現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第165回 長期投資をしていて良かった

第165回 長期投資をしていて良かった

2014年1月17日

道草を食わされたけど

新年を迎えるにあたり、明るい見通しを話しましょう。それは、本格的な長期運用の「さわかみファンド」船に乗っていて良かったということを、これからどんどん実感してもらえる最初の年になるだろうということです。

実は、2007年に基準価額が2万円台に乗り、一度はファンド仲間の皆様に「長期投資はこんなにすごいのか」を体験してもらえました。ところが、リーマンショックで株価全般は1982年の水準にまで叩き売られ、長期の財産づくりは元の木阿弥となってしまいました。

これはと思う企業の株価が売られたら断固たる応援買いを入れるぞ、それが長期投資家の真骨頂だ。そういって買い向った「さわかみファンド」の基準価額は半分以下にまで棒下げしたのです。ファンド仲間の皆様には、その後6年間も成績低迷にお付き合いさせてしまい、誠に申し訳なく存じます。

ずいぶんと道草を食わされましたが、どうやら「さわかみファンド」は本来の長期運用軌道に乗ってきたと思われます。これからは、急ピッチで遅れを取り戻してくれるでしょう。

さて、ここからが大事なポイントです。それは、これから襲ってくるであろう荒波を本格的な長期投資で乗り切っていくことで、「さわかみファンド」への信頼と安心感がどんどん高まっていくだろうということです。

荒波?今年あたりからその徴候が出始めると思われるのが、国債価格の下落と長期金利の上昇です。当初は、金融マーケットも日本経済も軽いジャブを浴びる程度の打撃で収まるでしょう。しかし、そのうち国債の値崩れと長期金利の上昇にブレーキがかからなくなり、金融界はじめ多くの産業が大混乱に陥るのは避けられません。

世界中を見渡すに、国債バブルとその崩壊懸念はあっても、人々の生活を支える企業群のビジネスは一時たりとも途切れることはありません。かりに、金融界の混乱でリーマンショック時のような株価暴落があっても、それは一時的なもので世界の株価はV字回復するでしょう。

それが、30年ぶりの債券から株式への世界的な資金シフト、つまりグレートローテーションです。その大きな波に乗って、「さわかみファンド」の長期投資は期待に違わず実力を発揮してくれるでしょう。(

【2013年12月11日記】

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに