ストップ高・ストップ安の売買

ストップ高・ストップ安の売買では"比例配分"で証券会社ごとに株が配分されます。

ストップ高・ストップ安とは

成行注文を、全て約定することができなくなった状態

「制限値幅の例」を表示

前日終値に基づき株価が一日に変動する値幅が一定の範囲内になるように制限値幅が決められています。(上表)
前日の終値が500円の場合は制限値幅が100円なので、600円で「ストップ高」、400円で「ストップ安」となります。
通常、終値を決める売買は板寄せ方式で行われますが、売り買いどちらかの成行注文などが大量に発注されてストップ値段になっている時は、「成行注文がすべて約定すること」という条件を満たさなければならない板寄せで終値をつけることができなくても、「比例配分(ストップ配分ともいう)」という方法で売買を成立させていきます。

ストップ配分が成立する条件

比例配分のルール(証券会社への配分方法)

注文数量の多い証券会社から少ない証券会社の順番で1単位ずつ配分する

(例)ストップ買い気配で終了、買い数量が33,000株、売り数量が8,000株の場合

  1. 買い数量の多いA証券からE証券まで1,000株ずつ割当…合計5,000株
  2. 8,000株から1の5,000株を差し引くと残り3,000株。A証券からC証券まで1,000株ずつ割当…3,000株

表は横にスクロールします

  A証券 B証券 C証券 D証券 E証券 合計
買い数量の内訳 15,000株 9,000株 5,000株 3,000株 1,000株 33,000株
11単位ずつ配分 1,000株 1,000株 1,000株 1,000株 1,000株 5,000株
21単位ずつ配分 1,000株 1,000株 1,000株     3,000株
割当数量 2,000株 2,000株 2,000株 1,000株 1,000株 8,000株

同時注文の場合、売買が成立する都度、数量の多い証券会社から少ない証券会社の順番で1単位ずつ配分されます

(例)株価500円で、買い数量が33,000株の場合

  1. 500円で3,000株の売買が成立すると、買い数量の多いA証券からC証券まで1,000株ずつ割当…合計3,000株
  2. 次に500円で5,000株の売買が成立すると、D証券からC証券まで1,000株ずつ割当…合計5,000株
  3. 次に500円で5,000株の売買が成立すると、D証券に割当後、E証券は買い数量がないため、次にA証券からD証券まで1,000株ずつ割当…合計5,000株

表は横にスクロールします

  A証券 B証券 C証券 D証券 E証券 合計
買い数量の内訳 15,000株 9,000株 5,000株 3,000株 1,000株 33,000株
11単位ずつ配分 1,000株 1,000株 1,000株     3,000株
21単位ずつ配分       1,000株 1,000株 5,000株
1,000株 1,000株 1,000株    
31単位ずつ配分       1,000株   5,000株
1,000株 1,000株 1,000株 1,000株  

国内株式のリスクと費用について

国内株式 トップ

口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる

楽天銀行の口座連携がお済でない方

楽天銀行と口座連携すると自動入出金(スイープ)ができるだけでなく、楽天銀行の普通預金には年0.10%(税引前)の優遇金利が適用されます。

信用口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

商品概要や手続きの質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる