愛称:バーゲンハンターピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド

歴史的な低金利水準が続き、従来のように債券からの安定的な利金収入の獲得が困難になりました。このような環境では、株式と債券を組み合わせる伝統的な分散投資による長期的な資産形成が難しくなったと考えられます。
今回募集を開始する「ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド(愛称:バーゲンハンター)」は、リスクプレミアムに注目することで、様々な市場環境に柔軟に対応して効率的な運用を目指すファンドです。
210余年の歴史を誇るピクテが、低金利時代の新たな選択肢として開発した運用を、投資家の皆さまにご提供します。

  • 国債は安全資産とは言えない?
  • リスクプレミアムに注目する新ファンド
  • ファンドの特色

国債はもはや安全資産とは言えないのか

過去最低水準を継続する主要国の国債利回り

日本やドイツの国債利回りがゼロ近辺で推移するなど、主要国の国債利回りが低下したことで、従来に比べて利金収入を期待することが困難になりました。
更なる利回りの低下余地が限られてくる中、将来の利回り上昇(=債券価格下落)の可能性を考慮すると、国債を保有するリスクを意識する必要があります。

主要国の国債利回り推移
月次、期間:1984年12月末~2020年4月末

米国:FTSE米国国債指数、日本:FTSE日本国債指数、ドイツ:FTSEドイツ国債指数
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

拡大を続ける中央銀行の総資産

主要先進国の中央銀行は、景気や物価を下支えするために、国債を大量に買い入れることで市場に資金を供給しています。その結果、各国の債務残高は膨張し、一部の国ではその水準がGDP(国内総生産)を上回るなど、将来のデフォルト(債務不履行)リスクさえも頭をよぎります。(注)

日本、米国、欧州の中央銀行の総資産の推移
円換算、週次、期間:1999年1月1日~2020年4月24日

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
(注)自国通貨建て国債では支払い能力不足を原因とするデフォルトはありません。

不透明な市場環境を乗り切る、リスクプレミアムに注目する新ファンド

各資産のリスクプレミアムに注目し、様々な市場局面に柔軟に対応

バーゲンハンターは、株式、金、債券、リートを主要投資対象とし、それぞれのリスクプレミアムに注目することで、様々な市場局面に柔軟に対応するファンドです。
各市場局面において、投資魅力度の高い(=リスクプレミアムが期待できる)資産の投資比率が高まるように運用を行います。

point リスクプレミアムとは?

株式や債券などのリスク資産には、資産価格が変動するリスクが伴います。
リスクプレミアムとは、リスク資産の期待リターンにおいて価格変動リスクの対価とみなされる部分のことを意味し、無リスクの資産に対して期待するリスク資産のリターンの上乗せ分を指します。

リスクプレミアムのイメージ

【ご参考】
リスクプレミアムの推定には様々な方法がありますが、例えば金利水準を参照する投資戦略を用いた過去のシミュレーションでは良好なパフォーマンスを示します。

ゴールデン・リスクプレミアム戦略の一例(シミュレーション)
円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

※1986年7月末を100として指数化。

配分比率の推移
円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

  • シミュレーションでは最大下落率が抑制され、下落後の回復期間も短縮化されたものとなります。

最大下落率の比較(シミュレーション)
円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

下落後の回復期間(シミュレーション)
円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

  • ゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算)およびそれぞれの資産として使用した指数については、ページ下部の「パフォーマンス・シミュレーションおよび使用した指数」をご参照ください。
    出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記は、過去の指数を用いて算出した1986年7月末から2020年4月末までのシミュレーション結果であり、ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。シミュレーションにおける資産配分比率は、2020年5月1日時点での当ファンドにおける資産配分の一例を示したものであり、必ずしも上記の通りとなることを保証するものではありません。シミュレーションについての詳細はページ下部をご参照ください。

ファンドの特色

特色1 主に世界の様々な資産クラスに投資します

主に株式・金・債券・リートなどを投資対象とします。

  • 上記の資産クラスが組入れられない場合や上記以外の資産クラスが組入れられる場合があります。

  • 上記はイメージです。上記の資産クラスが組入れられない場合や上記以外の資産クラスが組入れられる場合があります。

特色2 世界の市場環境に応じて魅力的なリスクプレミアムが期待できる資産を選定し、
配分比率の決定を行います

  • バーゲンハンターは、世界の市場環境に応じて、魅力的なリスクプレミアムが期待できる資産で 構成されるポートフォリオの構築を目指します。
  • 基本資産配分の見直しは原則として月次で行います。

  • 上記はイメージであり、実際の資産配分比率とは異なります。
  • 上記の資産クラスが組入れられない場合や上記以外の資産クラスが組入れられる場合があります。

特色3 年1回決算を行います

毎年6月25日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。 必ず分配を行うものではありません。

リスクプレミアム獲得の新たな選択肢、金

足元の環境でリスクプレミアムが期待できる金

足元の低金利環境では、従来と比べて利金収入を期待することが困難になった債券には投資せず、成長力やディフェンシブ性が魅力の株式と金で構成されるポートフォリオとなっています。

モデル・ポートフォリオの組入比率
2020年4月末現在

  • 上記は2020年4月末現在のモデル・ポートフォリオであり、実際のファンドの配分比率とは異なります。
  • 各資産の特徴は、2020年4月15日現在の指定投資信託証券の商品性を簡略的に示したものであり、当戦略の試算に用いられた資産とは異なります。なお、指定投資信託証券は今後変更されることがあります。
    出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

低金利環境で増す、その輝き

金利水準が高い環境では、相対的な安定性と利金収入が魅力の債券に対し、金利を生まない金はあまり注目をされてきませんでした。
しかし、現在のような低金利環境下では、債券に対する金の相対的な魅力の高まりを背景に、金価格は上昇基調で推移しています。

米国10年国債利回りと金価格の推移
月次、期間:1971年1月末~2020年4月末

  • 金価格:ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシングLtd-LBMA PMフィキシング価格/USD。
    出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

低金利時代の新ファンドを、新しい資産運用の選択肢に

めまぐるしく市場環境が変化し、国債がもはや安全資産と言えない時代に、どのような資産運用が求められるのか。

ピクテでは、リスクプレミアムに注目する資産配分により、柔軟な視点で効率的な運用を目指すファンドが、投資家の皆さまにとって新たな選択肢になりうると考え、当ファンドを開発しました。

ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド【愛称:バーゲンハンター】を長期の資産形成にお役立て頂ければ幸いです。

パフォーマンス・シミュレーションおよび使用した指数

  • シミュレーションは1986年7月末から2020年4月末までの過去のデータに基づいてピクテ投信投資顧問が算出した試算結果です。ファンドにおける運用の考え方をつかんで頂くため、ファンドと同様の運用の考え方に基づき算出した資産配分比率と、その資産配分比率に投資対象のリターンを掛け合わせ、それらを合計したパフォーマンス結果であり、実在するポートフォリオの資産配分比率の推移でも、リターンの推移でもありません。
  • 試算に際しては、①各資産毎に月次リターンと月末投資比率を掛け合わせ、それらを合計して、パフォーマンスを算出しています。②運用管理費用等控除前の試算です。③過去の売買実行可能性および売買手数料、税金等の費用は考慮していません。ファンドの運用においては、売買コストや信託報酬、運用資産の規模、設定解約に伴う資金流出入などによる影響が生じます。そのため、ファンドの運用成果が、試算結果と同様のリターンまたはリスクを達成することを約束するものではありません。
  • これらは過去の算出結果および試算結果であり、将来を約束するものではありません。
  • 試算及び当資料で用いた投資対象指数等は、以下の通りです。
  • 世界株式:MSCI世界株価指数、配当込み、円ベース ※1
  • 世界公益株式:Datastream世界公益株価指数、配当込み、円ベース ※1
  • 新興国高配当株式: MSCI新興国高配当株価指数、配当込み、円ベース(2000年12月末以降) ※1
  • 世界国債:FTSE世界国債インデックス 円ヘッジベース
  • 金(為替ヘッジなし):ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシングLtd-LBMA PMフィキシング価格/USD、円ベース
  • 金(為替ヘッジあり):ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシングLtd-LBMA PMフィキシング価格/USD、円ベース ※2
    • ファンドの試算における株式部分のパフォーマンス算出は、2000年12月末以前は、世界株式および世界公益株式を半分ずつ保有した場合の試算、2000年12月末以降は世界株式、世界公益株式および新興国高配当株式を1/3ずつ保有した場合の試算を行なっています。
    • 米ドルと日本円の短期金利差から計算した為替ヘッジコストを反映し、ピクテ投信投資顧問が算出したものです。

当資料で使用した市場指数の著作権等について

  • MSCI世界株価指数はMSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。また、MSCIは同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
  • FTSE世界国債インデックスは、FTSE Fixed Income LLCにより運営されている債券インデックスです。同指数はFTSE Fixed Income LLCの知的財産であり、指数に関するすべての権利はFTSE Fixed Income LLCが有しています。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。