現在地
ホーム > 特集 > 欧州ソブリンリスクをトレードチャンスに!

欧州ソブリンリスクをトレードチャンスに!

欧州ソブリンリスクをトレードチャンスに!

現在世界の各国の金融市場を揺さぶっているのが欧州および米国のソブリンリスク問題です。欧州ではギリシャを始めとした南欧諸国の信用不安問題、米国では債務上限を巡る議会の混乱など、各国の財政問題に対する懸念が市場参加者の行動を左右する材料となっています。

今回の特集では特に欧州の信用不安の背景をおさらいし、今後の見通しと金融市場への影響と取引機会が期待できる商品や銘柄に注目してみます。

欧州信用不安の本質とユーロの見通し

ドルに次ぐ基軸通貨として期待が高まっていたユーロが試練の時を迎えています。リーマンショックの影響もあり世界的な景気の冷え込みが長引くなか、欧州信用不安と通貨ユーロの動向は各国の為替市場、株式市場の動向を左右しています。

例えば信用不安の中心となっているギリシャは地理的、文化的観点からEUの一部となるべき国ですが、観光と海運以外に目立った産業はなく経済的に競争力が高い国とはいえません。国内経済は過剰な公務員を抱えるなど無駄も多く、財政も慢性的な赤字でした。しかしギリシャはなんとかユーロ加盟国に滑り込み、2001年にユーロ導入に成功しました。

ユーロを導入したことで、ギリシャは自国経済の実力以上の通貨を手に入れました。ユーロの信用力が高かったことで、あまり高い金利をつけずに国債の発行が容易となり、ギリシャは財政改革を後回しとして国債発行により得た資金を賄うことが可能となったのです。また、もともと産業基盤が弱いところに、ユーロ高が重なったため輸出が伸びず、貿易による損益状況を示す経常収支も赤字幅が拡大してしまいます。

世界的な好景気が続いた中でギリシャの問題が大きく取り上げられることはありませんでしたが、ギリシャの対外債務は積み上がり、経常収支も赤字幅が拡大したことで、ギリシャの信用リスクはいよいよ高まっていきます。

リーマンショックとそれに続く世界的な景気低迷は事態を急速に悪化させ、ギリシャでは格付け機関による格下げを受け国債の金利が急上昇し、ギリシャ国債の新規発行による借り換えが難しくなることで債務不履行の懸念が高まり、これが欧州信用不安の発端となりました。

欧州信用不安が今後さらに悪化すれば…

事態の悪化を避けたいEUは、IMFと協力し資金供与を行うことで信用不安問題は何とか小康状態を保っていますが、予断を許さない状態が続いています。

ギリシャは資金供給の救済を受ける条件として、国の財政赤字を縮小させる義務を負いましたが、改革は思うように進んでいません。それどころか生活水準の低下など痛みをともなう改革に対して、国民がデモや暴動などを起こして反発するなど、根本的な事態の改善には程遠い状態といえます。

また欧州信用不安はギリシャにとどまらず、同様な事情を抱えるポルトガルやスペイン、イタリアにも懸念が広がる兆候がみられます。さらにギリシャ国債を保有する民間の金融機関の財政問題にも発展し、問題は欧州の金融システム不安と、それにともなう景気悪化への懸念にまで及んでいる状況です。

こうした状況を受け、マーケットは大きく動いています。特に為替は、円独歩高の状態が続き、ドルもユーロも下落しています。また株式市場ではドイツDAX指数、フランスCAC指数の下落が大きくなっています。また安全資産への逃避を目的に金の先物価格も上昇しています。

取引機会拡大が期待できる商品は?

欧州ソブリンリスクの影響で取引機会の拡大が期待できる商品や銘柄をピックアップしてみました。

欧州の主要株式市場の指数を売り建てられるCFD取引やユーロ/日本円やポンド/円など欧州と日本円の通貨ペアが人気の楽天FX、さらに金関連の商品がそろう海外ETFや海外先物取引、さらに市場が荒れれば価格が上がる国内ETFのVIX指数など、関連商品として値動きが期待できる商品ラインナップが充実しています。

世界的な注目を集める欧州信用不安を、取引機会として活用してみてはいかがでしょうか?

欧州の株式指数を売り建て、さらにレバレッジをかけるなら・・・楽天CFD

通貨の値動きを取るなら・・・楽天FX

金などコモディティへの逃避がさらに進むとするなら 海外先物取引

欧州株価指数等の反発を狙うなら 海外ETF・外国株

相場がさらに荒れると予想するなら 国内ETF


楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

海外先物取引のリスクと費用について

海外先物取引にかかるリスク
海外先物取引の価格は対象となっている株価指数や商品等の価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。とくに海外商品先物取引は、それぞれの商品(コモディティ)に特有なファンダメンタルズ(経済の基礎的要因)の影響を受ける等のリスクがあります。また、海外先物取引は差し入れた委託証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。委託証拠金率が一定率以下となった場合、ロスカットルールにより全ポジションが強制決済されます。市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。
海外先物取引にかかる費用等
円建てのEquity Index(株価指数)の取引手数料は420円/1枚(ミニ先物は210円/1枚)がかかります。米ドル建てのEquity Index(株価指数)の取引手数料は4.725米ドル/1枚がかかります。Energy(エネルギー)、Metals(金属)、Agriculture(農産物)の取引手数料は6.30米ドル/1枚(ミニ先物は4.725米ドル/1枚、マイクロ先物は2.625米ドル)がかかります。いずれも税込み(米セント未満切捨)。
委託証拠金等について
海外先物取引をおこなうには委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は各外国金融商品取引所または各外国商品取引所が発表するイニシャル証拠金(発注時証拠金)、メンテナンス証拠金(維持証拠金)およびSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)をもとに当社が定めます。
※海外先物取引について、必要な証拠金に対する取引金額の比率は、銘柄によって異なるため記載することができません。詳細につきましては当社ホームページをご覧ください。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

