動画で振り返る!
ファンドアワード結果発表

最優秀ファンド・優秀ファンドのご紹介


国内株式部門

国内株式市場は、米国を中心に世界経済が緩やかに成長するなか、景気減速懸念や米中貿易摩擦問題に対する懸念から一時的に軟調な局面もありましたが、世界的な金融緩和策に支えられ、おおむね堅調に推移しました。「国内株式」分類平均インデックスのトータルリターンの上昇率は、過去3年間で22.95%、直近1年間で18.91%でした。また、多くのアクティブファンドがインデックスファンドを上回りました。
投票の結果、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」が最優秀賞に選出されました。


海外株式部門

海外株式の中でも、とりわけ先進国の株式市場は、好調に推移した米国株式市場に引っ張られる形で、3年間を通して概ね右肩上がりの上昇となりました。トータルリターンだけを見ると、分類平均インデックス上回ったアクティブファンドもありましたが、リターン獲得のために取ったリスクも考慮すると、インデックスファンドの方がより効率的に分類平均を上回りました。なお、「先進国株式(広域)- 為替ヘッジ無し」分類平均インデックスのトータルリターンの上昇率は、過去3年間で27.77%、直近1年間で25.60%でした。
投票の結果、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が最優秀賞に選出されました。


国内債券部門

国内債券市場は、世界的な金融緩和策を背景に、債券利回りが低下傾向となったことから、債券価格が上昇しました。「国内債券」分類平均インデックスのトータルリターンの上昇率は、過去3年間で1.58%、過去1年間で1.14%となりました。また、運用コストが低いインデックスファンドが総じて効率的な成績を収めました。
投票の結果、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」が最優秀賞に選出されました。


海外債券部門

海外債券市場は、2018年後半以降、主要先進国の債券利回りが低下傾向となったことから、債券価格が上昇し、成績が向上したファンドが目立ちました。この結果、「先進国債券(広域・高格付)-為替ヘッジ無し」分類平均インデックスのトータルリターンの上昇率は、過去3年間で4.19%、過去1年間で4.93%となりました。運用コストが低いインデックスファンドが総じて効率的な成績を収めました。
投票の結果、「たわらノーロード 先進国債券」が最優秀賞に選出されました。


国内不動産(リート)部門

国内リート市場は、世界的な低金利環境を背景に、株価は高止まり、債券利回りは低下するなかで、相対的に投資魅力度の高い市場と評価され、大きく上昇しました。「国内REIT」分類平均インデックスの上昇率は、過去3年間で27.89%、過去1年間で24.72%となりました。運用コストを抑えたインデックスファンドだけでなく、運用方針に特徴のあるアクティブファンドも良好な成績を収めました。
投票の結果、「野村インデックスファンド・J-REIT」が最優秀賞に選出されました。


海外不動産(リート)部門

海外リート市場は、世界的な低金利環境を背景に、成績が向上したファンドが目立ちました。この結果、「海外REIT(含む北米)-為替ヘッジ無し」分類平均インデックスの上昇率は、過去3年間で17.48%、過去1年間で20.88%となりました。運用コストを抑えたインデックスファンドだけでなく、運用方針に特徴のあるアクティブファンドも良好な成績を収めました。
投票の結果、「たわらノーロード 先進国リート」が最優秀賞に選出されました。


バランス(固定配分)部門

過去3年間を振り返ると、途中、市場変動が高まった局面があったのの、終わってみれば株式、債券、リートなど多くの市場が上昇しました。固定配分のバランス型ファンドにおいては、効率的なリターンを獲得した国内リートや国内債券の組み入れ比率が高いファンドや為替ヘッジにより為替変動リスクを抑えたファンドが効率的なリターンを上げました。
投票の結果、「世界8資産ファンド 安定コース」が最優秀賞に選出されました。


バランス(可変配分)部門

複数の資産を組入れたバランス型ファンドの中でも、機動的に資産配分を変動させる可変型は、不安定な市場環境における舵取りの巧みさが明暗を分けました。特に、下落局面をいち早く察知し、基準価額の下落を回避できたファンドほど、高い投資効率を残しました。この結果、運用資産を「大きく増やす」ことよりも、「減らさない」ことに主眼を置いて運用を行うタイプのファンド3本が選出されました。
投票の結果、「投資のソムリエ」が最優秀賞に選出されました。

選考プロセス

優秀ファンド(ノミネート)

  • 優秀ファンド選定のためのスコアランクの算出は、ETF(上場投資信託)を除く国内公募投資信託のうち、楽天証券分類に基づく8部門全ファンドに対して行いました。
    株式
    国内株式部門
    (楽天証券分類:「国内株式」)
    海外株式部門
    (楽天証券分類:「先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し」)
    債券
    国内債券部門
    (楽天証券分類:「国内債券」)
    海外債券部門
    (楽天証券分類:「先進国債券(広域・高格付)-為替ヘッジ無し」)
    REIT
    国内不動産(リート)部門
    (楽天証券分類:「国内REIT」)
    海外不動産(リート)部門
    (楽天証券分類:「海外REIT(含む北米-為替ヘッジ無し」)
    バランス
    バランス(可変配分)部門
    (楽天証券分類:「バランス(可変配分)」)
    バランス(固定配分)部門
    (楽天証券分類:「バランス(固定配分)」)
  • 評価期間は3年とし、スコアランクは以下の通り算出します。

    1)2019年12月末時点の3年スコアの順位と、
    2)2018年1月末から2019年12月末までの1年スコア(24期間)の平均順位を合算して総合順位となるスコアランクを付与

  • 各部門のなかでスコアランクが高いファンドのうち、楽天証券で取り扱いのある上位3銘柄について優秀ファンド賞を授与します。ただし、下記条件に該当する場合は次点のファンドが繰上げとなります。

    1)純資産残高が30億円未満の場合
    2)既に受賞が確定している銘柄と同一のマザーファンドで運用されている場合
    3)楽ラップ専用ファンド
    4)確定拠出年金専用ファンド
    5)毎月(または隔月)分配型、通貨選択型(※)
    ※毎月(または隔月)分配型および通貨選択型については、長期資産形成の視点や商品の仕組みが初心者のお客様にわかりづらい点を考慮し、第4回アワードより選考から除外させていただきます。

最優秀ファンド

優秀ファンドとして選出された8部門計24本を対象とし、楽天証券のお客様の投票により、各部門1本ずつ計8本の最優秀ファンドを決定いたします。

バックナンバー