【IR広告】キレイも時短もかなえる“パーフェクトワン”ブランドの新日本製薬。国内市場NO.1シェア※1を持つその強みとは?

【IR広告】キレイも時短もかなえる“パーフェクトワン”ブランドの新日本製薬。国内市場NO.1シェア※1を持つその強みとは?

POINT
  • 4年連続で「パーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズ」がオールインワンスキンケア市場において国内売上No.1※1を獲得
  • コロナ禍でも前年を上回る業績
  • 株主還元も積極的に強化
  • 本サイトはIR広告であり、新日本製薬から提供を受けた資料をもとに掲載しておりますが、本広告を以って楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

新日本製薬(証券コード: 4931)は、オールインワン基礎化粧品のトップシェア※1ブランド「パーフェクトワン」を展開する、ファブレスメーカーです。販路は、主に通販サイトとコールセンター。美と健康をサポートする企業として化粧品の他にも健康食品、医薬品を手がけています。
この記事では、業界を席巻する「パーフェクトワン」ブランドを持つ新日本製薬の強さの秘密をうかがってきました。

取材日:2020年9月2日

Q1 新日本製薬の強みを教えてください。

オールインワンスキンケア市場で4年連続No.1※1の売り上げを誇る商品力とファブレスメーカーとしての機動力

《強みその1》 オールインワンスキンケア市場で国内トップシェア※1を誇る「パーフェクトワン」。 累計販売実績は6,000万個※2を突破

スキンケアブランド「パーフェクトワン」は、肌のお手入れにかける時間がない方でも、手軽に賢くスキンケアができるオールインワンタイプの商品を主軸に展開しています。中でも売上の主力は、化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の6役を1品で果たす「パーフェクトワン オールインワン美容液ジェル」です。多様化するライフスタイルを応援するシンプルスキンケアとしてリピーターの方も大変多く、2016年より4年連続でオールインワンスキンケア市場シェアNO.1※1を獲得しております。

《強みその2》 ファブレスメーカーならではの機動力の高さで、顧客の「生の声」に応える

当社は“ファブレスメーカー”です。製造工場を持たず、生産はすべて外部委託を行っています。そのため、商品の企画開発やマーケティングに力を入れることができ、商品展開を機動的に行うことが可能です。コールセンターなどに寄せられるお客さまの「生の声」から“今必要とされているスキンケア”を素早く察知し、ニーズや季節特有の肌悩みに合った商品を投入することで、「パーフェクトワン」ブランドの継続的なご利用をいただいております。

ニーズに合わせた期間限定商品を毎月発売

《強みその3》 株主優待の拡充

当社は、株主の皆さまの日頃からのご支援に感謝し、より多くの方々に中長期にわたり継続してご支援いただくことを目的に株主優待制度を実施しております。2020年5月には優待内容を拡充し、さらに配当性向を20%から30%へ引き上げました 。商品や理念に共感いただき、また、会社の成長にもご期待いただく「ファン株主 」を増やしていきたいと考えており、今後の還元策についてもより良いものへと積極的に切り替えていく考えです。

《強みその4》 さらなる成長のための新日本製薬の戦略

「パーフェクトワン」ブランドのさらなる成長に向け、新商品の投入や、今般のホームショッピング習慣の定着を追い風としたEC化のさらなる加速により、国内のシェア拡大を目指すとともに、中国を中心とした海外事業をさらに拡大させ、「パーフェクトワン」の”グローバルスタンダードブランド“としての成長を加速させてまいります。

一方、新型コロナウイルス感染拡大の経験から、私達の価値観は、“自律”へと大きくシフトしました。アフターコロナの新時代に向け、当社は自分自身で病気を予防する「セルフディフェンス」をテーマに、個人の“自律したヘルスケア”を支える新たなヘルスケア事業を立ち上げ、さらなる成長を目指していきます。

Q2 新日本製薬の特徴を教えてください。

ライフスタイルの中で欠かせない”美と健康“をサポートする商品をラインナップ

商品カテゴリー

新日本製薬には、化粧品、ヘルスケア商品(健康食品、医薬品)の2つの商品カテゴリーがあります。化粧品では、「パーフェクトワン」ブランドのシンプルスキンケア商品などを展開。ヘルスケア商品では、機能性表示食品をはじめとし、厳選した原料・飲みやすさと品質にこだわった健康食品や医薬品を取り扱っています。

パーフェクトワンとは?

パーフェクトワンは、「進化するシンプル」をコンセプトにコラーゲンとテクスチャーにこだわり、無理なく、スマートに、心地よく使えて効果的なスキンケアブランドです。2006年に販売を開始してから約14年。主力製品のオールインワン美容液ジェルシリーズは化粧水・乳液・クリームなど、6つの機能を1品で果たすオールインワン化粧品です。保湿・高保湿・美白・エイジングケアといったお悩み別にお選びいただける設計で、幅広いお客さまからご支持いただいております。

販売チャネルについて

販売チャネルは、テレビCMや新聞、ECやコールセンターを活用した通信販売が大半を占めます。そのほか、全国の百貨店等に直営店を12店展開中で、取扱店は620店以上にのぼります。 (2020年3月時点)

Q3 近年の業績推移をお聞かせください。

着実な売り上げ伸長と経常利益率アップ

売上高は順調に増加しており、経常利益率についても増加しつつあります。当社は通信販売での売上が9割を占め、また主力商品が在宅でも日々利用するスキンケア商品のためコロナ禍においても業績における影響が軽微でした。中期的には売上高400億円以上、経常利益率10%以上の早期達成を実現するため、さらなる成長を目指してまいります。

売上高・経常利益率の推移グラフ

  • 富士経済「化粧品マーケティング要覧2017/2018/2019/2020」(モイスチャー部門およびオールインワン部門/メーカー、ブランドシェア2016/2017/2018/2019実績)
  • パーフェクトワン オールインワンジェルシリーズ累計販売実績2006年5月~2020年8月(ラフィネ パーフェクトワンシリーズ含む)

IRサイトについて

決算短信や決算説明資料、説明会動画など詳細な情報はIRページでご確認いただけます。

銘柄名をクリックするとマーケット情報に遷移します。

銘柄名
銘柄コード 4931
上場市場 東証マザーズ
取引単位 100株

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方