ファンドマネジャーによるセミナーを定期開催中! ニッセイアセットマネジメントの顔が見える投信「げんせん投信」

「げんせんトークラウンジ」は、運用担当者をはじめとするげんせん部員(げんせん投信に関わるニッセイアセットマネジメント(以下ニッセイアセット)の社員)が、お客さまとの双方向のコミュニケーションにより、ファンドの紹介だけでなく想いを語り合う場です。本記事では、4月にニッセイアセット本社にて行われた「げんせんトークラウンジ」の内容をご紹介します。

ニッセイアセットは、げんせん部員によるセミナーを今後も定期的に開催していく予定です。げんせん投信に興味がある方はもちろん、「投資に興味はあるけどよく分からない」など投資初心者の方もぜひ、今後のセミナーにお越しください。

チーフ・ポートフォリオ・マネジャー 伊藤琢氏

げんせん投信

  • ニッセイアセットマネジメントのWEBサイトへ移動します。
注文 積立

げんせんトークラウンジ

第一部 皆さんは何にワクワクしていますか? ~げんせん投信の概要~

運用担当者の伊藤氏(チーフ・ポートフォリオ・マネジャー)が登場しました。いつも話す内容を決めずに、参加者の顔ぶれを見ながら機動的にテーマを決めていくことを得意とする伊藤氏は、この日も「皆さんの顔をみながら、内容を決めたいと思います」と話しはじめ、自身の大学時代やレオス・キャピタルワークス藤野氏との出会いなど、人柄がわかるエピソードを展開。その後、げんせん投信の運用状況と投資哲学について説明しました。

収益性の改善幅が大きい銘柄だけに投資

まずパフォーマンスについてご説明します。2018年9月からの半年間は、私のファンド運用者としての人生の中で最も厳しい期間となり、TOPIX(東証株価指数)に劣後する結果となりました。しかし、げんせん投信が買い付けている「ニッセイ国内株式GENSENマザーファンド」は、運用開始の2014年から4年連続でTOPIX(東証株価指数)を上回る超過収益を得ており、トータルでも年率14.0%のリターンを上げています(2014年10月3日~2019年3月末)。

そのリターンを可能にしているのは、一貫した運用戦略です。げんせん投信のストラテジーは、究極的にはひとつ「収益性の改善の幅が大きい企業に投資し続ける」ということ。当ファンドでは、ニッセイアセット独自の業績予想に基づき企業の収益性の改善幅を4分位(ぶんい)に分けて、パフォーマンス評価を行っています。株式市場は非常に効率的であり、改善幅が大きい一分位に属する銘柄は、どの単年度で見ても常にパフォーマンスが良い。私はパフォーマンスが良好なファンドを運用するために、将来にわたって収益性が改善し一分位に入り続ける銘柄に投資すると決め、そのストラテジーを貫いています。

キーワードは、ワクワク、イキイキ、ニコニコ

一分位に入り続ける銘柄を選ぶために、私は企業の「目に見えない資産」を分析しています。物的資産や金融資産などの「目に見える資産」に対し、「目に見えない資産」とは、組織資産、人的資産、顧客資産であり、その質を左右するのが「経営トップ」です。目に見える資産は効率的な株式市場では株価にほとんど織り込まれているので、付加価値を生みにくい。企業の付加価値を生む競争力の源泉は「目に見えない資産」であり、私たちはこれについて直接経営トップに会って取材をし、点数化しています。

突然ですが、皆さんは今一番何にワクワクしていますか?ワクワクするというのはすごく大事なことで、生きる力の源になりますよね。企業も同じで、会社の真ん中に企業理念・文化・情熱などしっかりとしたハートがあり、“ワクワク”しているかが非常に重要です。それが「組織資産」です。次に、そのワクワクや情熱を社員やサプライヤーと分かち合い、従業員が“イキイキ”としているかが「人的資産」。製品やサービスを通じてワクワクをお客さまと分かち合い、お客さまが“ニコニコ”しているかが「顧客資産」です。

この三つの資産の質を大きく左右するのが経営トップ。私は経営トップに直接会い、様々な質問を投げかける中から、企業の「目に見えない資産」の価値を推し量り、評価しています。収益性を上げる企業を効率的に発掘する一番の近道は、この3つの「目に見えない資産」と経営トップを分析することなのです。

第二部 げんせん部員が何でもお答えします! ~Q&A座談会~

第二部は、Q&A方式による座談会。トークラウンジ開始時に配布された質問票を通じて、参加者から沢山寄せられた質問の一部をご紹介します。

Q「目に見えない資産」を分析する有効性は理解しましたが、どうやって点数化しているのですか?
A約20名のアナリストで630社の評価項目を点数化し、毎月レビュー(再検討)しています。

「組織資産」「人的資産」「顧客資産」と「経営トップ」のそれぞれについて、細分化した評価項目を設け点数を付けています。ニッセイアセットの約20名のアナリストたちが自分の担当銘柄(30~40銘柄)について評価を行い、毎月レビューし必要に応じて評価替えを行っています。私は評価が付いている630社について常にウォッチし、アナリストへのヒアリングと、実際の企業訪問を行いながら「目に見えない資産」を評価しています。

Q私は個人投資家として、社会的意義があるかという視点で投資していますが、社会的意義があっても従業員の方のお給料が低いなど課題のある企業があります。そういった企業についてファンドマネジャーとしてはどのように考えますか?
A収益性が上がらなければ当ファンドの投資対象にはしません。

