現在地
ホーム > ヘルプ&サポート > お客様の資産を守るために(セキュリティ) > フィッシング詐欺対策

フィッシング詐欺対策

楽天証券を装う不信なウェブサイトやメールにご注意ください。

フィッシングとは、本物そっくりのウェブサイトを作成し、金融機関等のホームページを装い、お客様のパスワードや暗証番号、個人情報を不正に入手する詐欺行為です。
たとえばウェブサイトのURLが楽天証券のURL(www.rakuten-sec.co.jp)に似せてあったり、ウェブサイトのデザインや画像素材、さらには画面そのものが流用してあったり、フィッシングサイトは巧妙につくられていることが多く、注意が必要です。

お客様側での予防策

フィッシングサイトを見分けるポイント

1 証明書の確認

2 ブラウザのアドレス欄を確認

楽天グループを装った不審なメールにご注意ください

楽天証券での取り組み

EV SSL

「EV SSL」は、これまでのSSLよりもさらに厳格な審査基準に基づくSSLの証明書です。
EV SSLに対応したウェブブラウザでEV SSLを導入したウェブサイトを表示すると、アドレスバーが緑色に表示され、アドレスの後に証明書を発行した認証局の名称が表示されます。
ウェブサイト運営者の身元を確認することができるので、ご利用のウェブサイトが本当に楽天証券のウェブサイトなのかがわかります。

EV SSLに対応していないブラウザではアドレスバーが緑色になりません。通常のSSL証明書と同じように、画面右下等に鍵のアイコンのみが表示されます。
アドレスバーが黄色や赤色に表示されている場合はフィッシングサイトのおそれがございますので、個人情報やID、パスワード等の重要な情報は絶対に入力をしないでください。

楽天証券では、お客様に安心してお取引いただけるよう、EV SSL証明書を採用しています。

電子署名

フィッシング詐欺や迷惑メールの多くは「なりすまし」によって送られています。現在一般的に使われるメール送信技術では、送信元のアドレスを簡単に詐称することができます。
この仕組みを悪用し、多くの迷惑メールやフィッシング詐欺メールなどが送られ、たくさんの人が被害に遭っています。

「なりすまし」されたメールの被害を防ぐ技術として弊社では、お客様にお送りするメールに「DKIM」という電子署名システムを採用しております
「DKIM」とは電子署名方式の送信ドメイン認証技術です。楽天証券から配信されたメールであることやメールが改ざんされていないことを確認することができます。

  • お客様よりお問い合わせいただいたメールへの返信メールなど、一部対象外のメールがございます。

電子署名の確認方法

ご使用のメールサーバーが送信ドメイン認証に対応している場合、配信メールのメールヘッダに「Authentication-Results」 が付与されます。
dkim=passと記載されていれば、楽天証券から送られたメールであることをご確認いただけます。

DKIMに対応しているメールシステム

【ウェブメール】
Gmail、Yahoo!メール、Hotmailなど
【プロバイダが提供しているメールサービス】
BIGLOBE、@nifty など

DKIMに対応したメールの具体的な確認方法はメールサービスにより異なります。詳しくはお使いのメールサービスのヘルプデスク等でご確認ください。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?