(4)先物OP/海外先物チャート

日経225先物、日経225ミニ、東証マザーズ指数先物、日経225オプション、TOPIX先物および海外先物のヒストリカル及びリアルタイムチャート情報を表示します。(※海外先物取引銘柄のリアルタイムチャート情報は申込みが必要です。それ以外のお客様は10分遅れとなります。)

大阪取引所では、16:30のナイト・セッションの開始時から翌営業日の日中取引の終了時15:15までを「取引日」としているため、日経225先物、日経225ミニ、東証マザーズ指数先物、日経225オプションのチャート上に表示されている時間は、以下の【例】のようになります。

【例】 2013年10月10日取引日 → 2013年10月9日16:30 から 2013年10月10日15:15 まで

「O:始値(Open)」: 2013年10月9日16:30の取引開始後、最初に約定値段がついた時間
「H:高値(High)」: 2013年10月9日16:30 から 2013年10月10日15:15 までの間の高値
「L:安値(Low)」: 2013年10月9日16:30 から 2013年10月10日15:15 までの間の安値
「C:終値(Close)」: 2013年10月10日15:15の取引終了までの間に、最後に約定値段がついた時間

情報内容

情報種類 情報内容
チャート情報 欄外情報
ティック リアルタイム自動更新 リアルタイム自動更新
分足 リアルタイム自動更新 リアルタイム自動更新
日・週・月足 ヒストリカル リアルタイム自動更新

海外先物取引銘柄のリアルタイム配信は海外先物口座開設後、申込みが必要です。
それ以外のお客様は、10分遅れの表示となり、期先チャートはNY金以外表示されません

画面イメージ

対象銘柄/市場

日経225先物
国内の金融商品取引所に上場されている全銘柄及び CME,SGXに上場されている期近・(直近)期先
日経225ミニ
国内の金融商品取引所に上場されている全銘柄
日経225オプション
国内の金融商品取引所に上場されている全銘柄
東証マザーズ指数先物
国内の金融商品取引所に上場されている全銘柄
TOPIX先物
国内の金融商品取引所に上場されている全銘柄
海外先物
弊社の海外先物取引で取り扱っている全銘柄

情報種類

国内
ティック,1分足,2分足,3分足,4分足,5分足,10分足,15分足,30分足,60分足,日足,週足,月足
海外
ティック,1分足,2分足,3分足,4分足,5分足,日足,週足,月足

チャート種類

ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート

出力期間

1期間指定なしの場合
日足 : 直近100日,週足 : 直近100週,月足 : 直近100ケ月
2期間指定の場合
指定した期間(YYYYMMDD)のチャートを表示します。但し、最大指定期間は下記の通りです。

尚、期間ボタンの押下により指定した期間を初期値に戻すことができます。

日足 : 最大300日,週足 : 最大300週,月足 : 最大300ケ月

期間(From)のみ指定した場合 → 指定した期間より100本を表示します。
期間(To)のみ指定した場合 → 指定した期間の直近100本を表示します。

チャート欄外表示データ

指定銘柄のリアルタイム株価情報を表示します。

1テクニカルチャートの表示方法

対象チャート

銘柄 情報種類 テクニカルチャート種類
日経225先物
日経225ミニ
東証マザーズ指数先物
TOPIX先物
分足 ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/MACD/VWAP/ATR/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/一目均衡表/平均足
日足
週足
月足
ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/MACD/ボリュームレシオ1・2/移動平均乖離線/強弱レシオ/ATR/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/逆ウォッチ曲線/新値足/ポイントアンドフィギュア/価格帯別出来高/一目均衡表/平均足
日経225オプション 分足 ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/VWAP/ATR/MACD/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/一目均衡表/インプライドボラティリティ/デルタ/平均足
日足 ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/MACD/ボリュームレシオ1・2/移動平均乖離線/強弱レシオ/ATR/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/逆ウォッチ曲線/新値足/ポイントアンドフィギュア/価格帯別出来高/一目均衡表/インプライドボラティリティ/デルタ/平均足
海外先物 分足 ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/MACD/ATR/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/一目均衡表/平均足
日足
週足
月足
ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/MACD/ボリュームレシオ1・2/移動平均乖離線/強弱レシオ/ATR/ボリンジャー・バンド/パラボリック(ロング・ショート)/逆ウォッチ曲線/新値足/ポイントアンドフィギュア/価格帯別出来高/一目均衡表/平均足

