の積立設定が完了すると、定期的に自動で積立購入されます。

楽天ポイントを利用するには

ポイントの利用設定をすると、積立購入時に楽天ポイントが利用できます。ポイントの利用設定は積立設定の画面からも可能です。

  • ポイント利用設定は銘柄ごとの設定ではなく、国内株式注文に対して月初から順にポイント利用されます。
2入金する

入金締切日までに、あらかじめ積立購入に必要な金額を証券口座に入金します。

ご注意:株式は投資信託と違い、法規制等によりクレジットカードや楽天キャッシュなどの電子決済が利用できません。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

3積立設定を変更・解除する

積立指定日や金額を変更したい場合は、積立設定を変更できます。変更ができない項目を変更したい場合、積立設定を一度解除し、新たに積立設定をおこなってください。
また、積立購入を停止したい場合は積立設定を解除しましょう。

ご注意:買付方法(金額指定・株数指定)、口座区分は変更できません。

国内株式の運用状況の確認

運用状況を確認する

購入方法にかかわらず、約定日(取引の成立日)の翌々営業日から「保有商品一覧」で、購入した国内株式の評価額や評価損益(率)を確認できます。
受け取った配当金は「配当・分配金」で確認できます。

国内株式の売却

1売り注文する

保有している国内株式を売却したい場合は、売り注文を出しましょう。

2注文の確認・取消をする

国内株式(現物取引・かぶミニ®)の注文は、注文状況の確認・訂正・取消ができます。
注文が約定(成立)した後は、訂正・取消できませんのでご注意ください。

現物取引(1株単位~)

1入金する

あらかじめ、購入に必要な金額を証券口座に入金します。米国株式は円または米ドルで購入できますが、米ドルを利用したい場合は、円を入金して楽天証券内で為替取引をしましょう。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

2買い注文する

購入する株式が決まったら買い注文をしましょう。米国株式は1株単位で取引でき、成長投資枠を利用できます。また、円貨決済の場合は注文時に楽天ポイントが利用可能です。
スマホアプリ「iSPEED」やPC用トレーディングツール「マーケットスピード II」でも取引できます。

ポイント投資すればSPUで楽天市場のお買い物ポイントが最大+1倍

楽天証券のポイント投資(米国株式・投資信託)はSPU(スーパーポイントアップ)の対象です。SPUを利用する場合、楽天ポイントコースとマネーブリッジの設定をしましょう。設定状況は「ポイント設定・SPU」で確認できます。

「SPU」の詳細を見る

3注文の確認・取消をする

米国株式注文は、注文状況の確認・訂正・取消ができます。
注文が約定(成立)した後は、訂正・取消できませんのでご注意ください。

米株積立(積立購入)

1米株を積立設定する

積立購入する銘柄が決まったら、決済方法や積立指定日、積立条件を選択し、積立設定をしましょう。
初回の積立設定が完了すると、定期的に自動で積立購入されます。

ポイント投資するには

ポイントの利用設定をすると、積立購入時(円貨決済)に楽天ポイントが利用できます。ポイント利用設定は積立設定の画面からも設定可能です。

  • ポイント利用設定は銘柄ごとの設定ではなく、円貨決済での米国株式注文に対して月初から順にポイントが利用されます。

ポイント投資すればSPUで楽天市場のお買い物ポイントが最大+1倍

楽天証券のポイント投資(米国株式・投資信託)はSPU(スーパーポイントアップ)の対象です。SPUを利用する場合、楽天ポイントコースとマネーブリッジの設定をしましょう。設定状況は「ポイント設定・SPU」で確認できます。

「SPU」の詳細を見る

2入金する

入金締切日までに、あらかじめ積立購入に必要な金額を証券口座に入金します。米国株式は円または米ドルで購入できますが、米ドルを利用したい場合は、円を入金して楽天証券内で為替取引をしましょう。

ご注意:株式は投資信託と違い、法規制等によりクレジットカードや楽天キャッシュなどの電子決済が利用できません。

楽天銀行と口座連携(マネーブリッジ)すると自動入出金(スイープ)が利用できて便利です。

自動入出金(スイープ)の詳細を見る

3積立設定を変更・解除する

積立指定日や金額を変更したい場合は、積立設定を変更できます。変更ができない項目を変更したい場合、積立設定を一度解除し、新たに積立設定をおこなってください。
また、積立購入を停止したい場合は積立設定を解除しましょう。

ご注意:決済方法(円貨・外貨)、買付方法(金額指定・株数指定)、口座区分は変更できません。

米国株式の運用状況の確認

運用状況を確認する

購入方法にかかわらず、約定日(取引の成立日)の翌々営業日から「保有商品一覧」で、購入した米国株式の評価額や評価損益(率)を確認できます。
受け取った配当金は「配当・分配金」で確認できます。

  • 当社の約定日は売買注文の成立を当社が最終確認した日です。最終確認は米国市場終了後におこないます。ただし当日が日本市場の休業日にあたる場合は、その後の直近の営業日を約定日とします。

米国株式の売却

1売り注文する

保有している米国株式を売却したい場合は、売り注文を出しましょう。

2注文の確認・取消をする

米国株式注文は、注文状況の確認・訂正・取消ができます。
注文が約定(成立)した後は、訂正・取消できませんのでご注意ください。

NISAのお申込み

NISAを始めるなら今がおすすめ!

NISAに関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる