現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 投資信託 > 山崎元「ホンネの投資教室」 > 第256回 推薦図書「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」(富田公彦著、ぱる出版)

山崎元「ホンネの投資教室」一覧へ

2015年10月23日

第256回 推薦図書「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」(富田公彦著、ぱる出版)

プロの仕事現場

今回は、意外に類書が少ない外国為替取引に関する「まともな」書籍をご紹介する。元JPモルガン・チェース銀行為替資金本部副本部長など、31年間にわたって外国為替の世界で実務に携わった著者・富田公彦氏による「なぜ専門家の為替予想は外れるのか」(ぱる出版、2015年10月13日)だ。FX取引に興味を持たれている個人投機家にはもちろん、株式投資家にも相場というものを考える材料が含まれている。

本書の最大の強みは、著者が、富士銀行、JPモルガン・チェース銀行、モルガン・スタンレー、ステートストリートなどの金融機関で為替取引の現場にいた人であることだ。また、富田氏は2006年から2007年まで副社長としてケイマン籍のヘッジファンド経営に関わった経験もお持ちだ。

為替のプロの世界の仕事現場の様子が分かることが、本書の大きな魅力だ。

一方、著者のメッセージは明確だ。あとがきの最後の段落を引用しよう。

「あらためて申し上げます。悪いことは言いません。FXには近づかないで下さい。個人投資家のみなさんの来るべきところではありません。」

つまり、著者は、FX取引をするなと言っている。FX取引を提供する会社に勤める者(筆者は楽天証券の社員であり、当社はFXを扱っている)としては、紹介していいものかと迷う本だが、著者の結論が妥当なものかどうか、検討する価値があると考えたので取り上げることにする。

著者は幾つかの理由を挙げているが、論旨の大筋は、プロが為替取引をしている環境と、個人投機家のFXでは(ちなみにFXの参加者は「個人投資家」ではなく「個人投機家」と呼ぶのが正しいと筆者は考える)、(1)情報の量とスピードに大差があり、加えて(2)自分の資金で参加する個人は所詮他人のお金を扱うプロよりも大きなプレッシャーに晒されていて、あまりにハンディキャップが大きくて、勝負になるはずがないというものだ。

著者から見ると、ディーリングルームから遥かに遅れた情報をパソコンやスマホで知り、相場の予想に全く役立たない専門家のコメントに影響され、今やプロの世界では相手にもされないチャート分析を頼りに売り買いする、個人投機家が哀れでならないようだ。

情報はどの程度の差になるのか?

ちなみに、かつて有名になった「ミセス・ワタナベ」的なFXで大儲けした個人は、何十万、何百万とFXの参加者がいるなら、実力など無くても確率的に存在すると指摘されているが、筆者も、この意見に同意する。

たまたま儲けた個人が、まして本当に儲けたかどうか分からない個人が(両者の本質的差は見かけほど大きくないはずだが)、ブログやメルマガで発信する情報は、それが予想であっても、ノウハウであっても、役に立たないものだと考えておくことが賢明だ。

著者は、為替取引にとって本当に重要な情報は、実際にどのように為替が取引されているかというディーリングルームでしか分からない「場味」(ばあじ)だと考えているようだ。しかし取引の様子に関しては、その情報が外に出て来にくい事に加えて、出て来たとしてもオンラインで流れるニュースでさえ大きなタイムラグを持っている。遅れた情報に基づいて判断する個人投機家が勝てる可能性は乏しいと、著者は判断している。

しかも、個人がニュース収集をずっと続けるのが大変なのに対して、一流の(一口に外資系金融機関と言っても一流と三流の差が大きいのだそうだ)金融機関はチームで情報をフォロー出来る。彼我の差は確かに大きい。

ストラテジストの予想は役に立たない

為替を扱う金融機関には為替の「ストラテジスト」と称する職業がある。著者によると、ストラテジストは「情報の収集と分析をしてくれる人」で、ストラテジストの力量差は金融機関にとって非常に大きいという。

一方、金融機関の中で相場を張っている人には、1銭、2銭の瞬間勝負をしているスポット・ディーラーともう少し長めのスタンスでリスクを取りに行くポジション・テイカーがいるが、共に、ストラテジストの予想を参考にしている人など全くいないともいう。「プロは他人の相場観に頼らない。だからストラテジストの予想をあてにしない」のだというのが端的な説明だ。プロもあてにしないのだから、個人もあてにしない方がいいともいう。

では、なぜストラテジストが存在するのか。それは、一つには顧客サービスのためであり、もう一つには「会社の宣伝のため」だということになる。

ダメな相場予想のパターン

世間に流れる為替相場の情報と予想は、多くが、遅いか、事実と異なるか、論理的に間違っているけれども、もっともらしい。

本書では、ダメな予想のパターンが幾つも紹介されており、これは、株式投資家の参考にもなる。

例えば、代表的なものの一つは「相関関係」によるものだ。例えば、夏場のビールの売り上げとアイスクリームの売り上げにはプラスの相関があろうが、両者の関係は、どちらかがどちらかの原因になっているという因果関係があるのではない。たぶん、「気温」が両者をつなぐ原因であり、ビールの売り上げを予想して、アイスクリームの売り上げを当てることはできないし、気温なら当たるというものでもない。

また、相関関係は時期によって変化する事がしばしばあり、データの見せ方によって印象を相当程度操作出来る。

著者があげている具体例は、米国の長期金利とドル円の為替レートの相関だが、ビールとアイスクリームの例でいう「気温」に相当するのは、「米国の景気」ではないかという。

景気にあって一般に雇用は遅行指標とされるのに、米国の雇用統計が、あたかも景気の先行指標であるかのように材料視される現状は、将来変化するかも知れないという著者の指摘はなかなか興味深い。

後付けでそれなりに理由を考える事は出来るが、確かに、米国のマネーサプライ(M1)が重要だった時代もあれば、雇用統計に注目が集まる時期もあり、長いキャリアを持つ、著者の述懐は興味深い。

相関関係を使って予想を説明する相場見通しの他にも著者が怪しいと見る見通しのパターンが幾つもあり、「トンデモ予想・実例集」としてまとめられているので、是非、本を読んでみて欲しいが、情報そのものの信憑性が疑わしいものとして、「ヘッジファンドの動向」、「投資家の注文」、「市場参加者の利益確定」といった、“誰が売った・誰が買った”といった類いの情報を挙げていることが注目に値する。

著者によると、この種の情報の大半は事実に基づかない作り話だという。主な理由は、顧客の情報を漏らすとクビになるディーリングルームの内部者が顧客情報を漏らすはずがないし、漏らしても利益がないからだ。

この種の情報は、メディアの期待に応えて、適当にコメントを語る便利なコメンテーター的なオジサンが流しているものだという。これは、その通りだろう。また、為替市場は、特定のプレーヤーが単独でトレンドを変えられるほど小さなマーケットではない。

例えば、ヘッジファンドが決算期にどうこうするといった類いの話は、ヘッジファンドは決算期にNAV(純資産評価額)を確定させるだけでいちいち現金化などするはずがないし、そもそも、ヘッジファンドと取引のあるプライム・ブローカーの担当者は顧客情報を少しでも漏らすとクビになるので、出来の悪い作り話だというのが著者の意見だ。

真夏に怪談を聞きたい人に幽霊の話をしてあげるような趣なのだろう。

プロはテクニカル分析を相手にしない

為替にあって、テクニカル分析は、少なくともプロの世界では使われていないと著者は強調する。

著者は、株式市場の世界で出来たテクニカル分析を為替の世界に持ってきても役に立たなかったのだ、とテクニカル分析に対して、幾らか同情的な面も見せているが、株式投資の世界でもテクニカル分析は予測の役には立っていないのだから、深入りしないことが適切だ。

90年代に、外国のある金融機関が、チャート分析を為替取引に応用する大規模な試みを行ったけれども、これは失敗に終わり、その後、テクニカル分析で相場を張る金融機関は無いというのが、長年為替の現場にいた著者の見聞だ。

著者は、テクニカル分析を自分であれこれ研究してダメだと結論したようだが、一つ面白い指摘をしている。

テクニカル分析には「流れに乗ろうというトレンド系」と「逆張りでいこうというオシレーター系」があるが、トレンドに乗るべきなのか、レンジで張るべきなのか、「『今どちらを使うべきなのか』というシグナルを出してくれるテクニカル分析は、自分が必死に勉強した中には存在しませんでした」と書いている。

為替と株のちがい

この本に共感出来るのは、為替取引と株式投資の違いを、株式は資産だが、為替は通貨の交換比のやり取りに過ぎず資産ではないと指摘している点だ。

そして、資産については価格を説明する理論がある程度発達しているが、変動相場制になった1973年からせいぜい40年と少々の為替については、為替レートを説明する理論が未発達なのだという。

確かに、為替レートを説明する理論で多少なりともまともと思えるものは、株価を説明する理論よりも複雑だし、現実の為替レートの動きに対して優れた説明力がある訳ではない(著者は「マネタリー・アプローチ」をある程度は認めている)。

確かに、株式は企業に資本を提供して生産活動に参加して利益の分配を期待する行為であり、為替取引は通貨の交換比と金利をセットでやり取りする基本的にはゼロサムゲームだ。長期的な資産形成に有利なリスクテイクは、理屈上、株式投資の方である。

とはいえ、株式の世界の住人ではない著者は言及を控えているが、株式投資の世界のプレーヤーの価格分析力もたいしたものではない。

本当の儲けの源は?

