これから中長期で成長が期待される投資テーマに長期投資する!個性あふれるテーマ型株式投資の投資信託 3選

掲載日:2020年7月27日

今後成長が期待できるテーマでファンドを選ぶ時に大事なことは、有望な投資テーマでも、ファンドが長期的に成長する企業を選別しているかどうかです。
今回は、長期的に良好な運用成果が期待できるテーマ株ファンドをファンドアナリストがご紹介します。

ポイント
  • テーマ型株式投資の醍醐味は、今後、成長が期待できる業種や企業に厳選して投資することで、市場全体に投資するより、高いリターンが期待できることです。
  • 有望なテーマでも、個別企業は玉石混交。テーマ投資だからこそ、プロの銘柄選定スキルを活用できるアクティブファンドの利用が有効。

ファンドアナリストがおすすめするファンド

ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド

注文 積立

ファンドの特徴

好ましい社会的インパクトをもたらす事業によって、長期の視点から成長が期待される世界各国の企業の株式に投資します。

楽天証券ファンドスコア(3年)
-

アナリストのコメント

ベイリー・ギフォードは、スコットランド・エディンバラを拠点とする100年以上の歴史ある運用会社。長期的に大きな成長が期待できる銘柄に集中・長期投資するのが特徴です。次代の成長企業の発掘に定評があり、アマゾンやアルファベットには10年以上前から、ネットフリックス、テスラ、アリババにも5年以上前から集中・長期投資しています。

iFreeActive ゲーム&eスポーツ

注文 積立

ファンドの特徴

iFreeActiveは世界の変革をとらえ、未来を見据えた有望な テーマへの投資機会を提供するアクティブファンドシリーズです。

楽天証券ファンドスコア(3年)
-

アナリストのコメント

日本を含む世界の「ゲームおよびeスポーツ」関連株式の中から、テーマ関連事業の売上高やテーマ関連事業売上高の総売上高に占める 比率の見通し等を勘案し、10~20銘柄程度を組入銘柄として選定します。iFreeActiveでは、中国の新興企業の「チャイナX」、電気自動車の「EV」、教育産業の「エドテック」、先進的な医療機器・技術の「メディカルデバイス」など、ニッチなテーマに絞って投資できます。

野村未来トレンド発見ファンド Bコース(為替ヘッジなし)

注文 積立

ファンドの特徴

グローバルな視点で投資魅⼒のある中⻑期の成⻑テーマを複数選定 し、利益成⻑が期待される銘柄に厳選投資します。

楽天証券ファンドスコア(3年)
-

アナリストのコメント

楽天証券ファンドアワード2020 優秀賞受賞。テーマ投資の難しさは、そのテーマが期待通りの成長を遂げるかどうかという点です。どのようなテーマが良いか自分ではわからないけど、有望なテーマに投資したいという方は、成長テーマを選んでくれる当ファンドの運用コンセプトが向いているでしょう。直近では、AI/クラウドサービス、高齢化社会、アウトソーシング、消費の多様化、フィンテックといったテーマに分散投資しています。

吉井 崇裕(よしい たかひろ)

楽天証券経済研究所 客員研究員 ファンドアナリスト


1973年生まれ。明治学院大学経済学部卒業。モーニングスター、三菱アセットブレインズでファンドアナリスト、朝日ライフアセットで運用関連業務に携わり、2013年に独立。約6000本の投信に精通するプロフェッショナル。イデア・ファンド・コンサルティング代表。

トップダウンの発想で期待が持てる複数の投資テーマに長期投資する

株式投資の王道は、利益成長が期待できる企業に投資して、長期的な株価上昇の恩恵を受けること。この考え方にもとづいて「個別企業」に着目して、将来、成長が期待できる企業に選別投資する運用手法を「ボトムアップ・アプローチ」といいます。一方、将来成長が期待できる産業や有望な投資テーマから投資先企業を選択する考え方を「トップダウン・アプローチ」といいます。

この場合、有望なテーマであっても焦って飛びつかず、長期で投資を考えることが大切です。たとえば、1990年代後半~2000年にかけて、ITバブルというものがありましたが、その当時にIT関連の株式に投資した方は、バブルの崩壊で痛い目に遭ったことでしょう。いかに有望な投資テーマであっても、市場の期待が最高潮に達し、割高になった局面で投資すれば失敗に終わります。しかし、バブル崩壊後にIT関連株式に投資し、長期で保有した場合には、その後のアマゾンやグーグルに代表されるように、高い運用成果を残すことができました。ITという投資テーマは、やはり有望なテーマだったのです。しかし、それは長期で投資してみないとわからないことでした。ここから学ぶ教訓は、有望で壮大なテーマこそ長期投資が大事ということです。

さらには有望な投資テーマであっても個別銘柄選びが大事という点も考慮しておくべきです。同じ業種でも勝ち組企業と負け組企業があるように、有望なテーマでも長期的に生き残る企業を選別することが重要です。その点、アクティブファンドを活用すれば、ファンドマネジャーが将来性が期待できる銘柄を選んで投資するなど専門家のスキルを利用することができます。また一つのテーマに絞って投資するのは避けたほうが良いでしょう。有望なテーマといわれていたのに一時のブームで終わるということも数多くあるため、複数のテーマ株ファンドに分散投資をするか、1本のファンドで複数のテーマに投資してくれるファンドを選ぶと良いでしょう。

「野村未来トレンド発見ファンド Bコース(為替ヘッジなし)」とインデックスファンドの比較では、良好な運用実績がでています。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。