楽天証券


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ポイント利用設定(投信積立)について

投資信託の積立注文にどのようにポイントを利用するか設定が行えます。

ポイント利用設定の内容に基づき、積立注文にポイント利用を行います。
利用可能なポイント残高がポイント利用設定の上限値に満たなかった場合は、利用可能な範囲でポイントを利用し、残る積立金額を現金で買付いたします。

対象注文 投信積立(証券口座引落・楽天カードクレジット決済のみ)
ポイント利用方法 ポイントを「利用する」もしくは「利用しない」からお選びいただきます。
「利用する」を選んだ場合、「全ての利用可能ポイントを使う」「毎月の利用上限ポイント:XXポイント」「毎日の利用上限ポイント:XXポイント」の3種類から利用方法を指定できます。

  • 投信積立でポイントが利用できるのは、引落方法を証券口座引落または楽天カードクレジット決済を選択している積立設定のみとなります。
  • 設定内容はポイント利用ができる全ての積立注文に適用されます。

ポイント利用上限

ポイント利用上限の設定について

投信積立でいくらまでポイントを利用するか上限値の設定が可能です。
なお、上限設定は、投信積立のみ有効な設定です。
投資信託のスポット購入でのポイント利用分は含まれません。

「すべて利用する」を選んだ場合

【証券口座引落の場合】
積立注文作成時点で保有している利用可能なポイントをすべて利用して、積立注文にポイントを利用いたします。

【楽天カードクレジット決済の場合】
積立指定日の前月13日午後6時時点で保有している利用可能なポイントをすべて利用して、積立指定日1日の積立注文にポイントを利用いたします。

「毎月の利用上限ポイント:XXポイント」もしくは「毎日の利用上限ポイント:XXポイント」を選んだ場合

1潤500,000ポイントの範囲内で上限を設定できます。

【証券口座引落の場合】
積立注文作成時点でご指定の上限設定の範囲内で利用可能なポイントを計算し、積立注文にポイントを利用いたします。

【楽天カードクレジット決済の場合】
積立指定日の前月13日午後6時時点でご指定の上限設定の範囲内で利用可能なポイントを計算し、積立指定日1日の積立注文にポイントを利用いたします。
  • なお、楽天ポイントコースの場合、楽天会員のランクによって、利用可能なポイント数が異なります。
    そのため、お客様の会員ランクによっては、ご指定いただいポイント上限値までご利用いただけない場合がございます。

投信積立における楽天ポイント利用上限

楽天ポイントの利用上限は、楽天会員のランクにより異なります。
1か月あたりの利用上限内でポイントは利用されます。
ただし、投信積立の場合は各引落方法にも1日あたりの利用上限がございます。
詳細は下記の表をご確認ください。

  ダイヤモンド会員以外 ダイヤモンド会員
1か月あたり上限 100,000ポイント 500,000ポイント
引落方法(1日あたり) ダイヤモンド会員以外 ダイヤモンド会員
証券口座 30,000ポイント 500,000ポイント
楽天カードクレジット決済 30,000ポイント 500,000ポイント
  • 楽天銀行、楽天カード支払口座からの引落、その他金融機関はポイント利用できません。
  • 1ヶ月の利用上限はスポット購入でのポイント利用、他の楽天グループでの利用も含めます。

  • 積立金額はあくまでお客様が積立設定している金額となります。
    たとえ、 積立設定金額以上のポイントを保有していても、それ以上の金額の積立注文は行われません。

ポイント利用順序 設定内容に基づき、月初の注文から順次ポイントを利用いたします。(楽天カードクレジット決済は積立指定日が毎月1日となりますが、前月13日にポイントを利用いたします。)
同日に複数の注文がある場合は、積立設定をされた際に付与される受付番号の早い順に適用いたします。
なお、通常の積立設定(特定口座・一般口座・NISA口座での積立設定)とつみたてNISAで両方とも積立設定をしている場合は、合わせて受付番号の早い順に適用いたします。

  • 証券口座引落で同日に毎月積立と毎日積立の注文がある場合、受付番号に関わらず、毎月積立→毎日積立の順でポイントが利用されます。
  • 13日に楽天カードクレジット決済のポイント利用と証券口座引落(毎月積立、毎日積立)の注文がある場合、先に証券口座引落の積立注文にポイントが利用されます。(証券口座引落の中では、毎月積立→毎日積立の順でポイントが利用されます。)

  • 受付番号の確認は、「投信」→「積立設定」→「積立設定一覧」からご確認ください。つみたてNISAの場合は、「NISA・つみたてNISA」→「積立設定」→「積立設定一覧」からご確認ください。

利用設定の変更 【証券口座引落の場合】
積立指定日の午前3時時点で弊社に登録されている内容に基づき、注文に適用いたします。
そのため、変更手続きは、積立指定日の午前3時までに行ってください。
  • なお、積立指定日が非営業日や非営業日の翌日の場合、前営業日の翌朝午前3時までに変更を行っていただく必要がございます。
【楽天カードクレジット決済の場合】
積立指定日1日の前月13日の午前3時時点で登録されている内容に基づき、13日午後6時ごろにポイントを利用し、注文に適用いたします。
そのため、変更手続きは、積立指定日の前月13日の午前3時時点までに行ってください。
  • なお、楽天カードクレジット決済の場合は、積立指定日の前月13日が非営業日や非営業日の翌日に関わらず、上記の日時が変更期限となります。


月の途中でポイント利用設定を変更した場合、下記のように利用ポイントを判定します。

【毎日から毎月の利用上限ポイントへ変更した場合】
当月中に利用済みのポイント数と、上限設定値を比較いたします。

  • 利用済みのポイントが変更後の上限設定ポイント数未満の場合:
    それ以降の注文で上限値までのポイントを使用いたします。
  • 利用済みのポイントが変更後の上限設定ポイント数以上の場合:
    残る当月中の積立注文に対しては、ポイント利用をいたしません。

例)毎日100ポイントまで利用→毎月1000ポイントまで利用に変更した場合
  • 変更時点までに1000ポイント未満の利用の場合:
    1000ポイントになるまで、引き続き当月中の積立注文にポイント利用いたします。
  • 変更時点までに1000ポイント以上の利用の場合:
    毎月1000ポイントに変更をしても、それ以降、ポイント利用はいたしません。


【毎月から毎日の利用上限ポイントへ変更した場合】
それまでに利用済みのポイント数は無視して、毎日の上限ポイント数にて判定いたします。

例)毎月1000ポイント利用→毎日100ポイント利用に変更した場合
  • 変更時点までのポイントの利用数にかかわらず、変更後より毎日100ポイントまでポイント利用いたします。

【毎月の上限ポイント数を減らした場合】
毎日から毎月の利用上限ポイントへ変更した場合と同様です。

【毎月から毎日へ変更、その後に毎月の利用上限ポイントへ変更した場合】
毎日から毎月の利用上限ポイントへ変更した場合と同様です。
今月の利用履歴の表示について 今月いくらポイントを積立注文を利用したかポイント数を表示しています。 ポイントを利用した注文が作成された時点で足され、注文をキャンセルした場合は、その時点で履歴から引かれます。

その他、ポイント投資(投資信託)の詳細はこちらをご覧ください。