(3)追証・不足金

追証・不足金発生時の必要入金額合計をご確認いただけます。追証・不足金が発生していない場合は、「状況」欄については、デフォルトで請求中になっているため、何も表示されません。なお、本機能は、信用口座を開設されたお客様のみご利用いただけます。

画面イメージ

追証、若しくは不足金が発生すると下記の図のように請求中の追証等が表示されます。

  • 1「状況」欄のデフォルトは、「すべて」が設定されています。
  • 2入金必要合計額が表示されています。この金額をご入金いただくと、発生している追証、及び不足金はすべて解消いたします。
    (追証の場合は、ご入金後に保証金現金/証拠金現金への振替え、または保護預りから信用代用への振替えが必要です。)
  • 35の欄が表示されていなければ、追証、不足金は発生していません。(1)の「状況」欄の選択項目から「解消済」を選ぶと、2013年1月以降に解消した履歴をご確認いただけます。
  • 3追証、不足金が解消すると(3)の「状況」欄は、「請求中」から「解消済」になります。
    入金期限までに、ご入金(追証の場合は、建玉返済額の20%を追証の解消に充てることができます)いただけない場合は、当社は、全建玉の決済、あるいは、代用有価証券を、当社の任意でお客様の計算により処分することがございます。

    なお、ご入金いただけない場合、建玉決済手数料、および代用有価証券の売却手数料はオペレーター料金が適用されます。その場合、上記画像のように請求中欄が赤くなり、注文がすべて約定した日の夕方メンテナンス後、赤く「解消済」と表示されます。

  • 4ご入金いただくと、「解消額」欄に金額が反映されます。(3)の未解消額が減額になり、結果として(2)の必要現金合計が減少します。追証の場合は、ご入金後に保証金現金/証拠金現金への振替え、または保護預りから信用代用への振替えが必要です。信用取引の場合、建玉返済をすることで返済額の20%を追証解消に充当することが可能です。
    解消必要建玉金額は、信用建玉の返済で追証を解消するために必要な建玉金額です。返済必要建玉金額が表示されている場合は、建玉返済で追証が解消できます。なお、保証金率が20%を回復したとしても、差入保証金が30万円を下回っている場合には、30万円を回復するまでのご入金等が必要です。
  • 5履歴ボタンを押すと請求履歴と決済履歴を確認することができます。
    入金期限までにご入金いただけない場合は、決済履歴が表示され反対売買の履歴を確認することができます。

追証が発生した場合については、解消するまで新規のお取引に制限がかかります。

操作説明編

活用編

フル板編

よくあるお問い合わせ