投資を学べる情報メディア

楽天証券のアプリ

株主優待・配当金自動取得サービスについて

「株主優待・配当金自動取得サービス」とは、貸株サービスを利用中でも株主優待や配当金を自動で受け取ることができるサービスです。お客様のお好みに合わせて3つのコースから選択が可能です。

3つのコースの概要金利優先
  • 金利優先
    権利確定日も貸株を継続し貸株金利を取得します。権利確定日(1日分)の貸株金利が通常の5倍になります。配当金は、配当金相当額としてお客様の預り金に入金されます。株主優待は受け取ることができません。
  • 株主優待優先
    株主優待の権利確定日に、自動的にお客様の口座へ株式を返却し、株主優待の権利を取得します。株主優待情報がない場合は、配当金が配当金相当額としてお客様の預り金に入金されます。
  • 株主優待・予想有配優先
    株主優待や配当金の権利確定日に、自動的にお客様の口座へ株式を返却し、株主優待や配当金の権利を取得します。

目次

折りたたむ

貸株サービスと株主権利の関係について

株式を貸出すと株主の権利も貸出し先に移転します。
株式を貸出したまま権利確定日を迎えた場合、株主の権利は取得できないため、株主優待や配当金を受け取ることができなくなります。

貸株サービス利用中の株主の権利の獲得について

貸株サービスを利用中も、以下の方法で株主の権利を獲得することができます。

なお、株主の権利獲得が不要な場合(株主優待は不要な場合など)、「金利優先」に設定し、自動返却させず貸株金利を取得し続けることも可能です。

3つのコースについて

金利優先

貸株を継続し、できるだけ多くの貸株金利を受け取りたい方

詳細内容とご注意

株主優待優先

貸株しながら優待も欲しい方

詳細内容とご注意

株主優待・予想有配優先

貸株しながら優待も配当金も欲しい方

詳細内容とご注意

配当情報と自動返却のケース(株主優待情報がない場合)

表は横にスクロールします

株主優待情報がない場合での
優待情報の例
配当情報[円/株] 自動返却
次回権利確定日の
予想配当
前回の確定配当
(実績)
前々回の確定配当
(実績)
次回の
予想配当情報が
公開されている
予想配当:
出る
10円 予想配当情報が
公開されている場合は、
過去2回の確定配当情報(実績)は
参照しません。
自動返却
される
予想配当:
出ない
0円 自動返却
されない
次回の
予想配当情報が
未定である
過去2回において、
配当が出た実績がある
未定 4円 4.5円 自動返却
される
0円 5円
過去2回において、
配当が出た実績がない
0円 0円 自動返却
されない
過去の確定配当情報が
ない
情報なし 情報なし 自動返却
される

株主優待・配当金自動取得サービスの表示ステータスについて

株主優待・配当金自動取得サービスの各コースについて、表示ステータスと金利付与のタイミングは以下のとおりです。

金利優先

表は横にスクロールします

(例)7月の場合 7月25日 7月26日 7月29日 7月30日 7月31日 8月1日
- - 権利付最終売買日 権利落ち日 権利確定日 効力発生日
以降
ステータス表示 貸株中 貸株中 貸株中 貸株中 貸株中 貸株中
貸株金利

株主優待優先、株主優待・予想有配優先

表は横にスクロールします

(例)7月の場合 7月25日 7月26日 7月29日 7月30日 7月31日 8月1日
- - 権利付最終売買日 権利落ち日 権利確定日 効力発生日
以降
ステータス表示 貸株中 貸株中 強制振替中 強制振替中 強制振替中 貸株中
貸株金利 ×

配当金と配当金相当額の違いについて

配当金相当額とは

株式を貸出している間に配当金の受け取りが発生した場合、配当金に代わって支払われるものです。

表は横にスクロールします

税区分 受取方法 株式等の
譲渡損との通算
配当控除 支払日
配当金 配当所得 3通りのいずれか
できる 対象 各企業が定める
支払日
配当金
相当額
雑所得または
事業所得
証券口座へ入金 できない 対象外 上記支払日から
起算しておおよそ
5営業日後

ご利用方法

既に「貸株サービス」をご利用中のお客様

貸出しコースの変更は、以下よりお手続きください。

「国内株式」→「貸株」→「貸株各種設定」から保有銘柄一括でのコース変更が可能です。
また、「貸株一覧」からも個別銘柄毎にコース変更が可能です。

「貸株サービス」の利用をご希望のお客様

この機会に申込みをご検討ください!貸株サービスの利用申込はオンラインで完結し、サービス利用料もかかりません。

貸株サービスご利用にあたってのご注意

株主優待・配当金の情報について

株主優待の情報

配当金の情報

その他

3つのコースについて

各コース共通

「金利優先」

「株主優待優先」

「株主優待・予想有配優先」

その他

配当金相当額について

国内株式のリスクと費用について

国内株式 トップ