現在地
ホーム > ヘルプ&サポート > お客様の資産を守るために(セキュリティ) > 不正利用対策

不正利用対策

悪意のある第三者によるなりすましや不正利用にご注意下さい。

インターネットバンキングやオンラインゲームなど、様々なインターネットサービスにおいて、なりすましによる被害が発生しています。
悪意のある第三者がお客様になりすまし不正にお客様の口座を利用されないよう注意が必要です。

お客様側での予防策

安全性の高いパスワードを設定する

オンラインでの取引きをより安全にする上で、安全性の高いパスワードを設定することは重要です。安全性が高いパスワードとするには、他人に推測されにくく、パスワードハッキングソフトなどの機械的な処理で割り出しにくくする必要があります。
パスワードを安全にする方法についていくつかのヒントをご紹介します。

  • 個人情報(名前や生年月日など)や一般的な単語をパスワードに使用しない。
  • 文字・数字・記号を組み合わせたパスワードを使用する。
  • 適切な長さ(できれば8文字以上)にする。

また、パスワードや取引暗証番号は、他人に知られないようお客さま自身で厳重な管理をお願いします。

パソコンのデスクトップにテキストファイルやオフィスソフトでパスワードや取引暗証暗号を暗号化せずに保存することを控えるようにして下さい。マルウェア感染がきっかけで、なりすましログインされるような事例も発生しております。
また、ログインID、パスワードを書いたメモがクラウド上にバックアップされているような場合も、注意が必要です。複数のパスワードを安全に管理するために、パスワード管理ソフトを利用し暗号化した状態で保存しておくことをおすすめします。

パスワード等を定期的に変更する

楽天証券のログインパスワードや取引暗証番号を定期的に変更することもなりすましなど不正利用対策として有効です。

使用しないときは電源をオフにする

インターネットに常時接続している場合、パソコンの電源が入っている間は、外部からアクセスできる状態になっている場合があります。パソコンを使用しないときには、パソコンの電源をオフにすることも不正利用を防ぐ対策の一つです。

スマートフォンの画面ロック

スマートフォンをご利用の方は、本体の紛失・盗難に備え、画面ロックを設定してください。

無線LANのセキュリティ設定を行う

ご家庭で無線LANを利用している場合は、無線LAN機器の暗号化機能や接続端末の制限などのセキュリティ設定を行って下さい。
無線LANの電波は隣家や近隣の道路まで届くことがあり、無線LANのセキュリティ設定がされていないと第三者が通信内容を傍受したり、お使いの無線LANやパソコンに不正アクセスする可能性があります。

楽天証券での取り組み

ログイン履歴の表示

ログイン履歴画面を表示すると自分がログインした日時とログインチャネルを確認することができます。自分がログインしていない時間のログイン履歴が無いか確認し、不審なアクセスの有無を確認することができます。

不正な出金への対策

出金先口座は、お客様が楽天証券にご登録いただいている金融機関のみとなります。また、出金先の変更は、お客様と口座名義人が異なる口座には変更はできません。

出金先金融機関の変更ロック受付

カスタマーサポートセンターへご連絡いただくことで、ウェブ画面内で変更できる出金先金融機関口座の変更機能にロックをかけることができます。

出金時の通知

お客様口座からの出金依頼を受け付けた際には、ご登録いただいているメールアドレス宛に通知いたします。
また、ご登録のメールアドレスが変更された際は、新たにご登録されるメールアドレスの他に、現在ご登録いただいているメールアドレス宛にも通知いたします。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?