継続は力なり!(自助努力が必要不可欠に!?財政検証をふまえ、次の一歩を踏み出そう!!)

継続は力なり!自助努力が必要不可欠に!?財政検証をふまえ、次の一歩を踏み出そう!!

自助努力が必要不可欠に!?財政検証とは

6月に公表された金融庁の報告書が「老後2,000万円問題」としてメディアで大きく取り上げられたのは記憶に新しいと思いますが、厚生労働省が8月27日に将来の公的年金の財政見通し(財政検証)を公表したことは知っていますか?

財政検証は5年に1度行われ、公的年金の定期健診とも呼ばれます。公的年金制度の現状、そして、現状を踏まえて将来の見通しはどうなるのかを検証していくものです。

財政検証から何がわかったのか

財政検証では、その年に年金を受給開始する受給者に対して、公的年金の収入が現役時代の収入の何パーセントぐらいになるかの参考値を示しています。この指標を「所得代替率」と言い、公的年金の運営においては、この所得代替率は50%を割らないようにしていくことが主要な目標となっています。

現在は61.7%の所得代替率ですが、今回の財政検証の中で提示されている6つの長期シナリオ分析(図表①)をみると、実は、成長率など最も望ましい前提条件を置いたときでさえも所得代替率は2046年度にかけて51.9%にまで長期間にわたって低下する見通しです(ケースⅠ)

一方、望ましくない2つのシナリオでは所得代替率は40%台半ばまで低下し(ケースⅣ・Ⅴ)、最悪シナリオでは36-38%までの低下が予想されています(ケースⅥ)。

これらのシナリオ分析を見ると、我々の年金額に直結する所得代替率の改善は、見込み難いことが分かるかと思いますし、また自助努力の必要性も改めて感じます。

とりあえず調べた「資産形成」。
でも認知度が大きく上がらないおトクな制度

ここ数ヶ月金融庁の報告書、今回の財政検証に関するメディアの報道で、わたしたちは「公的年金に加えて自助努力が必要」という意識がだいぶ摺り込まれたと思います。しかしながら、興味関心をもって多くの方が資産形成について調べているものの、資産形成を行う上でおトクな非課税制度である「つみたてNISA」の認知度は、大きく上がっていないようです。

金融庁の報告書が報道された6月は、ウェブ検索において、資産形成や老後資金といったキーワードの検索が跳ね上がっていますが(図表②)つみたてNISAの認知度調査をみると6月以降も認知度の向上トレンドに大きな変化はありません(図表③)

これは、一体、どういうことなのでしょうか? おそらく、日本全体として資産形成への関心は高まったものの、つみたてNISAなどの具体的な制度や、方法を調べるところまではできていないのかもしれません。

今こそ資産形成の時!まずは一歩踏み足してみよう!

資産形成はできるだけ早く始めるほど投資を実践していく期間は長くなり(長期投資の実践)、投資成果がプラスとなる可能性が高まります。(第一回記事『積立投資の効果とeMAXIS Slimのご紹介」はコチラ

また長期の投資には、非課税の期間が20年間と長い、つみたてNISAが非常にオススメです!

自助努力の必要性を暗に示唆している今回の財政検証をきっかけに、資産形成を関心にのみとどめることなく、証券口座の開設、投信積立など、具体的な行動に移してみましょう!

 積立投資に関するご注意

  • 積立投資は運用状況によっては投資元本を割り込むケースがあります。
  • 上記は他の資産でも同様の結果になることを示唆するものではありません。
  • 計測する期間が異なる場合は結果も異なる点にご注意ください。

つみたてNISAでも買える!
楽天証券取り扱いの「eMAXIS Slim」シリーズ

楽天証券で投資ができる、低コストのインデックスファンド「eMAXIS Slim」シリーズは11ファンド(2019年5月27日時点)。そのうち、9ファンドはつみたてNISA対象ファンドとなっています。
ファンドの詳細、リスク、手数料等については、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)にてご確認ください。

ファンド名 つみたてNISA可 ご注文
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 注文 積立
eMAXIS Slim国内株式(日経平均) 注文 積立
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 注文 積立
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 注文 積立
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型) 注文 積立
eMAXIS Slim先進国株式インデックス 注文 積立
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 注文 積立
eMAXIS Slim新興国株式インデックス 注文 積立
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 注文 積立
eMAXIS Slim国内債券インデックス × 注文 積立
eMAXIS Slim先進国債券インデックス × 注文 積立

設定・運用は

三菱UFJ国際投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第404号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

バックナンバー

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。