現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 株式 > 広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」 > 第89回 メキシコ経済の近況

「わかりやすいグローバル投資レポート」一覧へ

2015年12月14日

第89回 メキシコ経済の近況

【今日のまとめ】

  • メキシコ経済は米国、カナダと緊密な関係がある
  • 税制改革を行った
  • メキシコ・ペソが大幅に下落した
  • 通貨下落で輸出競争力はUP
  • 腐敗、犯罪などは引き続き問題である
  • 中国経済の減速の影響を受けない

メキシコ経済の概観

メキシコは中南米でブラジルに次いで2番目に大きい経済です。2014年のGDPは1.28兆ドルでした。

メキシコの人口は1.25億人で人口の52.3%が貧困層です。

メキシコは1994年に発効した北米自由貿易協定(NAFTA)により、アメリカ、カナダ両国の経済と結びつきを強めています。メキシコのマキラドーラ地域は米国の製造業の移転先となっています。

メキシコ湾では国有石油会社ペメックスが操業しています。ペメックスは、かねてから経営改革の必要が指摘されており、最近、ようやくテコ入れが始まっています。

メキシコ経済はアメリカ経済に影響を受けやすいです。

失業率は改善基調にあります。

メキシコの経常収支は赤字となっています。

税制改革

メキシコは2013年に所得税の引上げを行いました。また燃料に対して課せられる消費税も増税されました。これが原油価格下落によるロイヤリティー収入の減少を補っています。

メキシコ政府はさらに公共工事への支出を切り詰めることで財政健全化を進めています。

メキシコ政府の債務はGDPの45%程度です。

メキシコ・ペソの下落

メキシコ・ペソは2015年1月1ドル=0.068でしたが、12月11日現在1ドル=0.0578となっています。これは-15%の下落です。

メキシコ・ペソの下落は、メキシコ経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的要件)が悪化したことが原因ではなく、米国の連邦準備制度理事会(FRB)がいよいよフェデラルファンズ・レートを引上げることを見越した動きです。

メキシコ・ペソの下落は輸入品価格が高騰する要因です。それを打ち消す要因としてコモディティ価格の下落が寄与しています。その結果、メキシコのインフレは安定的に推移しています。

その他の要因について

メキシコは麻薬密売をしているマフィアのボスが刑務所から脱走するなど、犯罪や腐敗に関するニュースが絶えません。

また一握りの富豪が、経済活動を牛耳っているという弊害もあります。

貧富の差も拡大しつつあります。

その反面、海外からのホットマネーが最近は殆ど入り込んでいないため、経済がそれに翻弄されるリスクは低いですし、最近のペソ安でメキシコの輸出競争力は改善しています。

メキシコの銀行セクターは健全で、銀行のバランスシートは強固です。また消費者の負債比率は低く、家計部門は健全です。

メキシコは他の南米諸国のように中国に対するコモディティの輸出に依存していないため、中国経済の減速の影響を受けません。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

広瀬隆雄

「わかりやすいグローバル投資レポート」

グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/05/26

特集:半導体製造装置(東京エレクトロン、アドバンテスト、アドテックプラズマ、平田機工)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/05/26

なぜ減産を延長したのに原油価格が急落したのか?問題は延長の仕方にあり。

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/05/26

外食、金券が充実の6月優待。あの超人気「パンケーキ」も♪

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/26

不確実性を乗り越える?日本の配当貴族に注目(香川睦)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/05/25

「チャートで為替・株式相場を読む・昨日のドル/円乱高下相場での実践的トレードテクニック」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/05/25

必見!株式投資で成果が出にくい個人投資家の共通項とは?(その1)

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。