さて、この本には十分語られていない真実が一つ隠されているように、筆者は思った。プロのディーラーの本当の収益の源について、詳しく書かれていないのだ。

情報に近い距離にいて、優秀で多人数のチームを持ち、情報装備も素晴らしい、一流金融機関のディーラーも相場を当てて儲け続けているわけではないことは、謙虚すぎるくらい率直に書かれている。

それでは、なぜ、一流金融機関は為替取引をビジネスとして行い、収益を上げて、著者を含むディーラーは給料・ボーナスを得る事ができるのか。

高度な組織と情報システムの装備、高学歴の人材、専門的なチームなどによっても、為替相場でコンスタントに儲ける方法は見つかっていない。まして、情報も装備も劣る個人が勝てるはずがないというのが、著者の見立てだ。「勝つ」ことに役立っていないのに、プロの世界の人材・装備などを高く評価し、この点で劣る個人を当然勝てないものとみなす論調は、チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」とトーンが似ている。両者共に「プロ」というものを相場の上で過大評価しているきらいが少々ある。

筆者は、装備が高度であろうとなかろうと、人間の判断力は相場というゲームでコンスタントに勝てるほど優れていないので、ドングリの背比べ的な状況が起こっているのだと考えている。相場は案外公平だから、個人投資家は卑屈になる必要はないが、だからといって、勝ちやすいわけでもない。

重要な手掛かりらしい話が載っているのは、筆者が読む限り、FXの必勝法が怪しい事を語っている、この本の192ページの記述だ。

著者は相場と勝負して例外的に儲けている「天才スポットディーラー」の感覚とノウハウが全く言語化不能で著者にも理解出来なかったことを率直に記している。その後の文章を引用する。

「いずれにせよ、相場が大荒れになりほかのディーラーの手がすくんでいる時に、逆にうれしそうに取引する天才君の頭の中身を分けてもらうのはあきらめたほうが良いと思います。
ちなみに、普通のスポット・ディーラーは、相場と勝負をしている訳ではありません。お客さんとの取引の処理を利用して、稼ぐ事が仕事です。自分からリスクを取りに行くのは、得意ではありません。天才君は後輩に向かって『お前、なに客と勝負してんだよ! 相手はマーケットだろ』とよく怒っていました。
ポジション・テイカーという、もう少し長めのスタンスで自分の裁量だけでポジションを取る方のお話しなら参考になるはずです。ただ、残念なことに、ほとんどの方がうまく行かずに去っていかれました。必勝法ものをお書きになるとは思えません。」

分かりやすくするために、敢えて博打と呼ぶが(実際に為替取引は合法的な博打だ)、「博打をさせる人」が儲かる世界であり、「博打をさせて貰う人」は損をしていく世界なのだ。「させる人」が「させて貰う人」からお金を取るのが、経済の常識だ。

世界最大・最高のカジノである為替市場にも同じ原理が働いている。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

山崎元

ホンネの投資教室

楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元の提供レポートです。経済やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウと考え方など幅広い情報提供をおこなってまいります。資産運用の参考にお役立てください。

新着レポート

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/05/23

米政治ドラマは続く ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/23

業績拡大続く 日経平均PERは14倍まで低下(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/05/22

「アイランド・リバーサル」と「ブロードニング・フォーメーション」

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/05/22

「柴田法則」個別銘柄分析 5月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/05/22

引き続き5日移動平均線上を回復できるかが持ち直しのカギ

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/05/19

決算コメント:東芝、ルネサス、小野薬品

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/05/19

いよいよOPEC総会開催。減産延長は原油在庫減少への特効薬となるか?

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/05/19

誰もが絶対に知っておくべき!「小規模宅地の特例」(その3)

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/05/18

「標準偏差ボラティリティトレードでトレンド(収益機会)のうねりを取る・米国の株式市場を揺るがすであろうと思われる負の要因」

石原順「外為市場アウトルック」

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

  • お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「買付手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。
各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。