現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第440回 「3月から米国株は上がるか?米大統領選挙年の米国株のパターン分析」
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年2月25日

第440回 「3月から米国株は上がるか?米大統領選挙年の米国株のパターン分析」

財政出動がない限り、世界の景気は上向きそうにない

年初からの株式市場の下げは米利上げを受けたジャンク債利回りの急騰から始まった。日本株が急落する中で、日銀が1月末には予想外のマイナス金利導入に踏み切ったことで、煽られた企業が借金をして自社株の買い戻しが出るのではないかと期待されたが日本の株価は低空飛行を続けている。

日経平均(日足)
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)・25日エンベロープ±10%(赤)

(出所:石原順)

米各業種のハイイールド債(2010~15年)

(出所:『マーク・ファーバー博士の月間マーケットレポート2月号「投資目標を達成する最善の方法は目を覚ますこと」パンローリング発行 掲載許可済)

iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF(日足)
バブル相場の指標銘柄(リスク許容度の指標)=「炭鉱のカナリア」か?

(出所:石原順)

超緊縮財政が続く中世界経済が悪化しているが、今や市場は事実上金融当局が値付けをしているので、次の対策(操作)を期待する声が多い。国際通貨基金(IMF)は2月24日に世界経済が一段と減速するとの見通しを示した報告書を発表したが、G20各国に財政出動や、構造改革の推進といった政策対応を求めている。

G20に対しては、「中国・上海で26、27日に開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議は、インフラ投資や減税などの財政刺激策が主要議題の1つに浮上してきた。ただ、財政に余力のあるドイツは消極的とみられ、声明に協調行動が盛り込まれることは望み薄。米国が意欲を示す通貨安競争のけん制でも新たな方向性が出る可能性は低く、プラザ合意の再現とはかけ離れた新味のないG20になるリスクもありそうだ」(24日ロイター)と報道されている。

長期停滞のなか、ローレンス・サマーズが主張する財政出動がない限り、世界の景気は上向きそうにない。金融政策(中央銀行バブル)は限界にきているのだろう。FRBが利上げを止めてQE4やマイナス金利を導入すれば、中央銀行バブルはまたしばらく延命するかもしれないが、それが尽きるとまた必然的に危機が起きる。中央銀行バブルの崩壊=金融危機は金融政策が万策尽きたところで起こるだろう。

相場は次のトレンド待ち

1~2月の急落で市場が傷んでしまい、各市場とも流動性が下がっている。そのため、高速取引業者だけが跋扈し出入りの激しい相場展開が続いている。しかし、NYダウや原油先物相場の動きを観察すると、2月は乱高下ながら調整相場であったことがわかるだろう。

筆者の独断と偏見でいえば、トレンドの有無を判定するという相場認識のテクニカル・ツール(道具)で最も優れているのは、「標準偏差ボラティリティ」と「ADX」という指標である。

相場に方向性が出てくると、標準偏差ボラティリティは上昇する。標準偏差ボラティリティが低い位置から上昇する場合は、相場が保ち合いを離れ、強い方向性をもつシグナルとなる。相場に大きなトレンドが発生する可能性のある局面は、標準偏差ボラティリティが上昇し、ボリンジャーバンドの±1シグマ(株式インデックスは0.6シグマ)をブレイクしたときだ。一方、標準偏差ボラティリティがピークアウト(天井をつけ下落)すると、トレンド期とはやや逆方向にバイアスがかかった「横這いレンジ内での乱高下相場」となりやすい。

NYダウ(日足)
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)・18日エンベロープ±3%(赤)

(出所:石原順)

原油先物(日足)
上段:14日修正平均ADX(赤)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

円高トレンドだけが走っているが・・

こうしたなかで、ドル/円相場だけが円高トレンド相場を継続している。これは相場が20か月移動平均線を割り込んだことで、投機筋が嵩にかかって円買いを行っているからだ。2016年1月21日のレポート 『流動性パニックとミンスキー・モーメントの到来、FRBは路線変更できるのか?』で、「2016年1月21日現在の20か月移動平均線は116円86銭である。昨年から2016年はドル/円の20か月移動平均線の攻防があると言ってきたが、相場がドル/円相場のトレンドを決するといわれる20か月移動平均線を割り込むと、投機筋が嵩にかかって円買いを仕掛けてくる可能性があるので注意が必要である。20か月移動平均線を割り込むと、ドル/円相場は中期タームで110円まで下落する可能性が出てくる」と書いたが、相場はあっという間に110円96銭まで急落した。

ドル/円(日足)
上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ドル/円(月足) 20か月移動平均線と売買シグナル

(出所:石原順)

ただし、3月は中央銀行のイベントを控えていることや、ドルインデックスをみるとドル売り相場もピークアウトしており、ここから投機筋はいったん円買いポジションの手仕舞いに動く可能性もある。

ドルインデックス先物(日足)
上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

米大統領選挙年の米国株のパターン分析

米大統領選挙年のNYダウは、1月~3月(下落)、3月~5月(上昇)、5月~8月(下落)、8月~9月(上昇)、9月~10月(下落)、11月~12月(上昇)というパターンが抽出できる。筆者は今年もNYダウの上昇は3月辺りから始まるのではないかとみている。

ただし、「FBN証券の首席マーケットテクニシャン、J.C.オハラの指摘によると、さかのぼって1920年から、米国大統領の任期8年目には株式にとって悪い知らせがあるという。オハラのチャートからは、1920年以降、大統領任期8年目にダウが平均15%ほど下げている。

直近の2例(2000 年と2008年)をみると、クリントン政権とブッシュ政権の最終年に、それぞれハイテク株と米住宅市場の崩壊があった」(マーク・ファーバー「The Gloom, Boom & Doom Report」2016年2月号)という指摘もあり、大統領選挙年サイクルが機能しない可能性が懸念される。

S&P500(日足)と1970~2134という強烈な抵抗圏(黄色のゾーン)

(出所:石原順)

「前にも指摘したが、S&P500に1970~2134にかけて強烈な抵抗圏がある。株式の評価は依然として高いままだ。そして世界経済の見通しに暗雲が立ち込めている。こうした状況下で、投資家はかなり防御的な姿勢を維持すべきである。みんなが数十億ドルの恩恵を受けるという、大きな政府、大きな企業、大きなメディアの癒着は<めでたしめでたし>で終わりそうにはない。一人はみんなのために、みんなは一人のためにであったとしても・・」(マーク・ファーバー) 

『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ──標準偏差ボラティリティトレード』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)