現在地
ホーム > 特集 > 分散投資のメリット

分散投資のメリット

どんな組みあわせがオススメ?最大の効果をねらってバランス良く資産配分

投資信託は、少額から、様々な投資先に分散投資ができます。そのため、お客様一人ひとりの投資目標に合わせて、資産配分をバランスよく調整できるところが大きな魅力です。
せっかく大事な資産を投資するのですから、最大の効果をねらい、リスク・リターンを考慮してバランスよく投資しませんか?

「分散投資ってなに?」
「今まで組合せについて考えてこなかった」
「ついつい同じ投資先の商品を買ってしまう」
「自分の組合せが偏っているかわからない」方へ

投資信託のプロ、楽天証券経済研究所 山崎 元が、わかりやすく分散投資の考え方をご紹介いたします。
今一度、資産配分について、基礎知識を復習しましょう!

分散投資とは?

分散投資とは、「投資先」、「資産」、「時間」を分けて投資を行うことで、リスクをコントロールする考え方を指します。投資リスクの低減を
目指すためには、複数の金融商品や投資先に、資産や時間を分散投資することがおすすめです。

分散投資のすすめ

山崎 元

分散投資をおすすめするのは、その方が「有利に」投資できるからです。
株式投資でも一銘柄に投資するよりは、複数の銘柄に投資する方が、投資金額に
対するリスクが小さくなります。投資金額に対するリスクが小さいということは、想定される最大損失額が同じなら、より多くの金額が投資できるということであり、それはより大きな収益を期待できるということです。精神衛生にもいい訳ですが、より大きな収益のためにも、分散投資を活用することをおすすめします。

投資信託を使うと、少額の投資でも分散投資のメリットを利用することができます。
その場合、できれば資産の種類についても分散投資を活用したい。日本株のファンドだけに投資するよりも、日本株と外国株のファンドに、例えば半々のウェイトで投資する方が、投資金額当たりのリスクを小さくできます。

たとえば「TOPIX」に連動するファンドに4割、日本以外の先進22ヶ国の株式で
構成される「MSCI-KOKUSAI」に連動するファンドに6割という配分が、過去のデータから計算したリスクを小さくできる株式の国際分散投資の組み合わせです(詳しくは拙著「超簡単お金の運用術」朝日新書を参照)。比率は厳密でなくてもいい。実は、メンテナンスもほとんど必要なしに、プロ並みの「ポートフォリオ」ができてしまうのです。

楽天証券で取扱いのある投資信託の種類

・・・各カテゴリの売れ筋

  国内 海外
株式型 一般型 取扱い191本(ノーロード55本)

DIAM 新興市場日本株ファンド

取扱い225本(ノーロード35本)

HSBC ブラジルオープン

インデックス型 取扱い38本(ノーロード26本)

MHAM株式インデックスファンド225

取扱い25本(ノーロード18本)

eMAXIS 新興国株式インデックス

ブルベア型 取扱い4本(うちノーロード0本)

楽天日本株トリプル・ブル

取扱い3本(ノーロード0本)

新光 Wブル・香港株オープン

債券型 取扱い20本(ノーロード16本)

STAM 国内債券インデックス・オープン

取扱い313本(ノーロード43本)

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)

REIT
(不動産投信)
取扱い19本(ノーロード5本)

MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)(ビルオーナー)

取扱い35本(ノーロード7本)

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

ミックスアセット 取扱い133本(ノーロード38本)

楽天資産形成ファンド(楽天525)

その他 取扱い41本(ノーロード8本)

ブラックロック・ゴールド・ファンド

  • データ出所:(カテゴリ別売れ筋)2011年3月1日~3月31日楽天証券約定実績
  • データ出所:(取扱い本数)2011年4月15日時点

口座をお持ちでないお客様 資料請求・口座開設はこちら

すでに複数お持ちの方はこちらをチェック! 投資信託の人気組合せNO.1は?

「どのように組合せたらよいかわからない」「他の人がどのような分散投資をしているのか知りたい!」といったお客様の声にお応えし、当社で人気のある投資信託の組合せをご紹介いたします。

ぜひ、お客様の投資情報にお役立てください!

人気の組合せで投資信託を選ぶ

投信信託を3本以上保有なさっているお客様の人気組合せNo.1! 国内株式 × 海外株式 × 海外債券

山崎 元

投資信託を買ったことがあれば、あなたは分散投資の入門を既に済ませています。
この際、「入門」だけにとどまらずに、もう一歩先に進んでみましょう。

方法は、資産の種類が異なる二本目、三本目のファンドでリスクの分散を図ることです。
日本株のファンド、外国株のファンドのどちらか一方だけでなく、両方を保有するところまでは、できれば、最初から立ち止まらずに進んで欲しい。この分散投資の効果は大きいからです。

三本目のファンドには、あなたの好みや狙いを反映させてみる手もあります。
経済成長率の高い新興国の株式ファンドに投資するのもいいし、将来の資源価格
高騰を睨むなら資源株に投資するファンドを加えるという手もあります。

