相場暴落時の備えを持ち、長期的に安定的な収益の獲得を目指したファンド「楽天みらいファンド」

「楽天みらいファンド」はこれまで着実に収益を積み上げてきました

「楽天みらいファンド」は、2013年4月に設定以降、着実に収益を積み上げてきました。
設定来のパフォーマンスは、2020年5月21日時点で+45.0%(年率5.5%)となっています。

基準価額の推移

  • 設定日(2013年4月2日)~2020年5月21日
  • 基準価額は、信託報酬控除後の値です。
  • 当ファンドは設定来、分配金を出しておりません。
  • ファンドでは、信託報酬として基本報酬額に加えて、ハイ・ウォーターマーク方式を 用いた成功報酬額を受領します。
  • 詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご確認ください。

さらに、「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ」において2年連続で最優秀ファンド賞を受賞!

ファンドのカテゴリ:ミックスアセット 日本円 積極型

  • リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2020 ジャパン 評価期間5年 最優秀ファンド賞
  • リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパン 評価期間3年 最優秀ファンド賞

「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパン」及び「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2020 ジャパン」の評価の基となる Lipper Leader Rating (リッパー・リー ダー・レーティング)システムのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。Lipper Leader Rating システムが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するもの ではないことにご留意ください。評価結果は、Lipper が信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、 その正確性、完全性等について保証するものではありません。

楽天みらいファンドの特色は

「楽天みらいファンド」は、分散投資+イベントリスクへの対応+為替ヘッジ、といった特徴を持ったファンドです。
また、数十年の長期にわたって収益を獲得し続けることを目指しており、コストも抑えた設計となっています。

主な特色は以下の通りです。【ポイント1】新興国を含めたグローバル株式に分散投資し、長期的収益獲得を目指します。【ポイント2】高利回り社債や新興国債券への分散投資で、長期的に高利回りの収益獲得を目指します。【ポイント3】想定外のマーケット下落時に、損失を軽減することを目指します。※ボラティリティ関連運用の活用(ポイント解説!を参照)【ポイント4】先進国為替は原則へッジし、リスクを抑制します。【ポイント5】「ETFの活用」と「成功報酬方式」により、効率的で納得感のあるコストで提供します。

ポイント解説!

当ファンドの大きな特色の一つとして、「想定外のマーケットの下落に対する備え」、があげられます。
具体的には、投資家がマーケットの先行きに対して不安を感じていると上昇する傾向にあるVIX指数(恐怖指数とも言われます)を活用した戦略(ボラティリティ関連運用)を組み入れています。このような資産を一部保有しておくことで、めったに起こることのない(想定外の)マーケット下落時に、損失の軽減を期待することができます。

市場急変時における、VIXと米国株指数(S&P500)の値動き比較

  • 2001年1月~2020年4月 (月次データ)
  • 米国株:S&P500指数(配当込、ドルベース)
  • 出所:ブルームバーグ

コロナ・ショックという想定外の下落に対して、「想定外のマーケットの下落に対する備え」が効果を発揮しました。

【ご参考】「ボラティリティ関連運用」を組み入れることの効果 - 楽天みらい・マザーファンドと参考ポートフォリオ(ボラティリティ関連運用を組み入れなかった場合)の比較 -

  • 上記の内容は過去のものおよびシミュレーションの結果であり、当ファンドの運用実績ではありません。マザーファンド及び参考ポートフォリオには、各種費用等は何ら考慮されておりません。また、「想定外のマーケットの下落」全てを回避できるわけではありません。
  • 2015/5/1~2020/4/30(日次データ)、2015/4/30を100として指数化
  • 参考ポートフォリオ:楽天みらい・マザーファンドにおけるボラティリティ関連運用の組入部分(原則20%)が、ボラティリティ関連運用以外の各投資先ファンドで同じ構成割合で運用されていると仮定して算出したもの。
  • 出所:ブルームバーグのデータをもとに楽天投信投資顧問作成

コロナ・ショック下でも、米国株と比較して安定した値動き

特に、コロナ・ショックにより、マーケットが大きく下落する局面でみても、「楽天みらいファンド」は米国株(配当込、ドルベース)と比較して安定的な値動きとなっています。

コロナ・ショックでも「楽天みらいファンド」は米国株と比較して安定的な値動き

  • 2020年2月20日~5月12日(日次データ)、2020年2月20日を100として指数化
  • 米国株:S&P500指数(配当込、ドルベース)
  • 出所:ブルームバーグ

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。