現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 株式 > 広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」 > 第130回 キメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法(CAR-T)について
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「わかりやすいグローバル投資レポート」一覧へ

2017年7月10日

第129回 キメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法(CAR-T)について

【今日のまとめ】

  • CAR-T療法は難治性リンパ腫の治療を目指す
  • 患者から採取した遺伝子を改変後、もう一度患者に戻す
  • 一時人気離散していたバイオ株に再び脚光
  • CAR-T療法を開発している企業は5社ある
  • 最も先行しているのはノバルティスとカイト・ファーマ
  • 遅れているジュノとブルーバードも有望な新薬候補あり

CAR-T療法について

CAR-T療法とは、癌細胞が隠れているタンパク質を探し当て、狙い撃ちできるキメラ抗原受容体(CAR: Chimeric Antigen Receptor)を用いた遺伝子改変T細胞療法を指します。

この手法により、これまで治療不可能と思われてきた難治性リンパ腫を寛解(かんかい)する可能性が出てきました。

遺伝子改変

ヒトの遺伝子は、それぞれユニークです。したがって免疫システムの働き方も、ひとそれぞれです。

そこで、個々の患者に合せた、テーラー・メードの治療法が考案されています。

まず癌患者から血液を採取します。

次に、そのT細胞に遺伝子改変(reprogramming)を加え、CARを「実装」します。

そうやって作った遺伝子改変T細胞を、もう一度、患者の体内に戻してやるわけです。

こうすることで、癌細胞が持つ、頑固な腫瘍免疫回避機構の突破を試みるわけです。

これがキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞療法、略してCAR-T療法です。

CAR-T細胞は、普通の抗体が届かない中枢神経領域にも到達することが出来ます。

学会での報告を契機に関連株が再び脚光を浴びている

去年の12月にサンディエゴで開催された第58回米国血液学界(ASH)年次総会で、CAR-T療法が、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)治療に有望であることが報告されました。

これをきっかけとして、一時下火になっていたバイオテクノロジー株への投資家の関心が再び高まっています。

各社の取組み

バイオテクノロジー各社のCAR-T療法への取組みを一覧表にすると、次のようになります。

企業名(コード) FDAミーティング 製品名 奏効率(%)
ノバルティス(NVS) 2017年7月 CTL019 45%
カイト・ファーマ(KITE) 2017年11月 KTE-C19 39%
ジュノ・セラピューティックス(JUNO) 未定 JCAR017 66%
ブルーバード・バイオ(BLUE) 未定 bb2121 100%
セルジーン(CELG)=BLUEのパートナー 同上 同上 同上

米国食品医薬品局(FDA)と最初にミーティングが設定されている企業はノバルティス(ティッカーシンボル:NVS)です。この会合は今月実施されます。

同社のCTL019は子供や若者が罹るB細胞急性リンパ芽球性白血病の治療薬を目指しています。

その次にFDAとのミーティングを11月頃に持つと予定されているのは、カイト・ファーマ(ティッカーシンボル:KITE)です。

同社のKTE-C19は、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)の治療薬を目指しています。患者ひとり当たりの治療費用は30~70万ドルが見込まれています。

ジュノ・セラピューティクス(ティッカーシンボル:JUNO)のJCAR017は悪性非ホジキン・リンパ腫(Aggressive non-Hodgkin lymphoma)の治療薬を目指しています。

開発の進捗状況としては上述のノバルティスやカイト・ファーマより少し遅れているものの、奏効率が高く、期待されています。

最後にブルーバード・バイオ(ティッカーシンボル:BLUE)セルジーン(ティッカーシンボル:CELG)と組んでbb2121を開発中です。

全米屈指の総合病院、メイヨー・クリニックで行われている臨床試験では奏効率100%、寛解率27%という目を見張る薬効が報告されています。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

広瀬隆雄

「わかりやすいグローバル投資レポート」

グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

新着レポート

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/24

ロボット・設備投資関連に期待 日経平均膠着(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/20

ファンダメンタル分析入門(6)~配当利回りに着目した銘柄の選び方

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

広瀬隆雄

海外株式 2017/07/20

銀行セクターの近況

広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」

ハッサク

FX 2017/07/19

G20と日欧EPA

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

出島昇

国内株式 2017/07/19

今週も為替の動きを横目に、2万円をはさんだもみあいへ

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

吉田哲

コモディティ 2017/07/19

商品先物入門講座「注文の有効期限」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

土信田雅之

国内株式 2017/07/18

それでも消えぬ調整への警戒

土信田雅之「テクニカル風林火山」

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000231米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。