Rakuten OPTIMISM

オトナの七・五・三

ランキングやYouTubeより前に「ずっと使える必要十分知識をつける」が勝ち。

日興アセットは投信のメーカーです。60年以上前に日興證券(当時)の子会社として設立されて以降、「日興」の名は付いていますが、複数の販売会社と取引のある、自分では販売しない製造特化のメーカーです。

日頃接点がない一般のお客様の「?」を知るために2020年から毎月始めたのが、少人数のネットセミナー「オトナの七・五・三」。このページではその内容を大きく2つのセクションでお伝えします。販売でなく製造に特化しているメーカーならではの、本質的で長く役に立つ知識がアタマに入り、モヤモヤしていたことがクリアになるはずと確信しています。

ただ将来を考えたいだけなのよ。株とかFXでガシガシやりたいわけじゃないのよ。 普通の人の
必要十分知識セクション

日興アセットも大きくは販売側なので警戒する人がいるかもしれませんが、少なくともいい加減な情報を出せないのが、良くも悪くも法律の元で仕事をしている私たち「メーカー」です。

このページではかねて発信してきた日興アセットの「商品より手前の大事な知識」を、2つのフォーマットでお伝えします。これ以上拡げる必要はないと確信する、とても大事で長く使える「必要十分知識」たちです。

今福@日興アセットの2人の娘とその夫に送る資産形成の黄金律

大津画伯@日興アセットの分かりやすいにも程があるイラスト投信部屋

ファンド選びの具体案から先に知りたい方はこちらから

ところで「オトナの七・五・三」って?

よく「投資は長期で」と言いますが、想定する年数はせいぜい10年。でも日興アセットは(耳ざわりが悪いのを承知で)あえて20年の“覚悟”で、と訴えています。もし30歳なら50歳、50歳なら70歳を目安とした資産形成の“覚悟”、70歳なら90歳までの資産活用の”覚悟“。だから「オトナの七・五・三」。

25歳の人や45歳の人だって同じこと。要は「20年続ける“覚悟”の、本気の投資をしましょう」ということです。プロ向けのマーケットトークを真似て「今は高すぎる」とか「いったん利益確定して」とか、0.01%のコストの違いで乗り換えに悩んだりとか―。なぜかネットにはそういう話ばかり。オタクすぎたりシニカルすぎたり、そのコピペだったり...。

嫌われそうですが、日興アセットはこういうメッセージを発信し続けています。

始めたいけど踏み出せない、始めたけど「実はよく分かってなくて...」―そんな方は是非このページをブックマークして、時々覗きに来てください。そしてよかったら来月の七・五・三セミナーにもご参加を。

投信のはじめ方・オンラインセミナー

※日興アセットのHPに遷移します。

口座開設

\申込は最短5分~!/

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる