投資を学べる情報メディア

楽天証券のアプリ

4月4日より自動入金の対象に米国株式追加!楽天銀行にお金を預けたまま、買付注文が可能に

2021年4月5日

お客様のご要望にお応えして、2021年4月4日(日)※1より、楽天銀行との連携サービス、マネーブリッジ「自動入金(スイープ)」の対象商品に米国株式を追加いたしました。
マネーブリッジ「自動入出金(スイープ)」を設定している場合、事前に資金を証券口座に入金をすることなく、注文時に自動的に楽天銀行口座の資金を買付代金に充当することができます。

自動入金(スイープ)とは楽天証券の預り金と楽天銀行の利用可能額の合計金額を注文時の買付可能額として利用できるサービスです。対象商品の注文時に楽天証券の買付可能額を超えた場合に、楽天銀行口座から充当額を自動的に即時入金いたします。今回のリリースにより、2021年4月4日(日)以降の米国株式(米国ETF含む)の買付注文時※2に楽天銀行の利用可能額を買付可能額としてご利用いただけるようになりました※3

マネーブリッジサービスの詳細はこちら
自動入金(スイープ)の詳細はこちら

米国株式の買付注文を発注する場合(円貨決済)

米国株式の円貨決済での買付注文を発注する際に、総合口座に預り金が足りない場合は、楽天銀行口座の資金が買付代金に充当されます。

表は横にスクロールします

チャネル PCウェブ iSPEED マーケットスピード
米国株式買付注文時の自動スイープ対応 ✖※

円貨決済で執行条件を期間指定で買付注文をする場合、日次で為替レートの見直しを実施し、予想受渡代金の再計算を行います。再計算の結果により追加資金が必要となった場合は、予想受渡代金の不足分が自動的に楽天銀行口座から充当されます。

ご注意

自動入金(スイープ)サービスのシステムメンテナンス中の時間帯は、買付可能額に楽天銀行利用可能額は含まれません。詳細はこちら
「外貨決済」で、特定口座(源泉徴収あり)を選択し、かつ譲渡益が発生している場合は、円のお預かり金から、譲渡益税が源泉徴収されます。譲渡益税の徴収による不足金が発生した場合、自動入金(スイープ)を設定していても自動振替されませんのでご注意ください。

「米国株式自動スイープ対応」記念キャンペーン!

米国株式お役立ちコンテンツ

ご利用方法

「自動入金(スイープ)」をご利用いただくには、マネーブリッジの設定(無料)が必要となります。設定が完了した時点で自動入金(スイープ)がご利用いただけます。なお、毎営業日午後5時までにマネーブリッジを設定された場合、原則当日中(午後7時以降)に自動入出金(スイープ)の設定が完了いたします。

楽天銀行口座をお持ちの方

すでにマネーブリッジをご登録されている方

自動入出金(スイープ)に関するよくあるご質問

よくあるご質問はこちら

ご注意事項

外国株式のリスクと費用について

口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる