現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 株式 > 広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」 > 第112回 米国企業の海外利益課税の問題について

「わかりやすいグローバル投資レポート」一覧へ

2016年11月7日

第112回 米国企業の海外利益課税の問題について

【今日のまとめ】

  • インフラストラクチャ投資の原資として海外利益への課税が注目されている
  • 2.4兆ドルの海外利益が貯め込まれている
  • 米国政府が徴収すべき法人税、6,950億ドルが徴収できていない
  • 政府は海外利益送金に対し1回限り、10%の税金を取れる
  • しかし米国に送金した利益を、その後、どう使うか?は口出しできない
  • 自社株買戻しが最も起こりやすいシナリオ

インフラストラクチャ投資の原資としての海外利益課税

米国企業が、米国の高い法人税率を逃れるため、海外の法人税率の低い国にペーパー・カンパニーを設立し、そこに利益を貯め込んでいる問題が、しばしば取り上げられます。

今回、大統領選挙で、ヒラリー・クリントン候補が、インフラストラクチャへの積極的な投資を選挙公約として打ち出し、その原資として米国企業が海外に貯め込んだ利益を、1回限り、米国へ特別に低い10%という税率で送金することを許すことを提案しました。

これはもともとオバマ大統領が2015年2月の一般教書演説で提案したアイデアで、連邦道路信託基金を増強するための措置として示されたものを手直ししたプランです。

現在、米国企業が海外にキープしている利益は、2.4兆ドルにのぼると言われています。そのうちの一部が米国へ送金される際、政府が10%の税金を徴収すれば、なるほど連邦道路信託基金を膨らませることは可能です。

米国企業の海外利益の現状

非営利調査政策提言団体、シチズン・フォア・タックス・ジャスティス(租税正義のための市民)によると「フォーチュン500」のリストに載るような米国の大企業は全体として2.4兆ドルの海外利益(アンリパトリエーテッド・インカム)を税率が10%以下の低法人税国に貯め込んでおり、そのために本来であれば米国連邦政府が徴収すべき税金、6,950億ドルが徴収できていないと指摘しています。

米国の法人税率は35%なので普通、企業が海外で稼いだ利益を米国へ戻すと、35%の利益が課せられます。ただし、その際、すでに先方の国で企業が法人税を納めている分については、二重課税を防ぐ意味で課税対象から除外されます。すると米国企業が海外利益の米国への送金の際、たとえば「うちは25%の税率を払っている」と言えば、それは先方の国の政府には10%の税金を払っていることを示唆するというわけです。

いま殆どの先進国は20%以上の法人税を課しているので、10%前後ということになるとそれはタックスヘイヴンを利用していると疑われてもしょうがありません。

海外利益を貯め込んでいる企業

下は海外利益をたくさん貯め込んでいるおもな企業のリストです。

なお、このリストは網羅的ではありません。たとえばヒューレット・パッカードのように最近、2つの企業に分社化したことで計算が困難になった企業は除外しました。

このグラフでは、単純に海外利益の絶対額の多寡を比べているのですが、企業の事業規模はまちまちです。だから海外利益の大きさだけを単純比較するのはフェアではありません。

そこでそれぞれの企業の発行済み株式数で上の海外利益額を割算し、「一株当たりアンリパトリエーテッド・インカム」に直したのが、下のグラフです。

さて、上の「一株当たりアンリパトリエーテッド・インカム」が、現在のそれぞれの企業の株価に比べて、どのくらい大きいのか?は「一株当たりアンリパトリエーテッド・インカム」÷(株価)で計算できます。

するとファイザー、IBM、GE、シスコ・システムズ、メルクなどが多いことがわかります。

海外利益を10%の法人税率で送金した場合、その金で何をやる?

さて、海外利益を、一回限り、米国に10%の法人税率で送ることが出来るという法律が出来た場合、その米国に戻したお金で、それぞれの企業が何をするか?ということについては政府が口出しすることは、できないと思います。

もっとも可能性が高いのは、自社株の買戻しでしょう。

すると上のグラフで一株当たりアンリパトリエーテッド・インカムが株価に占める割合の高い企業は、この法案が成立した際には自社株買戻しが入りやすいと結論付ける事が出来ます。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

広瀬隆雄

「わかりやすいグローバル投資レポート」

グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

新着レポート

山崎俊輔

投資信託 2017/04/25

個人投資家は有事のすぐあとに焦って売らないこと

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/04/25

今週は、フランス大統領選(第1回)を通過し、18,500〜19,000円の中で上値を試す動き

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/04/25

仏大統領選挙、予想通りでドル買い戻し ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/04/25

少数精鋭の5月優待。寿司、ファッション、コメ!

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/04/25

仏大統領選は好結果 でも消えぬEUの火種(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/04/24

ふたつの「もみ合い」が株価を拘束?

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/04/24

「柴田法則」個別銘柄分析 4月第5週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/04/24

下向きの25日移動平均線に接近中、今週上回るか要注目

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/04/21

コメント:半導体製造装置(東京エレクトロン、ディスコ)、ソニー

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/04/21

米国の原油生産量が6か月程度で過去最大レベルに達するシナリオとは!?

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。