チャート表示方法

  • テクニカルポップメニュー
    • aチャート上にて『右クリック』を行って下さい。
    • bポップアップメニュー(左図)が表示されますので、表示したいテクニカル指標を選択して下さい。
    • cテクニカルチャートが表示されます。
2各種チャートの色設定
「2.環境設定の方法」-「(5)チャート2の環境設定」を参照して下さい。
3ポップアップウィンドウの表示方法
「環境設定-チャート1」にて、ポップアップ『価格・出来高情報』をチェックされている場合は、ローソク足上に"マウスポインタ"を合わせた際に"4本値","出来高","移動平均"が表示されます。
4グリッド線の表示方法
「環境設定-チャート1」にて、グリッド『垂直線』または『水平線』をチェックされている場合は、チャート上に"グリッド線"が表示されます。
5分足出来高の表示方法
「環境設定-チャート1」にて、ティック・分足チャート『分足出来高』をチェックされている場合は、ティック・分足チャート上に"分足出来高"が表示されます。
MarketSPEED ver6.1以前では、レイアウト登録ボタン押下後は、分足出来高の表示・非表示の設定はザラバ情報5へのみ有効となります。
6前日終値線の表示方法
「環境設定-チャート1」にて、ティック・分足チャート『前日終値線』をチェックされている場合は、ティック・分足チャート上に"前日終値線"が表示されます。
7ティック・分足チャートの複数日数表示方法
「環境設定-チャート1」にて、『画面表示日数』及び『データ取得日数』を選択して下さい。『画面表示日数』は、ティック・分足チャートの表示日数(1日~5日)、『データ取得日数』は、ティック・分足データのサーバ側から取得する日数(1日~5日)となります。尚、『データ取得日数』より大きい『画面表示日数』は指定できませんのでご注意下さい。
8限月区切線の表示方法
「環境設定-チャート1」にて、表示設定『限月区切線表示』をチェックされている場合は、日足・週足・月足チャートに限月区切線を表示いたします。尚、限月区切線は、指数先物が限月交代となった箇所に表示します。
9当日・当週・当月分のチャート表示方法
「環境設定-チャート1」にて、表示設定『当日・当週・当月分のチャート表示』をチェックされている場合は、日足チャートには当日分のローソク足,週足チャートには週初から当日までのローソク足,月足チャートには月初から当日までのローソク足を表示します。
10チャート拡大・縮小機能
チャート画面右上の『拡大ボタン』または『縮小ボタン』を選択し、チャート上の拡大・縮小したい箇所をクリックして下さい。チャートを拡大または縮小表示します(最大9段階まで)。
11多層チャート機能の使い方
多層チャート機能を利用することにより、あらかじめ登録した画面レイアウト及びチャート種類にて即座にチャートを表示することができます。

レイアウト登録ボタン 及び 画面切替ボタン

登録・切替ボタン

  1. 『レイアウト登録』ボタンの押下により、『MarketSpeed - 多層チャート設定画面』が起動されます。

    多層チャート設定画面

    多層チャート設定画面

  2. 登録したい画面番号(1~10のボタン)を選択し、画面名(登録名)を入力して下さい。但し、画面名の登録は、任意となっております。
  3. 画面レイアウトに表示されている12パターンより、レイアウトを選択して下さい。画面の分割数に応じ、情報種類にてチャート種類を選択することができます。
  4. 『OK』ボタンの押下により『多層チャート設定画面』は終了し、登録が完了します。
12拡大チャート表示移動機能
ティック・分足チャートにて、チャート拡大ボタン(ボタン)または縮小ボタン(ボタン)を押下した際、ティック・分足チャートの下段に "全体表示チャート" が表示され、上段画面に表示しているチャート位置をマークアップ表示いたします。また、上段画面に表示しているチャート位置を移動する場合は、チャート移動ボタン(ボタン ボタン)を押下して下さい。
13十字カーソル機能
チャート画面右上の 『十字カーソルボタンボタン』 を押下して下さい。マウスポインタをチャート上に移動させた際、チャート上に十字カーソルが表示され、十字カーソル位置の「4本値・出来高」をチャート欄外に表示いたします。
14凡例の表示/非表示機能

画面右側の上部にあるボタンボタンをクリックすると凡例部分の表示をOFFにできます。同様にボタンボタンをクリックすると凡例部分が表示されます。

海外先物取引の投資情報に関する注意事項

海外マーケットでは、出来高が少ない場合、4本値(始値、高値、安値、終値)に実際約定した価格ではなく、気配値が配信されます。これを踏まえ、当社の海外先物取引のCMEグループ(CME、CBOT、NYMEX、COMEX)上場の銘柄では、始値、終値は実際約定した価格を採用し、高値、安値は取引所から配信された値を採用しております。そのため、約定のつかない営業日では、始値、終値の表示はなく、高値、安値のみ気配値が表示されるというケースが存在します。その場合、時系列情報が欠落する、ローソク足の一部が崩れるように見えることがございますが、上記の理由による現象でございますので、恐れ入りますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

操作説明編

活用編

フル板編

よくあるお問い合わせ