(3) 証拠金シミュレーション

国内株式「総合-証拠金シミュ-ション」にて提供(画面下段)している項目『当社証拠金所要額』では、同画面(上段)の追加ボタンの押下により、シミュレーションとして仮想保有した場合の必要証拠金額を計算いたします。この計算式は、Chicago Mercantile Exchange(CME)が開発した証拠金計算方法(Standard Portfolio Analysis of Risk(SPAN))を基に、当社で定めております。

画面イメージ

1. シミュレーションの効果

先物・オプション取引を行う際、最終的に証拠金額がいくら必要なのかを把握する必要があります。特に売り買いを含めた複合取引の場合には、ポジションの枚数等にも影響を与えるため、事前の把握は欠かせません。必要な証拠金額を把握していないために思わぬリスクが発生することがあるためです。証拠金シミュレーションでは、そのようなリスクを事前に防ぐことが可能となります。

2. 証拠金シミュレーションの特徴

証拠金シミュレーションでは、当社の証拠金計算式に則した形式で、シミュレーションを行うことができます。当社の独自ルールとして、『先物両建て証拠金』がございます。これは、先物取引において、日経平均の動きに連動しないポジションであっても、一定の証拠金を維持していただく金額を指します。

3. 証拠金計算式

当社証拠金所要額の算出に必要な項目と詳細を以下に示します。

取引所証拠金額
取引所証拠金額が以下の計算式により算出することができます。
取引所証拠金額=SPAN証拠金(SPANリスクの合計値)-ネット・オプション価値総額
SPAN証拠金額
SPAN証拠金額は、理論上相殺できる損失額を差し引き、相場の上げ下げ等によりポートフォリオ全体で損失する可能性のある金額を指します。その金額は取引所より提示され、定期的に見直しされます。
※シミュレーション画面のSPAN証拠金額は前営業日時点のものです。当日のSPAN証拠金額はシステムメンテナンス後(概ね18時頃)に更新されます。
ネット・オプション価値総額
ネット・オプション価値総額は、オプションが権利行使された場合等に生じるリスクをカバーするために考慮するもので、買いオプションの価値の総額から、売りオプションの価値の総額を差し引くことによって求めます。
当社証拠金所要額

当社証拠金所要額は、以下2つの計算式のうち、少ない金額を使用いたします。

  • a(SPAN証拠金額×1.2-ネット・オプション価値総額)+先物両建て証拠金
  • b(SPAN証拠金額-ネット・オプション価値総額)×1.2+先物両建て証拠金

4. 証拠金シミュレーションの使用方法

a数量の入力
銘柄、限月、(C/P、行使価格(オプション取引の場合))、取引、枚数を入力し、『追加』ボタンを押下ください。新たにレコードが表示されます。また、画面下段の『当社証拠金所要額』に金額が表示されます。
bロング・ショートの数量表示
先物・オプションのポジションを表示することができます。例えば、ロング(買建)ポジションを取った場合は、『ロング』欄にポジションを取った枚数が表示されます。その後ショート(売建)ポジションを取った場合は、『ショート』欄にポジションを取った枚数が表示されます。この時、当社証拠金所要額は、ネッティング(ロング、ショートを勘案)した金額を表示いたします。
c取引欄の活用
取引欄は、仮装売買を連続的に行う際に有効な項目です。例えば、先物を新規で2枚買建した場合、上記の説明(Ⅱ)のように『ロング』欄は2と表示されます。その後、同銘柄を1枚返済する場合は、『取引』欄の『転売』を選択することによって可能となります。『追加』ボタン押下後、『ロング』欄には、2から1に変わります。
※建玉反映ボタンを押すことで、保有の建玉を表示させることができます。
d削除
レコードは銘柄別に表示されます。表示されたレコードが不必要な場合は、『削除』ボタンの押下により、レコードを削除することができます。

5. その他用語解説

以下に証拠金シミュレーションで使用している用語を解説いたします。

コンポジットデルタ(δ) 当該銘柄の各シナリオにおける理論価格から計算したデルタ・ウェイトで加重平均した数値をいい、取引所が算出・配信するものをいう。
※デルタ・ウェイト 各シナリオの発生確率で、取引所の定める数値をいう。SPANパラメーターの1つ。
デルタ(δ)スケーリング係数 1単位の取引規模の差異を調整するための数値をいう。SPANパラメーターの1つ。
スキャンリスク 銘柄ごとに16通りのシミュレーションを行い、当該商品グループごとのポジション予想最大損失をいう。
限月間スプレッド割増額 各限月取引の価格変動の差により生じるリスクをカバーするために計算する割増額をいう。
※ネット・デルタ(δ) 先物取引のネット・デルタにオプション取引のネット・デルタの合計値を加減することにより算出。各銘柄のネット・デルタは、ネット・ポジションの絶対値にコンポジットデルタを乗じ、更に当該商品のデルタ・スケーリング係数を乗じることにより得る。
1ネットデルタ当たりの限月間スプレッド割増額 限月間スプレッド・リスクの過去の変動に基づき定めるSPANパラメーター。
最終決済証拠金額 固定値0(ゼロ)
株券オプション取引の場合のみ使用する項目のため、固定値0とする。
商品間スプレッド割引額 固定値0(ゼロ)
弊社の場合、商品グループが1つしかないため、固定値0とする。
ショートポジション数量 ショートポジションをサマリーした数。
売りオプション1単位あたりの最低証拠金額 取引所または清算機関が決定するSPANパラメーター。
日経225買オプション価値の総額 ロングポジション数量×ポートフォリオ調整済み清算値段×1000
ロングポジション数量 ロングポジションをサマリーした数。
日経225売オプション価値の総額 ショートポジション数量×ポートフォリオ調整済清算値段×1000

操作説明編

活用編

フル板編

よくあるお問い合わせ