債券ファンドにも可能性があるかも知れない。何れにせよ、値動きの大きなカテゴリーに投資する場合は、投資比率を抑えて、「枕を高くして眠れる」組合せを作りましょう。安心して持てる配分で投資するのが長続き
する方法であり、だからこそ資産形成を成功させるコツでもあります。

具体的な投資のアイデアについては、他の投資家の組み合わせ方を参考にして貰ってもいいし、私の「ホンネの投資教室」でもお知らせしていきます。しかし、投資の内容は、納得できるまで考えて、最後は自分で決めて欲しいと思います。考えることも投資の楽しみ
ですね。

  • データ出所:2011年3月31日時点:当社で投資信託を3本以上保有なさっているお客様の人気保有組合せ

買付金額で人気のファンドを探す

8月に買付件数が多かったファンドの人気ランキングをチェック!

日本株式から選ぶ 銘柄名 運用会社 手数料 ファンドの特徴

1

MHAM株式インデックスファンド225 みずほ投信 なし 日本の金融商品取引所に上場されている株式に投資する。日経平均株価採用銘柄の中から200ー225銘柄に、原則として等株数投資を行う。

2

ニッセイ日経225インデックスファンド ニッセイアセット なし 日本の証券取引所上場株式のうち、日経平均株価(225種・東証)採用銘柄に投資を行う。

3

日経225ノーロードオープン DIAMアセット なし 日本の株式を主要投資対象とする。株式については、原則として日経平均株価(日経225)採用銘柄の中から200銘柄以上に等株数投資を行う。

4

DIAM 新興市場日本株ファンド DIAMアセット なし 日本の株式を主要投資対象とする。株式については、原則として日経平均株価(日経225)採用銘柄の中から200銘柄以上に等株数投資を行う。

5

eMAXIS 日経225インデックス 三菱UFJ投信 なし わが国の株式に実質的な投資を行い、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果をめざして運用を行う。
海外株式から選ぶ 銘柄名 運用会社 手数料 ファンドの特徴

1

eMAXIS 新興国株式インデックス 三菱UFJ投信 なし 新興国の株式等に実質的な投資を行い、MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う。

2

三菱UFJ NASDAQオープン Aコース 三菱UFJ投信 なし NASDAQに登録されている高成長が期待できる株式に投資し、キャピタルゲインの積極的な獲得をめざす。原則として、為替ヘッジを行う。

3

STAM グローバル株式インデックス・オープン 住信アセット なし 日本を除く世界の主要国の株式に投資を行う。原則として、為替ヘッジを行わない。

4

eMAXIS 先進国株式インデックス 三菱UFJ投信 なし 日本を除く世界各国の株式に実質的な投資を行い、MSCI Kokusai Index (MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う。

5

CMAM外国株式インデックスe 中央三井アセット なし 日本を除く世界の主要国の株式に分散投資を行う。MSCIコクサイ指数(円ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。
海外債券から選ぶ 銘柄名 運用会社 手数料 ファンドの特徴

1

短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 大和住銀投信 500万円未満:2.10%(税込)
500万円以上1000万円未満:1.575%(税込)
1000万円以上:1.05%(税込)
豪ドル建ての高格付の公社債および短期金融商品に投資を行う。

2

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド フィデリティ投信 500万円未満:2.10.%(税込)
500万円以上1000万円未満:1.05%(税込)
1000万円以上:0.525%(税込)
米ドル建て高利回り事業債(ハイ・イールド・ボンド)に投資を行う。高水準の利息東の収入の確保を図るとともに、値上がり益の追求を目指す。主に、Ba格(ムーディーズ)以下またはBB格(S&P社)以下の格付けの事業債に投資する。

3

エマージング・ボンド・ファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配型) 大和住銀投信 500万円未満:3.15%(税込)
500万円以上1000万円未満:2.10%(税込)
1000万円以上:1.05%(税込)
主に米ドル建ての新興国の政府および政府機関等の発行する債券を主要投資対象とするケイマン籍の円建て外国投資信託「TRP Global Emerging Markets Bond Fund BRL Class」受益証券および「キャッシュ・マネジメント・マザーファンド」受益証券証券を主要投資対象とする。

4

DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ(ブラジルレアルコース) DIAMアセット 500万円未満:2.10%(税込)
500万円以上:1.05%(税込)
主としてケイマン籍円建ての外国投資信託「ケイマン エマージング ソブリン ファンド クラス(BRL)」を主要投資対象とする。外国投資信託への投資を通じて、米ドル建ての新興国ソブリン債に実質的な投資を行う。

5

MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型) みずほ投信 なし オーストラリアの信用力の高い公社債に分散投資を行う。UBSオーストラリア債券(総合)指数(為替ノーヘッジ・円換算ベース)をベンチマークとし、中・長期的にベンチマークを上回る運用成果を目指す。
  • データ出所:(買付ランキング)2011年3月1日~3月31日楽天証券約定件数上位5位

口座をお持ちでないお客様 資料請求・口座開設はこちら

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

  • お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「買付手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「ファンドの管理費用(信託報酬)」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。
各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?