もちろんESG(環境・社会・企業統治)やSDGS(持続可能な開発目標)といった視点から全銘柄について評価していますが、当ファンドは、「目に見えない資産」を分析し、収益性が上がっているかという視点で銘柄を厳選しているので、ご質問のような企業は投資対象にはなりません。なぜなら安いお給料では従業員の方は、イキイキはできませんよね。その旨、企業調査で経営トップにエンゲージメント(企業に対する助言)を行います。

運用担当者の伊藤氏から皆さまへ

ニッセイアセットは「げんせん投信」を一流のブランドに育てていこうと考えています。ブランドになるためには、ファンドパフォーマンスだけでなく、価値観や投資哲学、日々の振る舞いなどを含めて、お客さまから共感を得られなければなりません。そのため、ニッセイアセットは、当ファンドのセミナー「げんせんトークラウンジ」を開催し、直接皆さまとお会いして対話させて頂くことを大切にしています。

皆さまに「げんせんトークラウンジ」に何度もお越しいただくことを願っています。初めていらっしゃる方もいるため、運用戦略などのご説明では一部重複することもあるかと思いますが、毎回、投資にまつわる様々な情報を発信していく予定です。「げんせん投信」が皆さまとともに成長し、やがてブランドとして認知されるよう努めて参ります。

ニッセイアセットの「げんせんトークラウンジ」は、セミナーの構成や内容も参加者の皆さまと対話しながら、よりお客さま目線のプログラムに成長させていく予定です。
普段なかなか聞くことのできない運用担当者の生の声や、げんせん投信に関わる社員の熱い想いを、セミナーで聞いてみませんか?どうぞお気軽にお申込みくださいと呼びかけています。

げんせん投信

  • ニッセイアセットマネジメントのWEBサイトへ移動します。
注文 積立

委託会社:ニッセイアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第369号
加入協会 :一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

投資リスク

ご購入に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分にお読みください。

基準価額の変動要因

  • ファンド(マザーファンドを含みます)は、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本を割込むことがあります。
  • ファンドは、預貯金とは異なり、投資元本および利回りの保証はありません。運用成果(損益)はすべて投資者の皆様のものとなりますので、ファンドのリスクを十分にご認識ください。

主な変動要因

株式投資リスク 株式は国内および国際的な景気、経済、社会情勢の変化等の影響を受け、また業績悪化(倒産に至る場合も含む)等により、価格が下落することがあります。
流動性リスク 市場規模が小さいまたは取引量が少ない場合、市場実勢から予期される時期または価格で取引が行えず、損失を被る可能性があります。
  • 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

その他の留意点

株式市場が大幅に下落する可能性が高いと判断する場合、基準価額の下落リスクの軽減のため、ファンドは株式の実質組入比率を引下げることがあります。このため、以下の事項にご留意ください。

  • 市場が予期しない値動きをした場合等には、実質組入比率の引下げが効果的に機能しない可能性があり、その際には基準価額の下落リスクを軽減できない場合、あるいは株式市場の上昇に追随できない場合があります。
  • 実質組入比率の引下げでは主に株価指数先物取引を利用しますが、ファンドの組入株式と株価指数先物の価格変動率は一致するものではありません。このため、株式の実質組入比率を引下げるため株価指数先物を売建てている際には、組入株式と株価指数先物の値動きの差がファンドの収益の源泉となる場合がある一方、損失となりファンドの資産価値が減少する要因となる場合があります。

ご留意いただきたい事項

  • 投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資者の皆様のものとなります。投資元本および利回りが保証された商品ではありません。
  • 当資料はニッセイアセットマネジメントが作成したものです。ご購入に際しては、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等(目論見書補完書面を含む)の内容を十分にお読みになり、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は保険契約や金融機関の預金ではなく、保険契約者保護機構、預金保険の対象とはなりません。証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払対象にはなりません。
  • 当資料のいかなる内容も将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。また、資金動向、市況動向等によっては方針通りの運用ができない場合があります。
  • 当資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの信託財産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。受益者のファンドの購入価額によっては、支払われる分配金の一部または全部が実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

ファンドの費用

投資者が直接的に負担する費用

購入時 購入時手数料
(1万口当り)
購入申込受付日の基準価額に2.16%(税抜2.0%)を上限として販売会社が独自に定める率をかけた額とします。
  • 消費税率が10%になった場合は、2.2%となります。
料率は変更となる場合があります。詳しくは販売会社にお問合せください。
換金時 信託財産留保額 ありません。

投資者が信託財産で間接的に負担する費用

毎日 運用管理費用
(信託報酬)
ファンドの純資産総額に信託報酬率をかけた額とし、ファンドからご負担いただきます。
信託報酬率は、ファンドの純資産総額に応じて定まり、以下の通りとします。

信託報酬率(年率)

純資産総額 信託報酬率
1,000億円超の部分 0.7776%※1(税抜0.720%)
500億円超1,000億円以下の部分 0.8910%※2(税抜0.825%)
500億円以下の部分 0.9990%※3(税抜0.925%)
  • 消費税率が10%になった場合は、0.7920%となります。
  • 消費税率が10%になった場合は、0.9075%となります。
  • 消費税率が10%になった場合は、1.0175%となります。
監査費用 ファンドの純資産総額に年率0.0108%(税抜0.01%)をかけた額を上限とし、ファンドからご負担いただきます。
  • 消費税率が10%になった場合は、年率0.011%となります。
随時 その他の
費用・手数料
組入有価証券の売買委託手数料、信託事務の諸費用および借入金の利息等はファンドからご負担いただきます。これらの費用は運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を記載することはできません。

 ご注意

  • 当該費用の合計額、その上限額および計算方法は、運用状況および受益者の保有期間等により異なるため、事前に記載することはできません。
  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。