楽天証券

ジュニアNISA(ニーサ)

こんな方におすすめ

お子様、お孫様の資金づくりのためにジュニアNISA 年80万円の非課税投資枠で5年間

ジュニアNISA(ジュニアニーサ)とは、2016年4月から取引が開始した未成年のお子様のための「少額投資非課税制度」です。ジュニアNISA口座で投資すると、そこで得た利益や、配当金・分配金にかかる税金が0%(非課税)になります。

楽天証券でジュニアNISAを始めよう

ジュニアNISA口座お申込み

目次

折りたたむ

ジュニアNISAとは

0~19歳の未成年が対象

日本に住む0~19歳の未成年者が使える制度です。

運用利益が非課税

上場株式や投資信託などの利益にかかる税金が非課税になります。

非課税枠は最大400万円

年間80万円×5年間=最大400万円の投資枠が、非課税になります。

親権者等が代理運用

親・祖父母等が拠出した資金で親権者等が子どものために代理して運用します。

18歳まで払出し不可

ジュニアNISA口座へ入金後は、18歳まで原則として払出しできません。

ご注意

途中で払い出す場合は、過去の利益に対して課税されます。ジュニアNISA制度は、子どもの進学や就職等の「将来に向けた長期投資」を目的に創設された側面もあるため、「払出し制限」を設けることで、着実な資産形成を促すことが期待されています。

そのため、3月31日時点で18歳である年の、前年の12月末(高校3年生の12月末)までジュニアNISA口座(課税口座・非課税口座ともに)原則として払出しできません。

途中で払出す場合は、全部解約(ジュニアNISA口座の廃止)のみ可能であり、ジュニアNISA口座で受け取った過去の利益に対してさかのぼって全て課税されることになります。

ジュニアNISA口座で保有する上場株式や投資信託等の配当金・分配金・売却代金等は、払出し制限付きの課税口座で管理されます。払出し制限付き課税口座で、未成年総合口座で取扱う金融商品を運用することができます。

ジュニアNISAのメリット

相続税と所得税ダブルで節税が可能

110万円まで、両親や祖父母から資金を譲り受けて(暦年贈与)、その中から80万円までをジュニアNISAの口座で運用すれば、相続税と所得税のダブル節税効果が狙えます。

ジュニアNISAのデメリット

18歳まで原則として払出しができません

ジュニアNISA口座に一度入金されますと、商品を購入されなくてもジュニアNISA口座および課税ジュニアNISA口座ともに、18歳まで原則として払出しすることができません。

楽天証券でジュニアNISAを始めよう

ジュニアNISA口座お申込み

ジュニアNISAの手数料

国内株式
(国内ETF・ETN・REITを含む)

無料

投資信託

銘柄によって異なります。各銘柄の詳細ページをご確認ください。

楽天証券でジュニアNISAを始めよう

ジュニアNISA口座お申込み

楽天ジュニアNISAの魅力

対象の取り扱い商品が豊富

投資信託の取扱い本数2,390本以上
さらに 取引手数料無料(ノーロード)は約1,130本の取扱い

おトクな手数料

国内株式の売買手数料0円

ジュニアNISA5つのポイント

  1. 日本に住む0~19歳の未成年者が使える制度
  2. 上場株式や投資信託などの利益にかかる税金が非課税になります。
  3. 年間80万円の非課税投資枠が最大5年間(合計400万円)利用可能
  4. 親・祖父母等が拠出した資金で親権者等が子どものために代理して運用を行うことができます。
  5. ジュニアNISA口座は、口座開設者が18歳になるまで、原則として払出し制限があります。

ジュニアNISA制度の概要

概要
ジュニアNISA口座で購入した上場株式や投信等の配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税となります。
  • ジュニアNISA口座で上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配当金受取方法で「株式数比例配分方式(楽天証券の預り金に入金する)」を選択する必要があります。
対象者
天証券の総合取引口座をお持ちの方
  • ジュニアNISA口座を開設なさる年の1月1日時点で19歳以下の方
  • 対象年の1月2日以降に満20歳になられた方は、その年の10月1日以降に翌年のNISA口座の申込および開設を行えます。
非課税投資枠
年間の累積購入代金80万円まで
  • その年に使用しなかった非課税投資枠を翌年に繰り越せません。
  • 新規投資額が対象となるため、現在保有している株式や投資信託をジュニアNISA口座に移すことはできません。
対象商品
国内株式(現物取引)、投資信託
投資可能期間
毎年1月1日~12月31日(受渡日ベース)
非課税となる期間
投資をはじめた年を含めて5年後の12月末まで(受渡日ベース)
注意点
  • ジュニアNISA口座は複数の金融機関で開設することはできません。一人につき1口座のみ開設することができます。
  • 万一、複数の金融機関に重複してジュニアNISA口座の開設手続きをなさると、以下の恐れがあります。
    - ジュニアNISA口座開設に大幅に時間がかかる
    - ご希望の金融機関が選択できない
  • くれぐれも、NISA口座開設のお手続きは1社のみで行っていただきますようお願い申し上げます。
  • ジュニアNISA口座の廃止は、非課税口座廃止届出書等のご提出が必要となります。カスタマーサービスセンターでご連絡ください。
  • 証券総合口座を解約された場合、出国し非居住者となった場合、または死亡した場合、ジュニアNISA口座が廃止されます。
  • 出国し非居住者となった場合、死亡した場合につきましては、出国日または死亡日がジュニアNISA口座の廃止日とみなされます。
  • なお、廃止日以降に配当金等が発生した場合は、遡及して課税されることになります。

楽天証券でジュニアNISAを始めよう

ジュニアNISA口座お申込み

ジュニアNISAのお申込み

わからないことはお気軽に
NISA専用ダイヤルへ

携帯・PHS、050から始まるIP電話からのご利用
(通話料有料)

03-6739-3400

固定電話からは(通話料無料)
0120-106-298

受付時間:平日8時~18時(土日祝・年末年始を除く)

Rakuten FC BARCELONA MAIN GLOBAL PARTNER