投資を学べる情報メディア

楽天証券のアプリ

投資信託?株?最初の1本、選び方ガイド

投資信託?株?最初の1本、選び方ガイド
投資デビューでみなさんがつまづきがちなのが、「何を買えばいいかわからない…」「いくらから始めればいいのかな…」といった銘柄選び。そんなときは、ひと足先にデビューした人たちが 最初に買った銘柄や投資のデータが参考になります!まずはセンパイ達の投資スタイルをチェックしてみましょう。

みんなは何を買ってるの?

最新の"デビュー人気"の銘柄

投資デビューをしたみんなによく選ばれている、「投資信託」と「株」の銘柄を見てみましょう!

投信積立 TOP 5
  1. 1位ひふみプラス
  2. 2位<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  3. 3位ニッセイ日経225インデックスファンド
  4. 4位明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)(リート王)
  5. 5位<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

※2019年3月の積立設定人数ランキング。
※ファンドスコア3以上(3年スコア)を対象。

「投資信託」のプロはここに注目!

楽天証券経済研究所
ファンドアナリスト

篠田 尚子

篠田 尚子 の写真
長期投資を目指すなら分配回数少ないものを
3月の投信積立デビューランキングは、先進国株式、国内株式、国内債券の計3本のインデックス連動型に加えて、インデックスを上回る投資成果を目指す国内株式のアクティブ型が1位に、Jリートに投資するアクティブ型が4位にランクインしました。首位に立った「ひふみプラス」は、国内株式中心のポートフォリオで運用を行い、相対的に時価総額の小さい中小型株や、米国株式も一部組み入れます。また、4位にランクインした「明治安田J-REIT戦略ファンド」は、リスク抑制のため、市場環境に応じて適宜組み入れているJリートの配分比率を変更する点が特徴です。ただし、毎月分配型は、投資効率の観点から長期投資には向かないので注意が必要です。運用で得られた利益は新たな運用に回すのが望ましいので、長期にわたって資産形成をしたい方は、なるべく決算(分配)回数が少ないファンドを選ぶようにしましょう。
国内株式 TOP 5
  1. 1位オリックス

    最低購入金額 158,950円

  2. 2位楽天

    最低購入金額 104,800円

  3. 3位日産自動車

    最低購入金額 90,820円

  4. 4位レオパレス21

    最低購入金額 22,100円

  5. 5位みずほフィナンシャルG

    最低購入金額 17,130円

※最低購入金額は2019年3月29日の終値で計算した数字です。
※当月はじめて株式を取引したお客様の買付人数ランキング
※このランキングはあくまで参考情報で、投資を勧めるものではありません。購入にあたっては、各社の業績、最近のニュースや値動きなどを確認の上、自己責任でご判断ください。

「株式」のプロはここに注目!

楽天証券経済研究所
シニアマーケットアナリスト

土信田 雅之

土信田 雅之 の写真
「株価の上値は重たいが、押し目を拾う動きが継続」
3月の株式投資デビューランキングは、オリックス、楽天、日産自動車、レオパレス21、みずほフィナンシャルGといった銘柄が上位に並びました。ほぼ前月と同じ顔ぶれとなり、2月決算のイオンが外れた格好ですが、引き続き配当利回りや株主優待に着目した銘柄が選好された印象です。とりわけ、3月の国内株市場は、日経平均の上値が重たく、ややもみ合いの展開となりましたが、却って株価が下落する場面では「安いところを拾う」動きのチャンスと捉えられたと思われます。また、相場の方向性に欠ける動きは、短期的な材料に反応する銘柄に資金を向かわせた面もあり、株価の急落が一服したレオパレス21などについては、目先の反発を期待した買いも入った可能性があります。
5万円で買える!
デビューで人気の株ランキング
  1. 1位レオパレス21

    最低購入金額 22,100円

  2. 2位みずほフィナンシャルG

    最低購入金額 17,130円

  3. 3位ヤフー

    最低購入金額 27,100円

  4. 4位ガンホー・オンライン

    最低購入金額 40,300円

  5. 5位Nuts

    最低購入金額 15,200円

  6. 6位りそなホールディングス

    最低購入金額 47,970円

  7. 7位セブン銀行

    最低購入金額 32,700円

  8. 8位フィンテック グローバル

    最低購入金額 12,700円

  9. 9位タカラレーベン

    最低購入金額 34,400円

  10. 10位TATERU

    最低購入金額 26,700円

※最低購入金額は2019年3月29日の終値で計算した数字です。
※ETF、ETNは除いています。
※当月はじめて株式を取引したお客様の買付人数ランキング(5万円で買える銘柄限定)
※このランキングはあくまで参考情報で、投資を勧めるものではありません。購入にあたっては、各社の業績、最近のニュースや値動きなどを確認の上、自己責任でご判断ください。

ポイントを使って投資信託を買ってみよう

「投資信託」と「株」、
こんな選び方も人気です!

楽天証券セレクション

低コストインデックスファンドで投資信託に慣れてきたら、ぜひご自身でファンドを選び、複数本を組み合わせてオリジナルのポートフォリオを作ってみてください。
「2,000本以上もあって、何を参考に選べばいいか分からない…」という初心者の方のために、楽天証券が厳選したファンドをご紹介します。

株主優待

自社商品をはじめ、サービスの優遇や各種優待券など、株主優待の内容は多岐にわたり、株式取引の魅力のひとつになっています。「お得」な銘柄を見つけるためにも株主優待の動向は押さえたいポイントです。

気になる世間の投資デビュー事情

投資をはじめたい!でも、「どんな商品」を「いつ頃」「いくら」買えばいいのかわからない・・・。みんながどうやって投資をはじめているのかが気になる・・・。そんなあなたのために、楽天証券で投資デビューした方々のデータを集めてみました。ぜひ、デビューの参考にしてください。

Q.何歳で投資を始めましたか?
投資の目的は?
投資デビューの年代 / 投資の目的
Q.はじめての投資、購入した商品は?
投資デビューに人気の商品

※2018年12月のデータ

「投資信託」と「株」 どんな人に向いてるの?

「株」はこんな人に向いてます
  • 自分で運用したい
  • 好きなタイミングで売り買いしたい
  • リスクは自分で考えて見極めたい
  • 株主優待・配当金を受け取りたい

「投資信託」と「株」ってどんな流れで買うの?

投資をはじめるときに悩みがちな銘柄選びをクリアできたら、投資デビューはもう目の前!
自分の予算と相談しながら実際に「何をいくら買うか?」「注文方法」などをチェックしましょう。

  1. 自分の予算と入金の仕方をチェック!
  2. 買いたい商品と銘柄を選びましょう!
  3. 購入金額と数量を決めましょう
  4. いざ注文!

投資信託のリスクと費用について

リスクと費用等のご説明