DPOについて

DPOとは「Detrended Price Oscillator」の略称になります。文字通りトレンドを排除したオシレーター指標で、レート推移から長期のトレンドに起因する動きを排除することで、より短期の動きを明確に捉えることを目的としています。

■初期設定
期間…20

なおDPOの各種設定については【表示・環境設定】の「チャート」、もしくは描画されたDPOをクリックすることでも行なえます。

描画方法・基本的な見方

描画方法

チャート画面上部の【テクニカル選択】をクリックし、オシレーター系のDPOをクリックしてください。またはチャート画面上で右クリックをし、【テクニカル】からDPOを選択することでも可能です。

描画方法

基本的な見方

短期のレート変動によって形成されるピーク、ボトムを推測します。計算式【終値-((N/2)+1)日前のN日移動平均線】からわかるようにN日前の移動平均との乖離を表しているため、高値圏、安値圏での逆張りが基本的な戦略となります。
[1]DPOが売られ過ぎ水準(安値圏)に下落した場合→買い
[2]DPOが買われ過ぎ水準(高値圏)に上昇した場合→売り
※ ご注意
この「基本的な見方」は一般的なチャートの見方を解説したものです。この解説どおりに投資判断をしたとしても、必ず利益が上がることを保証するものではありません。投資に当たっては、お客様ご自身の判断でお願いいたします。

基本的な見方
楽天証券
©Rakuten Securities,Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会