「資産づくりの空白を作らない!投資信託選びのMoney Hack」でご紹介した6ファンドを詳細解説

掲載日:2020年08月19日

8月19日公開の「資産づくりの空白を作らない!投資信託選びのMoney Hack」でご紹介した計6本のファンドをさらに詳しくご紹介します。「アフターコロナ」を見据え、3つの観点からファンドアナリストが優良なファンドを選定しました。

「骨太」な企業に投資する日本株ファンド

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

注文 積立

ファンドの特徴

経営者が大株主である「オーナー企業」に投資するアクティブファンドです。経営者のリーダーシップに注目し、企業の成長性・収益性と比較して割安な銘柄を厳選します。

楽天証券ファンドスコア(3年) ★★★★★ 5

アナリストのコメント

企業規模に関係なく、「中長期的に利益成長が期待できる」という観点でオーナー企業を選定・投資している点がポイントです。運用方針が明確で分かりやすく、アクティブファンド初心者でもチャレンジしやすいファンドです。サービス業や小売業など景気の影響を受けにくい業種の組入れ比率が高いため、コロナ禍でも基準価額が急落することなく、底堅さを発揮しました。

企業価値成長小型株ファンド

注文 積立

ファンドの特徴

国内の小型株(市場第一部・第二部、ジャスダック、マザーズなどの新興市場上場株式)の中から、利益成長による将来のROE水準やその改善に着目し銘柄を選定します。

楽天証券ファンドスコア(3年) ★★★★★ 5

アナリストのコメント

ファンド名にも「小型株」とある通り、まだ成長段階の若い企業をはじめ、規模が小さくとも今後の利益成長が見込まれる企業を厳選し、投資を行います。短期でみると基準価額の振れ幅が大きくなる局面もありますが、長期で積極的なリターンを追求したい方におすすめのファンドです。足元では、BASEやマクアケといった話題のネット関連企業も組み入れており、コロナショックを経て、なおも良好な成績を維持しています。

コロナ後も注目のテクノロジー関連株ファンド

netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)

注文 積立

ファンドの特徴

米国企業の中でも、テクノロジーの発展により恩恵を受ける企業を選定して投資するアクティブファンドです。具体的な業種は、メディア、テレコミュニケーション、テクノロジー、サービスなど多岐にわたります。

楽天証券ファンドスコア(3年) ★★★★★ 5

アナリストのコメント

1999年11月の運用開始以降、20年以上の運用実績を誇る「超長寿ファンド」です。「テクノロジー」と一口に言っても、その時代時代に合った業種や銘柄を選定し、コツコツと運用実績を積み上げてきました。足元では、GAFAMに代表されるNASDAQ上場銘柄が好成績に貢献しています。「米国IT株に興味はあるけど個別株投資は抵抗がある」という方にもおすすめです。

iFreeActive エドテック

注文 積立

ファンドの特徴

日本を含む世界の「教育」関連株式を選定・投資するアクティブファンドです。より具体的には、テクノロジーとの融合によって新たな市場を生み出している教育関連企業の株式に投資します。

楽天証券ファンドスコア(3年) -

アナリストのコメント

ファンド名の「エドテック」とは、教育を意味する“Education”と、テクノロジー”Technology“を組み合わせた造語で、従来の教育の仕組みに変革をもたらす新しいサービス全般を指します。当ファンドは、エドテックの分野で先進的な取り組みをおこなっている米国や中国の株式を中心に投資し、2018年の運用開始来、良好な成績を収めてきました。

分散投資の一パーツとして持っておきたい金関連ファンド

ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)

注文 積立

ファンドの特徴

実質的に金に投資することで、米ドル建ての金価格の値動きを概ねとらえることを目指します。為替ヘッジをおこなうことで、為替変動リスクの軽減を図ります。

楽天証券ファンドスコア(3年) -

アナリストのコメント

金ETFを用いるのではなく、実質的に金の現物に投資を行う点がポイントです。当ファンドのほか、為替ヘッジ機能の付いていない「為替ヘッジなし」も展開されています。金の資産分散効果に期待したいなら「為替ヘッジあり」を、為替の動きも含め金価格の値動きをダイレクトに享受したいなら「ヘッジなし」を選ぶと良いでしょう。

三菱UFJ 純金ファンド

注文 積立

ファンドの特徴

「純金上場信託(現物国内保管型)」に投資し、国内の取引所における金価格の値動きをとらえることを目指します。

楽天証券ファンドスコア(3年) -

アナリストのコメント

現存する公募投資信託の中で唯一、日本国内の取引所における金価格を反映する点がポイントです。ファンド自体に為替変動リスクはありません。なお、国内の取引所における金価格とは、東京商品取引所における金1グラムあたりの先物価格をもとに現在価値として算出した理論価格を指します。

篠田 尚子(しのだ しょうこ)

楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト


慶應義塾大学法学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。国内銀行で資産運用関連業務に従事後、ロイター傘下の投信評価機関リッパーで市場分析担当、ファンドアナリストとして活躍。
2013年より現職。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。