CFD取引のリスクと費用について

CFDの取引にかかるリスク
CFDは、対象となる株価指数、ETFの価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により取引価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。また、CFDは少額の委託証拠金でその委託証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
その損失額は、差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。
株価指数先物を参照原資産とするCFDにはそれぞれ限月が定められており、最終決済期限があります。
CFDの取引にかかる費用等
各種別ごとのCFD取引にかかる手数料は、以下のとおりです。米国ETF CFDの場合、1約定につき、1,250CFDまでは、26.25米ドル(税込)です。1約定につき、1,250CFD超の場合は、1CFDごとに2.1セント(税込)追加となります。
株価指数CFD、株価指数先物CFDは無料です。取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格の差(スプレッド)がかかります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。また、取引手数料以外に金利調整額等の受払いが発生する場合があり、それらの額はCFDのベース通貨や個別の銘柄等により異なります。
CFDの取引の委託証拠金等について
CFD取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は銘柄によって異なり、約定代金を基準にして計算されます。株価指数CFD、株価指数先物CFD、米国ETF CFDは約定代金の10%(委託証拠金の10倍までの取引が可能)以上の委託証拠金が必要です。
また、委託証拠金率(必要証拠金額を100%として算出)が一定率以下となった場合、ロスカットルールにより全ポジションが強制決済されます。市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。
使用可能証拠金が1万円未満の場合、新規注文または保有ポジションを超える数量の反対売買となる注文はできません。
なお、保有ポジションと同数量までの反対売買の注文またはロスカットは、使用可能証拠金が1万円未満の場合も、実行可能です。

楽天 FXのリスクと費用について

外国為替証拠金取引(楽天FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引(楽天FX)は、取引通貨の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があるため、売り付けた際の精算金額が買い付けた際の精算金額を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引(楽天FX)は少額の委託証拠金でその委託証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は、差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引(楽天FX)の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引(楽天FX)の取引手数料は、無料です。また、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格の差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金等について
外国為替証拠金取引(楽天FX)をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は、通貨ペアごとに異なり、各通貨ペアの1万通貨当たりの建玉必要証拠金額は、日々、取引日終了時点の為替レートをもとに、レバレッジが25倍を超えない水準で設定いたします。(法人のお客様のレバレッジは100倍を超えない水準で設定)(各通貨の必要委託証拠金の設定はこちら)

国内株式のリスクと費用について

株式等のお取引にかかるリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等により、指標連動証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動、発行体となる金融機関の信用力悪化等により、損失が生じるおそれがあります。
信用取引にかかるリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
株式等のお取引にかかる費用等
国内株式の委託手数料は原則1カ月ごとに「ワンショットコース」と「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
ワンショットコース(現物取引):1回の約定代金が10万円まで145円/1回、20万円まで194円/1回、50万円まで358円/1回、100万円まで639円/1回、150万円まで764円/1回、3,000万円まで1,209円/1回、3,000万円超は1,277円/1回です。いずれも税込み。
ワンショットコース(信用取引):1回の約定代金が30万円まで262円/1回、30万円超は472円/1回です。いずれも税込み。
いちにち定額コース:1日の約定代金合計が50万円まで450円/1日、100万円まで900円/1日、200万円まで2,100円/1日です。以降、1日の約定代金合計が100万円増えるごとに1,050円追加されます。取引のない日は手数料がかかりません。1日の約定代金合計は現物取引と信用取引を合算して計算いたします。いずれも税込み。
  • カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによるお取引は、別に定める手数料体系が適用されます(現物取引の場合、最大4,725円/1回。信用取引の場合、最大3,622円/1回。いずれも税込み)。
  • PTS取引(夜間取引)はお客様が選択されているコースにかかわらず1回の約定代金が50万円まで472円/1回、100万円まで840円/1回、150万円まで1,050円/1回、150万円超は1,575円/1回です。いずれも税込み。
  • 国内株式を募集・売出し等(新規公開株式(IPO)、立会買分売)により取得する場合は購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。
  • 信用取引による建玉を保有している期間は、買い建玉の場合は買方金利(制度:年2.85%、一般:年3.09%)、売り建玉の場合は貸株料(制度:年1.10%)、品貸料(逆日歩)等がかかります。
委託保証金等について
信用取引をおこなうには委託保証金の差し入れが必要です。信用取引の最大取引可能金額は差し入れた委託保証金の約3.3倍です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)は20%です。委託保証金の維持率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただく必要があります。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?